はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

ウィルキンソンのドライコーラを飲んだ感想・レビュー

f:id:xx_mar0_xx:20160717192039j:plain

(2016/08/02内容追記しました)

 

2016年の7月19日から全国で発売開始予定の『ウィルキンソン タンサン ドライコーラ』を飲みました。

無類の炭酸好きとしましてはコレが非常に楽しみで、それこそ2~3日前からスーパーに行ったり来たりを繰り返していましたが、ようやく本日店頭に並んでいるのを確認したので早速購入してきた次第です。

早速、レビューしていきたいと思います。

 

 

パッケージ

f:id:xx_mar0_xx:20160717192520j:plain

店頭に置かれていたPOPが非常に目を引いていたのですが、肝心の商品パッケージはと言うとシンプルでいいと思います。

単純に派手なだけでなく、コーラを彷彿とさせるカラーと泡のデザインは、コーラ好きにとって心躍るものになっています。

中央部の『DRY COLA 炭酸水』の表記のゴールドカラーにも高級感を感じますね。

 

強めの炭酸

ウィルキンソンと言えば『炭酸の強さ』をウリにしていますが、本製品においても炭酸の強さは健在です。

なにか他の成分が加えられることで、炭酸の強さが抑えられていたり、あるいは強く感じなくなっているということがありますが、本品においてはそういった心配はありません。

従来のウィルキンソンタンサンのクオリティーを堪能できます。

 

コーラの香り

喉を通るときの刺激は従来品と同じく、さらにコーラの香りが追加されていることで、非常に面白い味わいになっています。メーカーがしきりに言っている「新感覚」というワードも頷ける仕上がりです。

キャップを開けると「プシュッ!!!」という気持ちのいい音のあと、ほのかにコーラの甘い香りが広がります。それはキツイ香りではなく、鼻を近づけたときにほのかに香るといった程度で、炭酸水本来の爽快感を邪魔するものではありません。

香り自体は本物のコーラというよりも、ラムネのコーラ味やコーラガムの香りに近いような気がしました。

 

爽快感抜群!

口に含んだときはコーラの風味を感じますが、実際に飲むとそれは従来のウィルキンソンの炭酸水です。

本物のコーラを飲んだ後の甘ったるさや喉がベタつくような糖分の感じは当然ありません。あるのは「無糖の炭酸水ならではのキレ」と「クリアな爽快感」の他なりません。

通常の炭酸水だと味気がないと感じてしまう人、コーラが飲みたいけど糖分が気になるという人、色んな方にオススメしたいですね。

 

CM動画(2016/08/02追記分)

芸能情報には本当に疎いのですが、ティーン・フジオカさんという方がCMしているようです。

キャップを開けた瞬間の「プシュッ!」という音が堪りませんね。すごく飲みたくなるCMだと思いました。

 

最後に

当然ですけど、好きな人は好きな味わいだと思います。あくまで香りがするだけで、味わいは炭酸水そのものですので、炭酸水が飲みたいという人には「余計なものは無い方がいい」という方もいるでしょう。

私自身は、香りが付いているだけでも楽しめますし、暑くなってくるこれからの時期には最適なんじゃないかなと思いました。

非常に面白い味わいですので、皆さんもよければ試してみてください。