マンガ マンガまとめ

これで日本史が好きになる!!戦国時代や幕末など日本史を題材にした面白いオススメ漫画

更新日:

「歴史はあまり好きじゃない」という人は少なくありません。しかし「戦国時代は好き!」という人は非常に多く、その理由としてはマンガやゲーム、ドラマなど興味を引く媒体が多いからではないかと思いました。

実際に歴史をテーマに描かれているマンガには名作も多く、面白い作品も結構あるんですよ。やはり戦国時代のものが多いですが、面白い歴史漫画を読めば、歴史に対する苦手意識が薄れるかもしれませんね。

というわけで今回は戦国時代や幕末時代など日本史にスポットを当てて描かれた面白いマンガ、オススメのマンガの数々をご紹介します。

※完結済みの作品はkindle版の巻数を記載

スポンサーリンク

アドセンス広告




レイリ(連載中)

手練れの女剣士が武田信勝の影武者として生きていく物語です。

主人公は元々は百姓の娘でしたが、残党狩りに襲われた所を岡部丹波守に救われたことがキッカケで武田家(主に岡部丹波守)に忠誠を誓い、死に場所を求めます。

家族の後を追いたいという死に急ぐ気持ちと、君主に捧げる想いなどがどう変化していくのか、非常に見応えのある作品ですね。この先の展開がメチャクチャ気になります。

レイリ 第1巻

 

バガボンド(連載中)

スラムダンクで知られる井上雄彦氏が描く、宮本武蔵を題材にした漫画です。武蔵と小次郎と言えば多くのファンがいるテーマだと思いますが、氏の圧倒的な画力で見事に再現されています。

とにかく絵が綺麗なので迫力がハンパ無い!そして武蔵の人間的な成長にも大きな見応えがある作品ですね。「強いとは何なのか」を追い求めて、ひたすら人を斬り続け、ある境地に辿り着いた武蔵の姿に何か色々と考えさせられました。

kindle版がないのが残念ですが、文句無しにオススメしたい歴史漫画です。

バガボンド 第1巻

 

信長を殺した男 ~本能寺の変 431年目の真実~(連載中)

タイトルから既に非常に大きなインパクトを感じますが、定説とは違う仮説にスポットを当てた作品です。

信長は残虐なイメージが浸透していますが、「それすらも誰かの目論見だったのではないか?」というテーマで進み、実際に存在している書物などの情報から紐解いています。

歴史には不明確な部分が多く、どれが正解と断定することも難しいので、「こういう説もあるよ」という柔軟な考えを持つのに適した作品ではないでしょうか。答えはでないけど、とても面白い漫画だと思います。

信長を殺した男 ~本能寺の変 431年目の真実~ 第1巻

 

群青戦記(連載中)

戦国時代にタイムスリップしてしまう作品は色々あると思いますが、本作は学校ごとタイムスリップしています。現地の武将が学校を城と思ってるあたりが斬新ですね。

表紙の絵を見ると可愛らしさを感じるものの、内容は結構グロいシーンも多く、槍で貫かれたりするので、戦国時代の凄惨さは再現されていると思います。

学生たちは所属する部活動によって戦い方が異なり、剣道部や弓道部が戦力になっているのはまぁいいとして、卓球部が強いなどツッコミ所も満載です(もちろんイイ意味で)。

群青戦記 第1巻

 

いくさの子 ~織田三郎信長伝~(連載中)

うつけ者と呼ばれた織田信長の少年期(吉法師時代)を描いた作品です。かの苛烈な武将になる片鱗を見せていながらも、まだ幼さが残る佇まいに思わず笑みがこぼれます。

当人の大器のほどは包み隠されておらず、とにかく迫力の溢れるシーンの連続は必見です。原哲夫氏の画力が存分に生きる作風となっていますよ。

なにより吉法師時代を描いた作品は少ないと思うので、非常に新鮮です。

いくさの子 ~織田三郎信長伝~ 第1巻

 

信長協奏曲(連載中)

やんちゃ気質の高校生が戦国時代にタイムスリップし、自分そっくりの信長に頼まれ、代わりに信長として生きることになった物語です。

本来の信長は虚弱体質だったという初期設定もさることながら、随所に本作オリジナルの工夫が垣間見え、とても見応えのある作品だと思います。

小栗旬さんの主演で実写化もされましたし、とても勢いのある信長作品と言っていいでしょう。

信長協奏曲 第1巻

 

信長のシェフ(連載中)

こちらもタイムスリップものですが、現代の料理人が戦国時代にタイムスリップしてしまい、その腕を買われて信長に仕えるという物語です。

戦国時代モノと言えば非常に多くの作品がありますが、刀ではなく包丁を手に取った作品と言うのはメチャクチャ斬新ですね。グルメ×戦国の組み合わせがここまで面白くなるとは思いませんでした。

戦国時代でも調達できる食材、戦の為に保存が利く食事など、時代背景と照らし合わせると非常に奥深いです。「信長の前で下手を打ったら料理人と言えど殺されるかも」というプレッシャーもいいスパイスとなってますよ。

信長のシェフ 第1巻

 

へうげもの(連載中)

戦国×茶道の絶妙な組み合わせが光る作品です。戦国時代において武功を挙げた者は、金銭や農地のみならず「茶器」などを贈られる場合もあったと聞きますが、「茶器なんかいらないわっ!!」とか思いませんか?

それが当時の文化などと照らし合わせることによって、茶道がいかに人の心を動かしたかというのが鮮明に伝わってきます。ネタが尽きることなく、当初の勢いを維持しているのにも、ただただ驚かされるばかりです。

刀や鉄砲で戦うだけが戦国作品じゃないということを、如実に表している作品ですね。面白いです。

へうげもの 第1巻

 

村上海賊の娘(連載中)

戦国時代にかなり精通していないと知らないんじゃないかと思いますが、村上海賊にスポットを当てた作品(小説をコミカライズ)です。

中盤から原作には忠実になっていないようでkindleの評価が急降下していますが、私のように村上海賊の知識を持ち合わせていない&原作を読んでいないなら、結構楽しめると思いますよ。

首が簡単に飛んだりするのですが、そこまで現実味はないのでグロ耐性がなくても大丈夫じゃないかと。女性が主人公ですが、かなり迫力のある作品です。

村上海賊の娘 第1巻

 

織田シナモン信長(連載中)

前世が織田信長だった犬(名前はシナモン)の物語。「信長が犬だったら、こうなんじゃないか」というユーモアに溢れたギャグ漫画ですね。

そこまで歴史に詳しくなくてもクスッとできる場面が多々あるので、動物が好きな人やほのぼのした雰囲気が好きな人にオススメです。

読んでいて癒されますし、動物×ギャグは鉄板。そこに信長の要素を取り入れてくるあたり、とても着眼点の良い作品と言っていいでしょう。

織田シナモン信長 第1巻

 

信長の忍び(連載中)

殺伐としていたであろう戦国時代を、ほのぼのとした空気で描いているという意味では本作もオススメ。信長に仕えた忍者が主人公の4コマ漫画です。

4コマで展開されるとはいえ大筋の物語は続いているので、何度も起承転結が訪れるマンガというイメージですね。区切りとテンポが良いのが特徴です。

ウケ狙いのギャグシーンが多いですが、シリアスなシーンも巧く描かれており、史実を無視しているわけでもないので、勉強になる一面も。

信長の忍び 第1巻

 

アサギロ(連載中)

時代モノと言えば、信長に次いで人気の新選組を題材にした作品です。

新選組を題材にした作品のほとんどは女性ウケを意識しているのか、登場人物が超イケメンで、時代モノとして見ると世界観がブレる作品も少なくありませんが、本作に関しては問題ありません。沖田総司がイケメンとは言い難いです。

絵も上手いとは言い難いですが、剣士としての力強さや武骨さが巧みに表現されていて、新選組が好きな人はもちろん、「新選組って何した人たち?」って人にも手に取ってもらいたい作品ですね。

アサギロ 第1巻

 

ちるらん 新選組鎮魂歌(連載中)

新選組を題材にしていますが、近藤局長よりも沖田総司よりも、副長の土方歳三にスポットが当てられている作品です。

登場人物たちが今風のイケメンっぽいビジュアルになっていて、完全に女子ウケを狙っているような気がしますが、バトルには迫力があってかなりの見応えがありますね。

硬派な感じこそしないものの、取っ付きやすい新選組モノとしてはすごく秀でた作品だと思います。

ちるらん 新選組鎮魂歌 第1巻

 

シグルイ(全15巻)

片腕の剣士と盲目の剣士の宿命とも呼べるべき戦いの一部始終を描いた物語です。ストーリーといい、剣術シーンの迫力といい、全てが一級品だと思います。

剣客モノはテンポが重要視される傾向にあるというか、「多くを斬ってなんぼ」みたいな部分があると思いますが、これだけ濃厚な戦いにスポットを当てたというのは斬新ですね。

ちょっとグロいシーンが少なくないので、読者を選ぶところはあるものの、まさに名作と呼べる作品です。

シグルイ 第1巻

 

センゴク(全15巻)

多くの時代モノでスポットが当てられる人物は限られていますが、本作の主役は秀吉に仕えていた仙石秀久という人物です。恐らく戦国時代に興味を持っている人でなければ、名前すら知らないと思います。

史実に基いて構成されているので日本史の勉強にもなりますし、臨場感があって合戦での盛り上げ方が巧みに描かれていますよ。

他の戦国モノに慣れている人だと「これが秀吉!?」「これが家康!?」というデザインのギャップも面白いですね。イケメンばかりが出るわけでもなく、そのあたりもリアルに感じられる作品です。

センゴク 第1巻

 

JIN -仁- (全13巻)

現代を生きる脳外科医の主人公が幕末にタイムスリップしてしまい、そこで医者としての使命を全うする様子を描いた作品です。

電気も消毒薬も抗生物質もない時代で、己の腕1つで患者たちを助ける姿は本当にカッコイイ。現代医学もさることながら、幕末の時代背景も勉強になりますし、止め時がわからないほどのめり込んで読んでしまいました。

実写化もされたので非常に有名ですが、タイムスリップを題材にした作品の中でも最高評価を得ている名作の1つだと思います。

JIN -仁- 第1巻

 

バジリスク(全5巻)

徳川家の後継者争いの為に殺し合いをすることになった甲賀と伊賀の忍者たちの物語です。

プロレスで言うところのデスマッチみたいなノリで進むのですが、全5巻というボリュームの中で10VS10が展開されるので、終始アンポの速さに圧倒されてしまうことでしょう。

特殊能力を使ったバトルも大きな見所です。忍者は能力がバレてしまってはダメだというのがすごく伝わってきます。あと結末がとにかく泣ける。

【関連記事】

忍者漫画の最高峰!『バジリスク 甲賀忍法帖』が大好きだ - はてなの果てに。

バジリスク 第1巻

 

天智と天武 -新説・日本書紀- (全11巻)

簡単に言えば、天智天皇と天武天皇の兄弟喧嘩の話です。

『大化の改新』と聞けば誰もが知っている歴史上の出来事ですが、それがどのような背景で起きた出来事なのかを知っている人って少ないと思うんですよね。

「勝てば官軍」という言葉にもあるように、歴史を紡いできたのは勝者です。ゆえに、このような新説はとにかく興味深いと思います。歴史のifなどが好きな人には、文句無しにオススメ。

天智と天武 第1巻

 

最後に

学生時代にこのような作品たちに巡り合っていれば、歴史の勉強に対する苦手意識も薄れていたんじゃないかなぁと思います。「この漫画は史実に基いて描かれているんだろうか?」とか気になったりして、意外と勉強になったりもしますよ。

歴史が好きな人はもちろん、歴史に対しての苦手意識を克服したい人にもオススメです。ぜひ読んでみてください。

 

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-マンガ, マンガまとめ

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.