マンガ 恋愛漫画

ゆるふわ系の境地!目黒あむの『honey』にキュンキュンしまくり

更新日:

2012年~2015年頃まで別冊マーガレットにて連載されていた、目黒あむさんが描いた『Honey』ですが、とにかくフワフワして可愛いビジュアルの絵に魅了されたという方も多いのではないでしょうか。

単行本第1巻の表紙なんか、遠目に見たら天使ですよ。初めて見た時にグッと心を掴まれて一気読みした作品なのですが、先日読み返してみてやっぱりいいなぁと思いました。というわけで今回は『Honey』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス広告




どんなマンガ?

極端にビビリ症の女の子・小暮奈緒が、良くない噂が立っているド不良・鬼瀬大我に告白され、それを断ったときの報復を恐れて付き合うことになってしまうという物語です。直後に奈緒が勇気を出したことで交際は解消されますが、その後は友達として過ごすことになります。

面白いのは、鬼瀬は噂や外見上は立派な不良であるものの、しっかりとした芯を持っていて、非常に優しい人物だという点です。その鬼瀬の人柄に徐々に惹かれながら、少しずつ距離も近付いていき、2人揃って成長していく姿が大きな見所と言えるでしょう。

舞台は高校ですが、実はその前から物語が動き始めていたという部分にも注目です。

 

とにかく絵が可愛い!

コミックス1巻

個人的に推したいのは、何と言っても「絵の可愛らしさ」ですね。まさにゆるふわという言葉がピッタリで、女の子の絵が柔らかく可愛いんですよ。普段はベタ塗りされている奈緒の髪が、キュンキュンさせる場面では薄いトーンに変わるのが素敵で、頭から離れません。

男の子の絵は色んなパターンが用意されていて、俗に言うイケメン系のキャラだったり美男子系だったりと、まさに選り取り見取りといったところではないでしょうか。肝心の主役でもある鬼瀬がそこまでカッコ良い感じじゃないのも、すごくイイ味を出しています。

スポンサーリンク

アドセンス広告




登場人物のほとんどが不器用

「類は友を呼ぶ」ということなのか、良くも悪くもクセの強いキャラたちが集まっています。少しはみ出し者のような空気を纏っている人物が多く、徐々に心を開いていく感じなども大きな見所と言えるでしょう。

友情を大切にする雰囲気も感じられて、まさに青春時代真っ只中という描写の連続にキュンキュンしっぱなしです。男同士の友情にも熱い一面が見られますし、第2の恋模様も不器用だからこそ盛り上がっていると思います。

私自身、少女漫画においてここまで男同士の友情が熱く描かれている作品って、そんなに浮かんでこないんですよね。ここに関しては少年漫画にヒケを取らないくらいのクオリティのように感じました。

 

家族愛

主人公の奈緒は複雑な家庭環境にて育っており、親代わりとなっている人物もまたイイ人で、本作には欠かせない人物となっています。

恐らくこれまでは衝突することもなかった両者ですが、思いっきりぶつかって最後には笑い合うと言うようなシーンもあり、家族の温かみを感じさせるハートフルな場面を堪能できるのも大きな見所です。

主人公の奈緒が大きく成長したと感じさせてくれるのは、間違いなくこの人物がいるからと言っても過言ではありません。ここにもキュンキュンさせられるはずですよ。

 

笑えるシーン

本作品のメインコンテンツは、あくまで「キュンキュンする純愛ストーリー」ですので、コメディーっぽさはそこまで無いのですが、適度に放り込まれる笑えるシーンの破壊力はなかなかのものです。

元々、鬼瀬の設定自体が勘違いから始まった誇張表現みたいな部分があるので、所々に笑えるシーンも登場します。それも笑いを取り過ぎていないので、純愛を邪魔することもなく、秀逸なバランスと言えるでしょう。

 

最後に

個人的には数年後に実写化されるんじゃないかと思っているマンガの1つなんですけど、とにかく本作の「ゆるふわとキュンキュンの融合」はぜひ堪能してほしいと思いますね。

全8巻というボリュームなので、あっという間に読み終わってしまうと思いますが、読了後は爽やかな気持ちになれる作品です。ぜひ読んでみてください。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-マンガ, 恋愛漫画

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.