はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

真面目にフザけるギャグ漫画『坂本ですが?』のシュールさがたまらない!

f:id:xx_mar0_xx:20170221113518j:plain

 『坂本ですが?』というギャグ漫画をご存知でしょうか?2011年~2015年にかけて連載されていた学園ギャグ漫画で、当時数々の賞で上位入賞した作品なのですが、タイトルもさることながら「注目されるのがよくわかる作品」なんですよね。

シュールな世界観が好きだという人なら絶対に面白いと感じるハズです。私は本作を初めて読んだとき、これこそがキングオブシュールだと思いました。というわけで今回は、流星のごとく現れ一気に駆け抜けたあとで完結したギャグ漫画『坂本ですが?』を紹介します。

 

 

あらすじ

県立学文高校の1年2組、そこには入学早々学校中の注目を集める男がいた。彼の名は坂本。注目を集める要因は彼のその行動の美しさにあった。挙動は全てがスタイリッシュ&クーレストであり、何より彼の行動1つ1つには人を惹きつける「何か」があった。そんな完全無欠の学園生活を送る坂本を中心とする人情ギャグ漫画である。

坂本ですが? - Wikipedia

 

とにかくクールな坂本君

黒板消しの罠

f:id:xx_mar0_xx:20170221114904j:plain

コミックス1巻

誰しもが1度はやった事or見た事があるんじゃないかと思いますが、教室の扉の所に黒板消しを仕掛けておく罠です。普通であれば気付かずに扉を開けてしまい、一瞬で浦島太郎状態になってしまうところを、さすが坂本君。完璧に罠をかわします。

少しジョジョ立ちっぽい感じも気になるんですけど、間一髪で回避する部分や、涼しげな表情でいとも簡単に回避している感じが、まさにクーレストと言ったところでしょう。

 

机が無い

f:id:xx_mar0_xx:20170221115455j:plain

コミックス1巻

クラスのいじめっ子?不良?いずれにせよ、坂本君をよく思ってない連中によって、坂本君の机や椅子が撤去されてしまいました。クラスの女子はしきりに「私の隣にすわって!(はあと)」的なことを言ってくれますが、なんと坂本君。教室がスタバに見えるくらいの窓際族になります。

動じないどころか、遂には風をも味方につけて、より一層の爽やかさを纏い始める始末。しかも足がメッチャ長い!ここも完全にクーレストだと言えるでしょう。

 

ボヤ騒ぎ

f:id:xx_mar0_xx:20170221115945j:plain

コミックス1巻

遂にクラスのいじめっ子?不良?とりあえず坂本君をよく思っていない連中に呼び出され、ちょっとしたピンチに陥ります。すると事態は急展開を迎え、ちょっとしたボヤ騒ぎに発展してしまいました。焦る不良たち、いたって冷静な坂本君。

するとおもむろに立ち上がった坂本君は反復横跳びをし、その風圧で火を消そうと試みます。最初は「おいおい。マジかよ」みたいになっていた不良たちも遂には参戦し、全員でボヤを囲みながらの反復横跳び大会へと発展・・・ってアホか。

 

真面目にフザけろ

本作品を読んだときに真っ先に抱いた感想は、「真面目にフザけろって、多分こういうことなんだろうなぁ」ということです。ちょっとナルシストとかキザな雰囲気を漂わせている坂本君ですが、それが全く嫌味に見えてこないのは、間違いなく彼の人柄だと思うんですよ。人柄の良さが全面的に滲み出ています。

女子には人気があって、先生からの信頼も厚く、最終的には不良たちとも打ち解ける坂本君は、時におかしな行動を取りますけど、別にふざけてるわけじゃないですからね。真面目にやってることがちょっとズレてるだけであって本人は大真面目なんだと思ったら、これは笑わずにはいられないでしょう。

 

身体的能力の高さ

f:id:xx_mar0_xx:20170221122239j:plain

勉強はいかにもできそうな坂本君は、実は見かけによらず身体的能力も非常に高いと思われます。教室に侵入してきたオオスズメバチと一戦交えたときも、終始スズメバチを圧倒していましたし、カツアゲしている不良たちも一瞬で撃退していました。

ちなみに不良を撃退したときの技が「耳元に息を吹きかけるやーつ」と「ガムシロで目つぶし」という、なんとも言えないシュールさ。本作品だからこそ成立している代物です。

 

アニメ化

本作品は、2016年4月~同年7月にかけてアニメ放送もされており、DVD・Blu-rayとして商品化もされています。坂本君の声を演じた人が緑川光さん(スラムダンクの流川)ということで、なかなかイメージ通りの渋い感じに仕上がっているので、マンガが面白かったという人はアニメもぜひどうぞ。

アニメに関してはAmazonプライムビデオにて配信中のようです。未登録の方は無料体験もできるので、オススメですよ。

 

最後に

良くも悪くも非常に独特な世界観を築いている作品ですので、かなり読む人を選ぶ部類のマンガだとは思いますが、シュールな世界観が好きな人には完全にハマると思います。私自身はシュールさはあまり好きじゃないんですけど、ちょっとした「くだらなさ」みたいなものの虜になってしまいました。

コミックスは全4巻で完結済みです。ボリューム的にも読みやすいと思うので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

【関連記事】