まとめ ランキング 虫対策

究極の虫よけグッズを用途別にTOP3形式にて紹介する

更新日:

肌の露出が増えるのと同時に悩まされてしまうのが虫刺され問題です。虫に刺されてしまうと赤く腫れてしまったり、痒くなってしまったり…。最近では感染症なども怖いですよね。

そんな時に用意しておきたい虫よけグッズを徹底調査しました。用途、使用者の境遇別に特徴をまとめて、それぞれTOP3のランキング形式にてご紹介していきますので、宜しければ参考にしてみてください。

オススメの虫除けTOP3

3位 KINCHO プレシャワー

  • 薬剤を吸い込んでしまう心配が不要
  • 手で伸ばして使用するため、無駄遣いがない
  • マダニにも効果あり

こちらはジェルタイプで、スプレーの成分が舞ってしまうのを嫌う場合に重宝します。室内で使用する場合、近くにペットがいる場合はスプレータイプよりもジェルタイプの方がいいでしょう。

こちらは医薬部外品になるので、医薬品タイプの同商品と比較しても効力は落ちてしまうのですが、それでも十分なほど効果は高く、ジェルタイプ特有の利点やマダニにも効力が見込める点を考慮して評価しました。

こちらは生まれてから半年以上経過していれば、適量を守って使用することが可能ですので、遊びたい盛りのお子様にも安心して使用できるでしょう。防腐剤、着色料などは使用していません。

 

2位 虫よけキンチョール DF

  • 12歳未満に対する使用制限なしの高い安全性
  • スプレータイプではあるが、比較的ピンポイントで噴射できる
  • マダニにも効果あり

超有名なキンチョールからの新たな刺客がこちらです。DFというくらいですから、なんだか守ってくれそうな印象を受けますが、これはディートフリーの略とのこと。

本製品ではディートではなく、カイカリジンと呼ばれるヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで広く使用されている虫よけ成分が使われています。日本では2016年に認可されたようです。

効果も非常に高く、ディートよりも安全性が高いようなので12歳以下のお子様に対する使用回数制限なども設けられていません

 

1位 サラテクト リッチリッチ30

  • 日本国内最強の虫除け能力
  • 不快感のないサラサラした感触
  • マダニにも効果あり

もはや説明が不要だとも思えるサラテクトから、最高品質の医薬品としてリッチバージョンのご紹介です。

30%のディート濃度を誇っており、これは日本で認可される最強レベルの虫除け成分となっています。ゆえに、本製品の虫除けレベルは国内最高峰です(12歳以下のお子様には使用できません)。

腕や足などに噴射してもベタ付きが残らず、サラサラとした感触のため不快感が残らないのも嬉しいポイントと言えるでしょう。虫の多いアウトドアや夜の外出時には間違いなくオススメの1本です。

 

携帯性に優れているオススメの虫よけTOP3

3位 スキンガード アクア

  • スマホ感覚で持ち運び可能なサイズ
  • 携帯虫よけスプレーとしては十分な性能

バッグの中に忍ばせておいて、思い立った時にすぐ使用できる虫よけスプレーと言えばコチラです。

Amazonのレビューでは「虫に刺された」という意見も見られますが、確かに寄せ付けないほどの高い効果はありません。しかし、ちゃんと満遍なく付けていれば大丈夫だと思いますよ。

あくまで携行することを前提にした商品のため、スプレーの噴射具合はお世辞にも良いとは言えないですね。スプレーだけで満遍なく塗るのは無理なので、必ず手で伸ばすようにしてください。

 

2位 サラテクト ティッシュ

  • バッグに入れて置ける手軽さがgood
  • 薬剤を撒き散らす心配が不要

よくある制汗シートのような感覚で使えるので、ムラなく塗ることが可能です。スプレーであれば見落としがちな首筋や耳の裏あたりもカバーすることができます。

バッグや車のダッシュボードの中にも気軽に入れておけるサイズなので、外出先で使用するという場合の利便性も非常に高いと言えるでしょう。

蚊が寄ってこないというわけではありませんが効果は高く、刺されるところまではいかないという印象です。パッケージの可愛らしさとは裏腹に、しっかり仕事をしてくれますよ。

 

1位 どこでもベープ 携帯虫よけ

  • サイズが小さく、携帯性が抜群
  • 身に付けるだけで忌避効果が得られる
  • 薬剤を撒き散らす心配が不要

通常の外出ではなく、散歩やアウトドアなどの場合だと汗をかいてしまいます。汗をかくと肌に付けた虫よけの効果が薄れてしまうんじゃないかと心配になりませんか?

こちらのどこでもベープは、ワンタッチで身に付けられるタイプのものになるので、携帯性は抜群です。赤ちゃんのお散歩の際には、ベビーカーに装着してもいいでしょう。

スポーツ時だと少し邪魔に感じるかもしれませんが、私は夜のランニング時に使用しています。これを腰につけて、足などに軽く虫よけを塗っておけば完璧だと思いますよ。

 

お家の中や部屋の中に置きたいオススメの虫除けTOP3

3位 電池でノーマット

  • 電池で動くため、コンセント電源が不要

電池で動くタイプなので、コンセント電源が取れないという状況下で重宝するアイテムです。

付けっぱなしだと電池がすぐに無くなってしまうというデメリットがありますが、限定的な使い方をする場合はこれ以上ないくらいの利便性ですよ。

効果の高さも文句ありません。電池式なので玄関に設置するというのもオススメです。

 

2位 アースノーマット Next Plus

  • 4.5畳~12畳、720時間使用可能
  • AC電源で動くタイプ

リキッドタイプで、ボタンによってON/OFFが切り替えられます。コンセントから電源が取れる場所での使用を検討している場合は、こちらの方がいいかもしれませんね。

メインの使用時間は日が暮れてからになると思いますが、ONしっぱなしにしてしまうと瞬く間に使い切ってしまう点は注意しましょう。

似たような商品の中で、こちらのアースノーマット Next Plusは頭1つ分抜きん出て効果が高かったように思いました。

 

1位 Wトラップ ワンプッシュ かとり

  • ワンプッシュで最強の殺傷能力
  • 電気不要で、有効日数も2種類から選べる

事務所に蚊が多く、田舎のせいか普通の虫除けなんかだとお構いなしに突っ込んでくるのですが、これを使うと一気に快適になります。これまで見た中で最強かもしれません。

火も電気も使いませんし、必要に応じてワンプッシュするだけという手軽さも嬉しいですね。効果も12時間継続するので、寝る前にワンプッシュしておけば寝ている間に刺されるということもなくなるでしょう。

蚊を滅するという意味ではとにかくオススメ。「部屋に置く虫除けで何かいいのない?」という人は、とりあえずこれを買っておきましょう。

 

最後に

夏を快適に過ごすために重要な要素の1つが虫対策です。

一昔前は蚊取り線香が夏の風物詩として有名でしたが、今や感染症が拡大しているので「蚊取り線香で近寄らせないようにする」というだけでは心許ないのも事実ではないでしょうか。

自分自身や家族の安全のためにも、しっかりと虫よけ対策をして、快適な夏をお過ごしください。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-まとめ, ランキング, , 虫対策

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.