住宅設備

給湯器のエコタイプはお得?エコ型給湯器のコスパに迫る

更新日:

給湯器のエコタイプはお得?エコ型給湯器のコスパに迫る

 

数年前にメーカーが販売にチカラを入れていたせいか、最近になって高効率ボイラーと呼ばれる給湯器の修理が急激に増えてきたように思います。

このエコタイプの給湯器、お客さん自身「エコ志向が強い/燃費がいいものを使用したい」という人が多いのはもちろんなんですが、確かに燃料費だけで見ればお得です。

 

実際に燃費が良くなるというデータも出てますし、なによりもメーカーがそれを売りにしていますから、時代的にも燃費の良さに惹かれる時代なんでしょう。ただしエコじゃない従来型のボイラーも未だに販売されています。

燃費が普通のものと燃費がいいものであれば誰しも燃費がいいものを選ぶと思いますが、従来型が未だに存在している以上、従来型にも「エコタイプにはない魅力」があると言ってもいいのではないでしょうか。そこで今回は「給湯器のエコタイプはお得?エコ型給湯器のコスパに迫る」というテーマで進めていこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

エコタイプ給湯器の種類

  • エコ型石油給湯器:エコフィール
  • エコ型ガス給湯器:エコジョーズ

 

エコタイプの給湯器にはそれぞれ名前が付いていて、石油給湯器ならエコフィール、ガス給湯器ならエコジョーズという名前を持っています。2002年頃から販売が開始されたエコ型給湯器ですが、今ではガス給湯器のほとんどがエコタイプだと言っても過言ではありません。

このエコタイプの給湯器ですが、普通に考えたら「燃費のいい方がいい」と考えるのが必然です。ただし、それが金銭的な要因だけの場合は少し考えた方がいいかもしれません。

 

エコタイプ給湯器のメリット

メリット

 

燃料費(灯油代やガス代)が安くなる

ユーザーに対する1番のメリットはここです。というかこれ以外にないと言ってもいいくらい、エコタイプ給湯器の魅力は燃費という1点に集約されていると言っても過言ではありません。

 

リンナイ - エコジョーズの仕組み

Q. どうして効率よくお湯が沸かせるの?

 

仕組みとしては「本来捨てていた排ガスを再び熱交換に使う」というものなので、当然ながら燃費はそれなりに良くなります。本来であれば煙突から出る排気ガスは熱いんですけど、エコタイプの場合は排気ガスが熱くないんです。

今までは給湯器の排気等を触って火傷するなんてこともありましたが、エコタイプ給湯器の煙突は火傷するほど熱くないです。排ガスも60℃くらいになってます。

 

肝心の燃費について実際どの程度安くなるかについては取り付ける機器の熱効率と、お住いの地域のガス料金(ガス給湯器の場合)、普段の使用量にも大きく左右されるので一概に言うことはできません。4人家族で通常の使用量だとすれば年間10000円程度の燃料費節約にはつながるんじゃないかと思います。

ちなみにリンナイの試算では年間で約20000円弱の節約になるということが公式サイトに書かれていますが、プロパンガスを普段から結構使っている家庭という前提の試算なので、そこまで節約できるケースは少ないのではないかと思います。

 

エコタイプ給湯器の燃費以外のメリット

エコタイプ給湯器に燃費以外のメリットは特にありません。

…というのは冗談で、CO2の削減や環境に対して配慮された構造になっているので従来の製品よりだいぶ地球に優しくなっています。以上です。

スポンサーリンク

アドセンス

エコタイプ給湯器のデメリット

 

給湯器本体や施工費用など初期費用が高い

使われている部品の数が従来型の給湯器よりも多いので本体価格が高いです(2020年現在は本体の価格差は随分と縮まりました)。

また配管を1本増やす必要があるため、そのための経費もかかります。エコ機能を引き出すためのリモコン料金も高く、排気筒もエコ給湯器専用の物があったりするので、トータルの初期費用だけで見ると従来型よりも2万円~3万円ほど高くなるのが相場だと思います。

 

施工業者によってはエコ給湯器の正しい施工方法を知らない

エコタイプの給湯器を従来型の給湯器と同じような設置をしてしまうと、後々困る場合があります。例えば上でも説明した「増やさなければならない配管」の存在を知らない業者もいたりするんですが、寒冷地の外置き給湯器の場合は増やした配管にも凍結予防をする必要があります。

最近はエコ給湯器の情報も浸透してきましたが、未だに施工ミスをする業者がいるのも事実で、そのミスが給湯器の故障に繋がることも考えられます。お客さん自身は何も悪くないのですが、修理にはお金がかかってしまうことも考えられるでしょう。

あまり大きな声では言えませんが、良心的な設置業者さんであれば「修理料金はこっちで払う」とか言ってくれる場合もあるのに対し、一部では「こっちのミスってことは伏せて上手いことやって」と言われることも多いです。

 

一定時間の使用で交換が必要になる中和器の存在

当ブログでは給湯器の寿命も「7年を超えたら覚悟した方がいい」と言ってきましたが、エコタイプも寿命が長くなっているわけではありませんし、むしろエコタイプには「7年ほど経過したら必ず交換しなくてはならない部品」が存在します。

役割としては「ドレンを中和する役割」を持っているのですが、簡単に言うと「機器がかいた汗は酸性でそのまま捨てると配管を腐食させてしまうので、中和してから捨てるための部品」になります。

 

その中和する効果は薄れてくるので、そうなったら部品交換をしなければなりません。かかる費用の相場は、その部分の交換だけで15000円~20000円程度です。

燃料費を節約したくてコスパを追い求めた結果、採用することになったエコ型給湯器でしか発生しない修理費用なので、多くのユーザーの不満に繋がる点と言えるでしょう。ちなみに交換しなければ給湯器は完全に停止してしまうため、中和器のエラー(エラー920)を出したら注意してください。

 

最後に

最近ようやく修理が増えてきたという程度なので、壊れやすいかどうかについてはハッキリとは言えませんが、現状では従来型とそこまでの差はなさそうです。

ただし「初期費用+消耗部品の交換費用」を考えたときに、エコタイプにしたからと言って大きく得できるケースは稀でしょう。純粋な部品数は増えているので、言い方を変えると「壊れる場所が増えた」という言い方もできます。

お金の面だけを考えるのであれば「初期費用の段階で、従来型とエコタイプの金額差がどれだけあるか」で結果が分かれそうなので、2種類の見積もりをもらうのがいいと思います。そのうえで検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

アドセンス

アドセンス

関連コンテンツ



-住宅設備

Copyright© はてなの果てに。 , 2020 All Rights Reserved.