冷凍食品

海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯を食べてみた感想|成城石井×ローソン

投稿日:

ローソンで販売されている成城石井の冷凍食品「海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯」を食べてみました。

個人的に炒飯は大好きなのですが、ラーメンなど主張の強い食事と一緒に食べるものというイメージが強く、味が濃いラーメンと一緒に食べても物足りなさを感じないくらいパンチの強い食べ物という印象です。

 

それゆえに化学調味料不使用の冷凍食品が、どこまでのクオリティを発揮できているかが注目と言えるでしょう。

それでは早速、海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯を食べてみた感想・レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

decicaシリーズのあおり炒め製法の本格炒飯

こちらの冷凍食品は成城石井の冷凍食品、desicaシリーズの商品です。

desicaシリーズとは、成城石井セントラルキッチンの職人がレシピを作成した、成城石井だけのブランドです。これが2019年の頭から、各ローソンでも購入できるようになりました。

 

冷凍食品ながらにも、パラパラッとしたチャーハンの質感を忠実に再現しており、お店で出される炒飯と遜色ないクオリティに仕上がっているとのこと。

ボイルエビやチャーシューなどをふんだんに使っていてボリュームや満足度はもちろんのこと、化学調味料を一切使用していないということで、多くの人が手に取りやすいように考えて作られた冷凍食品だそうです。

 

海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯 実食

エビがゴロゴロ、ボリューミーなエビたち

冷凍状態の商品をお皿に移してまず思ったのが「エビがでかい!」ということです。

これまでにも実に多くの冷凍炒飯を食べてきましたが、エビや焼豚を全面的にアピールしている商品を食べても、商品名の主張が現実を下回ってばかりでした。

酷い時には「エビ炒飯なのにエビを探すのが難しい」くらいの商品もあったのですが、本製品はエビが大きいうえに複数確認できたので、これには満足です。

 

調理時間は電子レンジを使って、500Wなら約4分、600Wなら約3分30秒とのこと。

フライパン調理も可能なようなので、お好みでどうぞ。

 

シイタケの風味が香る、主張しない香り

私は面倒なのが嫌いなので、迷うことなく電子レンジ調理です。

説明通りに600Wで3分30秒やったものの少し冷たかったので、最終的に5分くらいやりました。

 

さて、まずは気になる香りですが、個人的には「食欲をそそる香りというわけではなく、ほのかに香る自然的な香り」という印象を受けました。

普通、炒飯って油とか塩コショウでガチガチに味付けしてくるイメージなので、冷凍食品と言っても電子レンジを開けると、食欲を刺激してくる香りがする商品が多いんですけどね。

 

本製品はシイタケの香りがほのかに香ってくるという程度で、殺人的な香りとは程遠かったです。チャーシューも結構入っているのですが、香ばしさもあまり感じなかったように思います。

あくまで香りだけで言えば「2日間何も食べていない時にニオイを嗅がされても、そこまで発狂しない」と感じるようなレベルでした。

 

味は絶品!リピありの薄味本格炒飯

肝心の味については、化学調味料不使用というのがハッキリと分かるような優しい味がします。不純物の味がしないというか、素材で勝負しているというか…。

個人的には「ちょっと薄味すぎるかな?」というような気もしましたが、これはこれで十分にアリだと思いますし、どうしても味が薄いと感じるなら塩を振ってあげるだけで解決するでしょう。

 

さすがに、お店で食べるような本格的なパラパラ炒飯というのは話を盛り過ぎている感があるものの、味は王道の本格派です。

本製品は内容量が250gで、私の場合は普通の冷凍炒飯を250g食べると、油の影響なのか食べ終わった後に重たい感じがするんですけど、本製品にそのような不快感はまったくありませんでした。

具だくさんですし、小食の人ならこれだけでも割と満足できるのではないかと思います。

 

こちらがボイルえびです。結構ゴロゴロ入っていて、具体的な数は数えませんでしたが、少なくとも「えび炒飯なのに、えび入ってねーじゃん!」と憤慨することはないです。

見つけるのが大変ということもありませんので、ご安心ください。

食感も噛み応えを十分に感じることができる大きさですし、海老が好きな人なら大満足だと思います。

 

そしてこちらがチャーシューです。個人的にチャーシューは炭火焼きとかコショウをガンガン使った濃い味付けが好きなのですが、これはこれでアリだと思いました。

ほのかな塩味ながらも、食感がしっかりしていますし、うまく言えないけど「もしかしていいお肉なんじゃないかな?」と感じるような味です。

一般的な冷凍炒飯と違って味付けで誤魔化してないので、たぶん素材の高さがしっかりと生かされているんだと思います。

 

海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯はリピあり!

1袋の内容量が250gで、100gあたりのエネルギーが191kcalですから、1袋をあけると500kcal弱です。

私にとってはこれ1袋だと物足りないので、ラーメンと一緒に食べることになると思いますが、非常に満足度の高い冷凍食品でした。

 

金額は355円ということで、決して安くありません。それでも「また買ってこよう」と思えるクオリティでしたので、興味のある方はぜひお試しください。

普段は家で作った炒飯しか食べないという人でも、本製品なら化学調味料不使用ですので安心して食べられると思います。ちょっと楽をしたい時の食事として、いかがですか?

アドセンス

アドセンス

関連コンテンツ



-冷凍食品

Copyright© はてなの果てに。 , 2019 All Rights Reserved.