ギャグ漫画 マンガ

究極のギャグ漫画!カイジ好きにはたまらない『中間管理職トネガワ』の魅力

更新日:

「このマンガがすごい!2017年」 オトコ編1位を受賞した『中間管理職トネガワ』ですが、カイジファンには心の底からたまらない仕上がりになっています。

通常のギャグ漫画としても楽しめる本作ですが、カイジの世界観を知っていることでより一層楽しむことが可能です。ここまでくると、もはやただのスピンオフ作品という枠を大きく超えていると言っても過言ではありません。

というわけで今回は『中間管理職トネガワ』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス広告




どんなマンガ?

カイジシリーズの1番最初の作品『賭博黙示録カイジ』にて、あの帝愛グループ幹部でもあり、Eカードの対戦相手も務めた利根川幸雄が主人公のスピンオフ作品です。本編からは全く想像できないようなコミカルな世界観でもって描かれています。

帝愛グループの幹部として兵藤会長に近い位置にいるために抱えている気苦労や、黒服たちを取り仕切らなければならないという中間管理職ならではの葛藤が面白おかしく描かれており、多くのカイジファンを唸らせた作品と言っていいでしょう。

 

利根川幸雄とは?

賭博黙示録カイジ 第11巻

そもそも「利根川幸雄の何たるか」を知っておかないと、本当の意味で本作を楽しむことはできません。簡単に説明すると、帝愛グループの中でもかなり兵藤会長の近くにいる人間で、非常に優秀な人間です。

時系列的には本作の後になると思われますが、利根川はカイジとEカードというギャンブルで勝負し、負けて失脚する運命にあります。その際はカイジも「利根川が優秀だからこそ引っ掛かる罠」を使って勝利するので、自他共に認める優秀な人物だと言えるでしょう。

また、カイジシリーズの名言の中には利根川が発信したものも数多くあり、中でも「金は命より重い」は、カイジシリーズ屈指の名言となっています。

 

作風

黒服いじり

コミックス1巻

これまでのカイジシリーズをずっと読み続けてきた立場からすると、黒服なんてものは「その他大勢」であり、特に個性なんてものは気にしたことがありませんでした。

さしずめ、テレビ番組の『逃走中』におけるハンターのような扱いで、全員が全員「ハンター」であり、それ以上でもそれ以下でもないと思っていたんですよね。

それが本作では、冒頭から徹底的にイジっていきます。初っ端に利根川が言ったのが「いい大人が全員黒い服に黒いサングラスで、区別なんか付くかバカヤロー」的なことだったんですけど、この時点でカイジファンの心は鷲掴みにされたと言っても過言ではないでしょう。

そして1人ずつ自己紹介をさせるのですが、ここがまた秀逸で「わかりにくい名前」だったり「覚えにくい名前」だったりして、クスクス笑いを誘うんですよ。カイジファンからすると「あの優秀な利根川が!?」と思わずにはいられないシーンです。左衛門三郎についてはさて置き、荻野と萩尾はあるあるですよね。

スポンサーリンク

アドセンス広告




カイジ的な表現いじり

コミックス1巻

本作には随所にカイジの流れを汲んでいる表現が登場します。上手くは言えませんが、カイジ芸人として有名な「こりゃめでてーなの伊藤さん」がやりそうな感じのこととでも言いましょうか。アニメのナレーションが目に浮かぶような感じのアレですよ、アレ。

上記画像の「選ばないという選択・・!!」というのも、本来であれば心理戦・頭脳戦の中で起死回生に繋がる発想として使用されるべき描写だと思うんです。それが本作では、会長の機嫌を損ねないために日和っただけのことで、それを大袈裟に表現することで読者の笑いを誘っています。

そこに辿り着くまでの心理描写も非常に面白く、突き詰めると「これがあの利根川なのか?」という種類の笑いなのですが、とにかく面白く仕上がっていると言っていいでしょう。本来であれば芸人さんとか同人誌あたりがやりそうなことを、作者の福本さん本人がやっているようなイメージです。

 

勘違いが生む笑い

コミックス1巻

カイジファンなら知らない人はいないであろう『土下座強制機』も登場します。しかも、これを使ってバーベキューをするんですから、なかなか粋な角度からボケを放り込んでくるなぁと、思わずニヤけてしまいます。てか、なんだよトング掛けって。

このときの描写が楽しそうであればあるほど、心のどこかに「いつかこれで痛い目を見るくせに・・・」というのがチラついて、物語に集中できないんですよね。これを読んだ後に賭博黙示録カイジを読むのは、なかなか敷居が高そうだと思いました。

 

シュール

コミックス1巻

カタカナ三文字がここまで面白かったのって久々なような気がしました。流れとしては非常にシュールで、どれも「あの利根川が!?」というのがあるので、何をやっても面白いんですよね。別にパワーポイントだろうが何だろうが、別にいいじゃんって話ですもん。

あとは「限定ジャンケン」誕生の裏側を見られるドキュメントのような雰囲気もあって、非常に満足ですね。賭博黙示録カイジにて、限定ジャンケンのルールを偉そうに説明していた場面が脳裏に浮かびましたが、結局これも部下の黒服の意見だったんだなぁと。

スポンサーリンク

アドセンス広告




兵藤いじり

コミックス2巻

本編からは絶対に考えられない兵藤イジりを見ることも、本作であれば可能です。本編を見る限りでは、確実に崇拝していると思ってましたから、まさか裏側でこんなに苦労しているとは夢にも思いませんでしたし。

「何かを報告するにもイチイチ機嫌を伺うなんて、気苦労も絶えないなー」なんて思ってたら、比較的期限のイイ風呂上りを狙って、かつ眉毛の角度で判断するとかアホすぎるでしょ。しかも「顔パックでそれが見えない!」って大の大人(しかもあの利根川)がやってるんですよ。

圧倒的、誤算!!

 

特別読み切り

コミックス2巻

特別読み切りとして班長の1日外出を追った様子も描かれていて、とにかくお腹一杯にしてくれます。この圧倒的満足感は、他のマンガでは得られない代物だと言えるでしょう。

これに関してはシリーズ化して、色んな登場人物の視点から描かれていくことが予想されますが、メチャクチャ面白いですね。

※2017/09/25追記分

「1日外出録ハンチョウ」という名でコミックス化されています。

 

最後に

作者の福本先生があれこれ手を広げ過ぎているのが少し気がかりですが、本作は賞を受賞しただけあって、メチャクチャ面白い作品だと思います。ゆえに今後の展開に多く期待しているんですよね。

そして、本作品は是非とも本編を読んでから読み進めて欲しいと思います。本編を知ってこそ楽しめるネタが多いですし、なによりコッチを読んだ後で本編を読もうものなら、緊迫した心理戦すらギャグになってしまうからです。

ですが、カイジを知っていればこれ以上ないくらいのマンガに仕上がっていますので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-ギャグ漫画, マンガ

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.