ゲーム パワプロ2016

パワプロ2016ペナントモードをレビューする

更新日:

こちらも手を付けていなかったのですが、レビュー記事を書くために5年ほどプレイしました。(とは言っても操作はせず、あくまで監督プレイとスキップ専門ですが)

前作はペナントをプレイしなかったので、久々のペナントプレイになります。前作との比較ができない点、あらかじめご了承ください。それでは、簡単にペナントモードについてレビューします。

チーム選択と初期設定

チームはどこでも良かったのですが、山田選手を育てたかったのでヤクルトにしました。

ちなみに、ここで選ぶチームは栄冠ナインで作ったチームでもアレンジで作成したチームでも可能です。また、OB選手を後から追加することもできるので、遊びの幅は本当に広いと思います。

 

普段やれること

日程表

日程をスキップできます。オーナー感覚でプレイしたければ試合に一切関与せず、見所(CSや日本シリーズなど)だけプレイするということも可能です。

早送り設定で豊富な条件(交流戦まで早送り~とか)が用意されているので、チマチマ遊びたい人もざっくり楽しみたい人も非常に楽しみやすいと思います。

 

采配

1軍登録をしたり、それぞれの選手に対して練習指示を出すことができます。コーチやスカウトの契約や解雇もここで行います。

細かな起用設定もできるので、監督プレイをする場合はイジり倒してニヤニヤすることが可能です。

相手ピッチャーの利き腕やDH制のありなしを考慮してのスタメン、それから中継ぎ~抑えの勝利の方程式を作成できるのも「楽しみ方の幅を広げてくれているなぁ」と思いました。

 

新戦力

  • トレード
  • ドラフト選手発掘
  • 外国人選手発掘
  • オリジナル選手参加
  • 実在選手の入団・移籍反映

スカウトに指示を出すことで、目的に沿った選手を発掘することが可能です。私はドラフトの目玉を探すのが地味に好きなので、ちょこちょこイジってました。

スカウト自身にも能力があるので最初のうちはイイ選手を見つけてこないことも多いですが、ドラフロ候補を見つけたときのドキドキ感はたまりませんよ。

 

記録室

実況パワフルプロ野球2016_20160514184834

シーズン記録や歴代記録、選手名鑑などのありとあらゆるデータが確認できます。

上記の画像は開始して数年で引退してしまった石川投手のものですが、ポスティングでコリアリーグに行って帰って来た直後に殿堂入りでした。

銅像がブロンズなので、恐らくシルバーとゴールドが控えているのではないかと思われます。

 

ショップ

練習機材を導入したりファングッズを作ったりできます。

練習機材は購入することで練習効率が上げられ、ファングッズは選手の調子を上げることができます。ただし、ファングッズを作った選手が活躍できないとファンが減るという謎の仕様・・・。

あとはプレイすることで獲得したポイントを使って、メインメニューでアイテムを手に入れることができるので、それを使うことも可能です。アイテムには選手覚醒などのチートアイテムがありました。

 

試合をする

試合形式の選択

実況パワフルプロ野球2016_20160514134803

  • 通常試合
  • 出番プレイ
  • なりきりプレイ
  • 高速試合
  • 監督試合
  • 観戦試合
  • スキップ

以上の7パターンから選べます。「特定の選手の打席だけプレイする」ということも可能ですし、チーム全体を動かすことも可能です。

私がオススメするのは監督プレイですね。監督プレイをすると試合の最後に采配レベルを評価してくれるので、試合後が楽しみです。思うようにいかないもどかしさも楽しく感じるはずですよ。

また、上記画像では暗くなっていますが、オプションで『出番設定』や『なりきり設定』をセットしておくことで、特定の選手でのプレイをすることもできます。マイライフの試合と同じ感じでしょうかね。

 

試合をプレイ

実際に試合をしてみると栄冠ナインとほぼ同じでした。ただし入力時間に制限があるので、ゆったりと考えずにポンポン選んでいくようなカタチでしょうかね。

説明書も読んでないので感覚でプレイしていましたが、コマンドを選んだ結果どのとうに有利・不利になったのかが一目瞭然なので、監督として指示を出してる感があり、プレイしていて楽しいです。

 

たまに必殺技を出されたりして・・・。

 

面白いポイント

選手の能力を把握

選手によって成長パターン(早熟~晩成)が異なるため、この辺がわかってくるのも楽しいです。

第一線で活躍している選手の能力が劣化してきたときのFAなどは駆け引きの大きなポイントだと思います。

 

ドラフト会議

ペナントの醍醐味の1つが『ドラフト会議』です。ここから、あえての番場選手を指名して・・・。

この瞬間がメチャクチャ楽しいです。ちなみに番場選手は海外留学させて、そこそこ強い選手になりました。

 

やりこみ要素

ミッションのようなカタチで、ある一定の条件を達成するとメダルが貰えます。これらは記録室で確認ができますが、なかなか鬼畜の香りがしますねぇ。

特に何も考えずに監督プレイを5年ほどで30~40%くらいだったので、やりこみ要素として楽しめるポイントの1つだと思います。

 

最後に

個人的な感想としてはペナントモード、大当たりです。これは結構長く遊べる予感がします。

最初は「山田選手を殿堂入りさせる」という目的でもって始めましたが、プレイしているうちに「大谷選手での二刀流もいいなぁ」と目移りしてしまいました。

球団経営の要素もあって、資金のやりくりなんかも面白いので、ぜひオススメしたいモードです。

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-ゲーム, パワプロ2016

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.