カップ麺 食べ物

ニュータッチ凄麺「京都 背脂醤油味」の感想・食レポみたいなやつ

更新日:

たまに無性に食べたくなる味ってありませんか?私も複数抱えているのですが、その中でも満たされにくいのが「京都ラーメン」です。北国在住の私にとって、近くに京都ラーメンを謳っているラーメン屋さんが極端に少ないというのが大きな理由で、滅多に食べることができません。

ちょっと遠出した時に立ち寄っていた京都ラーメンのお店が本当に美味しくて、ネギがこんもり盛られたラーメンからは、驚きと同時に至福の時間を提供してもらったと言っても過言ではないと思います。

そんな京都ラーメンが恋しくなったときに選ぶカップ麺がこの凄麺シリーズからでている京都ラーメンなんですよね。というわけで今回は『ニュータッチ凄麺 京都 背脂醤油味』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス広告




京都ラーメンとは?

京都ラーメン - Wikipedia

私は京都に行ったことがないので、正確には「京都ラーメン風のラーメン」が好きなんですけど、実際の京都ラーメンは上記画像のような感じなんだそうです。すっげー黒い濃厚そうなスープですね。というのも「京都ラーメン=色濃いスープ」が特徴みたいですよ。

個人的には「背脂チャキチャキの醤油系ラーメンに、たっぷりネギが乗っているラーメン」というイメージだったのですが、よくよく考えたらこってりラーメンの系譜とも言えるべき天下一品が京都ラーメンだっていうね。

こってりのイメージは全くなかったので意外でしたが、そっち系の味付けの方が九条ネギの味が生きてきたりするんだそうです。

 

商品概要

【商品説明】

  • 京都で親しまれている背脂醤油系ラーメンを再現
  • 背脂のコク、唐辛子の辛みが美味しいスープ
  • 後入れねぎの風味が背脂と絶妙にマッチ

【栄養成分表】

  • エネルギー:444kcal
  • たん白質 :11.7g
  • 脂質   :18.3g
  • 炭水化物 :58.1g
  • ナトリウム:3.1g

 

パッケージ

パッケージはこんな感じです。メッチャ美味しそうじゃないですか?結論から言っちゃうと、全然京都ラーメン(京都ラーメン風ラーメン)とは違います。

ネギも少ないし、背脂の感じも全然足りないです。「じゃあなんでそれを買った?」って思うじゃないですか?これには理由があるんです。

このラーメンを見てください。デカデカと「新潟」と書かれているこのカップ麺は、個人的にメチャクチャ大好きなラーメンなんですけど、本当はコレが食べたいんですよ。でも頭の中に「京都ラーメンが好き」という情報があって、さらにパッケージがこっちは緑じゃないですか?ネギを連想させるんですよね。

結果「あー、京都ラーメンのパッケージ変わったんだ!」となって、懲りずに3回も4回も買ってしまうというわけです。・・・まぁどっちも美味しいからいいんですけど。京都ラーメンが食べたくなったら凄麺の京都ラーメンを買って、新潟ラーメンが食べたくなったら凄麺の京都ラーメンを食べる・・・めちゃくちゃお得意様になってます。

 

開封

小袋は全部で3つ。「液体スープ」「ネギ」「チャーシュー」です。チャーシューはカップ麺によくある感じのチャーシューで、美味しさとか目新しさみたいなものはあまりありません。安いカップ麺に入っているものと遜色ないと思います。

スープは背脂を含むタイプなので、お湯を注いだら確実に蓋の上で温めるようにしましょう

1番の目玉はコチラのネギですね。良くも悪くも乾燥ネギなので、いくらスープに浸けたところでみずみずしさみたいなものが出ないのが残念なんですけど、この量はハンパ無いですよ。

気を付けないと喉に引っ付いてむせる危険性があるので、注意して食べましょう。

麺はこんな感じです。細麺で、醤油系のラーメンと相性が良さそうな麺ですね。

 

実食

見た目はこんな感じです。あんまりチャキチャキしていないので、見た目的には普通の醤油ラーメンにネギがいっぱい入っただけのように思えますが、通常のそれと比較してもカロリーは高いので、やはり背脂効果は高いんだと思われます。

チャーシューはこんな感じ。個人的にはホームラン軒とかのチャーシューよりも少し柔らかいくらいの感じという印象でしかありません。

可もなく不可もなくといったところです。私はホームラン軒の硬いチャーシュー好きですけどね。

 

麺はこんな感じです。スープとの相性は非常にいいと思います。うまく絡んで、醤油の美味しさが伝わってきますね。少し背脂感のある醤油ラーメンとしては美味しいです。しかもスープはちょい辛で、ただの醤油スープとはまた違う味わいになってます。辛いのが苦手な人でも大丈夫だと思いますよ。

ただ、ネギやっぱり今ひとつでしょうか。本物のネギを少し足してあげたらまた変わるのかもしれませんけど、ここはやはり高級カップ麺と言えど「まがいもの感」が漂ってしまいます。醤油ラーメンとしては合格点ですが、個人的には京都ラーメンではないような気がしました。

 

最後に

基本的に凄麺シリーズは、どれを買ってもハズレがないくらい美味しいカップ麺だと思ってます。今回ご紹介した「京都 背脂醤油味」は順位的には下の方ですけど、200円そこらのポテンシャルとしては高い方じゃないでしょうか。

もし本製品が気になるという人はぜひ食べてみてください。個人的には脂系のラーメンなら新潟ラーメンがオススメですし、シンプルなラーメンなら佐野らーめんとかの方が美味しいと思いますが、この味が好きだという人も多いと思います。興味のある人はお試しあれ。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-カップ麺, 食べ物

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.