住宅設備 家庭用給湯器

給湯器の激安販売店!損をせずに給湯器が買いたいなら「いえすと」で決まり!

投稿日:

ガスコンロや給湯器、ユニットバスなどの家庭用設備を修理・交換する仕事をしています。

特に給湯器の交換は非常に美味しい仕事で、簡単な作業であることが多い割に売り上げが一気に増えるので、個人的に大好きな仕事の1つです。

ただ、当社で販売した時って「金額的に高い」んですよ。

誰でも給湯器を新しくするとか、交換するってなったら、少しでも安く買いたいですよね?

この記事では、給湯器交換業者としては最安値で安心できる「いえすと」についてご紹介したいと思います。

「いえすと」とは?

個人的にはLIXILみたいなものだと思ってるんですけど、SLSっていう会社と主に取引している会社の1つ…なのかな?間違ってたらごめんなさい。

ノーリツやリンナイなどの給湯器の取付・交換に携わっている会社で、主な活動拠点は関西・関東エリアとなっており、金額的にメチャクチャ安いのが特徴です。

「なんでこんなに安いの?」って思うくらい安くて、価格を見たら本気で驚くと思いますよ。私が普段からお客さんに出している交換見積もりの半額くらいですから。

そしてなぜそんな商売敵の情報を流すかと言うと、関西と関東でしか活動していないようなので、私の住んでいる地域には一切関係ないからです。

 

【公式ページはコチラ】

給湯器をどこで買うか問題

複数社から見積もりを貰うのは鉄則

みなさんが給湯器の購入を検討する時、多くの人は「修理に来た人から引導を渡された」というパターンではないかと思います。

「もう部品がありません」とか「修理してもまた次々と故障が続く恐れがあるので、買い替えた方がいいですよ」とか。

ちなみに私は、こうやってお客さんに説明する側の人間なのですが、この時に新しい給湯器に交換する場合の見積もりを置いていきます。

お客さんの中には「知り合いの設備屋に聞いてみる」という人もいますし、その場で他の業者の販売価格を調べずに「お願いします」と言われることも珍しくありません。

でも、その場ですぐ依頼されたという場合でも、取り付け終わった後にクレームに発展するパターンって結構あるんですよ。「他の会社だとすごく安いんだけど!?」というような感じのクレームですね。

給湯器を購入・交換する際に絶対に損をしたくないという人は、複数社から見積もりを貰うのが鉄則と言っていいでしょう。

なぜなら、給湯器の販売価格なんてものは、それを取り扱う業者によってまちまちであることが多いからです。

 

給湯器を購入する際の主な選択肢

  • ガス屋
  • 水道屋
  • メーカーサービス
  • ネット業者

どこから給湯器を購入するかと考えたら、多くの人は上記の4パターンになるのではないかと思います。…というか、ネット業者はまだ勢いとしては弱いので、主に3つかもしれません。

しかしこの4つの中で、金額的に1番安いのは「ネット業者」じゃないかと思います。

 

例えば今回紹介している「いえすと」で言えば、クラシアンのように全国ネットでCMを流したりしていないので、多くの人が「なにそれ?/大丈夫なの?」というような知名度です。

ですが、宣伝をしていないということは、それだけ広告費にかかる費用も節約できるんですよ。

クラシアンを否定するわけではありませんが、あれだけ大々的にCMをしたことによる費用的なシワ寄せは、間違いなくお客さんにきますからね。

 

いえすとで給湯器を交換することのメリット

見積もり無料

多くの業者は「給湯器を交換したいんだけど…」と相談すれば、見積もり費用は無料にしてくれるんじゃないかと思います。

もちろんいえすとでも見積もりは無料です。

よく現場も見ていないのに作業料込みの金額を提示している業者がいますが、そういう場所だとその広告のどこかに小さい文字で「現場によっては別途費用が発生します」なんて文言が書かれていて、ちょっと不気味じゃないですか?

なので、実際に現場を見てもらって、ちゃんとした額面で見積もりを出してもらった方がいいです。

それから金額は業者によって大きく変わるので、損をしたくないというのであれば確実に複数社から見積もりを貰うようにしましょう

※ちなみに当社では、いえすとの倍以上の金額で給湯器を販売・取り付けしていますが、お湯が使えなくて一刻も早くに買い替えしたいと焦っているお客さんほどその勢いで交換している印象があります。

 

圧倒的な安さ

正直言って、私でも「ここで買うわ!」と即決するくらいの金額&サービスです。

サービスについては後述するとして、まず価格の安さがハンパありません。ふろ機能付きの給湯器が最大で82%オフ、暖房機能付きの給湯器が最大69%オフとなっています。

ちなみにぶっちゃけると、当社では約70%で提示しています。70%オフじゃなくて、70%です。値引き率にしたら30%オフですね。そして、どんなに頑張っても40%オフです。

当社は、地元の水道屋などが相手でも価格競争では負けていますが、中には「これくらいの金額差なら、ちゃんと修理できる人に取り付けて欲しいからお願いする」というお言葉を頂くことも珍しくありません。

でも、さすがに80%オフと並べられちゃうと、修理できる人じゃなくても良くなっちゃいそうですよね。

 

W10年保証付き

給湯器の販売価格の方はともかくとして、取付料込みの金額となると「安すぎると逆に不安」という人もいるのではないでしょうか。

例えば車の修理とかでも、片方が1万円で片方が10万円なんて言われたら、どっちに頼むのが正解なのか分からなくなってしまいますよね。

設備屋の中にも、金額を安く抑えようとしすぎるあまり、部材費をケチってなんでもリサイクルする業者もいますし、雑な仕事をする業者もいます。

 

ハッキリ言って私は、いえすとの仕事ぶりをみたことがありません。でも、無責任な気持ちでおすすめしているわけでもなく、いえすとはW保証が付くんですよ。

普通、保証なんて付いてきた所で製品の保証延長くらいのものです。これは「給湯器が壊れたら、メーカーの修理費用が発生しませんよ」という内容なんですけど、取付業者が修理するわけではないので、基本的に「取付が終わったらメーカーに丸投げしよう」という業者も少なくありません。

 

そして、そもそもの取り付け方が悪くて修理が必要になるケースというのがあり、この場合は保証延長が適用されず、修理にお金が掛かるというトラブルが年に数件あります。

しかしいえすとでは、工事の内容も保証すると明言しているんです。

つまり、いえすとで購入した給湯器は、いかなる内容の故障であっても保証されるということです。これは、施工に自信のない業者は絶対にやれないことなので、信頼して問題ないと言っていいでしょう。

 

デメリットは「エリアが限られている」のみ

これだけ安く仕事をしてくれる業者さんですから、ぜひお願いしたいというお客さんはいっぱいいると思うんですけど、残念ながら関西と関東の一部でしか活動していません。

恐らく「あまり利益の見込めない所に事務所を構えちゃったら経費が掛かるから最安値じゃなくなっちゃうじゃん」っていう部分じゃないかなと思うのですが…。

関西エリア、関東エリアの中でも「特に栄えているところでしか活動していない」というイメージですね。

もし関西・関東エリアにお住まいの方で、自分の住んでいる地域が対応しているかどうかを知りたいという場合は、公式ページにてチェックしてみてください。

 

【公式ページはコチラ】

 

申し込み方法

公式ページに行ったら、まずは右上の「無料見積りはこちら」をクリックします。

 

するとこのような問い合わせページへと繋がります。

必要な情報を記入しましょう。ちなみに必要な情報は、以下のような項目となっています。

  • 名前
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • ガス種
  • 今使っている給湯器メーカー
  • 今使っている給湯器の型番
  • リモコンの設置場所

ガス種や型番などについては、給湯器本体の前面か側面にシールが貼られているので、それを見て記入してください。

ちなみにガス種は都市ガスかLPGになるので、上記のように13A/12Aなどと書かれていたら都市ガスにチェックを入れましょう。

 

下の方に行くと「見積もりをスムーズに行いたければ写真を添付してくれ」と書いていますが、できるならやった方がいいと思いますけど、やり方がわからないという人は無視してOKです。

どのみち現場を見てみないと、正確な金額を出せないことに変わりはありませんので。

 

全部の記入が終わったら青いボタンから確認画面へと進み、送信すれば完了です。

回答方法は電話かメールを選べますが、個人的には「やりとりした内容が文書として残るメールによるやりとりの方が安心できる」のではないかと思います。

あとは、実際に現場を見てもらって見積もりを出してもらうわけですが、その時もしっかりと書面で見積もりを貰うようにしましょう。

(正式な書面で出すのに時間がかかるという場合は、施工の日に持ってきてもらうようにした方が安心できると思いますよ)

 

最後に

私はこれまで友人から「給湯器ってどうすれば安く買えるの?」と聞かれたときに「ネットで買えば安く買えるよ」とアドバイスをし、ネットで安く本体だけを仕入れた友人のために、私が10000円くらいの作業料で取り付けてあげたりしていました。

ちなみにその金額と比べても、いえすとの提供価格はイーブンくらいです。

給湯器の10年保証だけでも普通に加入したら2万円くらいかかりますからね。見た目的にも額面は相当安いですけど、それ以上に安いのが実情だと思います。

ハッキリ言ってこれは知っている人だけが得をする案件なので、もし給湯器の交換で損をしたくないという人は、見積もりを貰っておくのが吉だと思いますよ。

 

【公式ページはコチラ】

アドセンス

アドセンス

関連コンテンツ



-住宅設備, 家庭用給湯器

Copyright© はてなの果てに。 , 2018 All Rights Reserved.