アプリ

『Newsstand』の解約にメチャクチャ手間取った話

投稿日:

f:id:xx_mar0_xx:20170213220746j:plain

私は雑誌を読むのが好きなのですが、どうしても捨てる手間のことを考えると面倒なので、最近は専ら電子書籍を購入しています。しかしモノによっては、いつも利用している電子書籍サービスだと取り扱っていないという場面も少なくありません。

そこで不本意ながらも『Newsstand』というiOSに初期から搭載されているアプリを使って、App storeから電子書籍を購入したのですが、その解約手続きが難しく、非常に苦戦を強いられました。というわけで今回は「『Newsstand』が解約できなくて困っている!」という人に向けて「Newsstandの定期購読の解約の仕方」について書いていきたいと思います。

「早く解約の仕方が知りたい!」という人は、目次から【解約の仕方】へと飛んでください。

 

 

経緯

目当ての雑誌が見つからない

f:id:xx_mar0_xx:20170213221947j:plain

冒頭でも書きましたが、読み終わった雑誌って結構なゴミになってしまうんですよね。廃品回収も頻繁にやってるわけではありませんし、出すのを忘れてしまった場合は目も当てられません。そこで便利なのが電子書籍サービスです。私はゲーム雑誌がたまに読みたくなるのですが、これこそ1回読んだら2度と読み返さないタイプの雑誌ですので、電子書籍で読むのが望ましいと思っています。

私は普段「ebookjapan」で雑誌を読んでいますが、残念ながら今回読みたかった『ファミ通』という雑誌は取り扱いがありませんでした。そこで「ファミ通を取り扱っている電子書籍サービス」を探していたところ、最初からiPadに入っていた『Newsstand』で取り扱いがあり、購入したという流れになっています。

 

定期購読という縛り

f:id:xx_mar0_xx:20170213222539j:plain

ファミ通は週刊ですが1冊ごとに購入することはできず、あくまで「月単位での定期購読が必要」とのことでした。正直1冊読めれば良かったのですが、月単位でしか無理なのであれば仕方ありませんので、1ヶ月の定期購読に申し込むことになります。

このとき「期限を迎える前に解約しないと、自動更新されるので注意してくださいねー」という旨の注意喚起がありました。思えばコレが今回の惨事に繋がる原因となります。

 

解約についての勘違い

アプリでは解約できない

f:id:xx_mar0_xx:20170213220935j:plain

まぁ私の勝手な思い込みだと言われればそれまでですが、基本的に契約解除などはそのアプリ上で行えると思ってたんです。しかし実際のアプリや雑誌が読める画面には、そのような項目は一切ありません。調べてみると、どうやら手続きはApp storeで行わなければならないとのことでした。

 

但し書きを確認

f:id:xx_mar0_xx:20170213223851j:plain

ちなみに上記画像が定期購読を始める際の但し書きになりますが、よく内容を読めばしっかり書かれています。私は契約時に「あー、自動更新には気を付けないといけないなー」くらいの認識だったので、まさかApp storeで定期購読の解除をするとは夢にも思いませんでした。

ちなみにこの画面は契約時に表示される文言なので、契約してしまうとどこから確認できるかわかりません。私はiPadで定期購読していたので、契約していないiPhoneで契約するフリをして内容を確認しましたが、危うく迷宮入りするところでしたよ。

 

解約の仕方

TOPの【設定】から先へ進む

f:id:xx_mar0_xx:20170213225122j:plain

端末のTOPに【設定】という歯車のアイコンがあると思います。アプリの通知設定や暗証番号を変えたりできるところですね。そこから『iTunes StoreとApp Store』をタップし、表示されている『Apple ID』をタップします。

※黒線部分には私のIDが表示されているので、隠しています。

f:id:xx_mar0_xx:20170213225114j:plain

すると新しいポップアップが表示されるので、そこで『Apple IDを表示』を選び、パスワードを入力します。私の記憶によると、少し前からApple IDのパスワードは小文字・大文字・数字を織り交ぜるタイプに変わったので、普段よく使っているパスワードと違うという人が多いと思われるので注意してください。

 

アカウント情報から更に先へ

f:id:xx_mar0_xx:20170213225927j:plain

アカウント情報にログインしたら、項目の中から【登録】を選んでタップします。すると契約している情報が一覧になって表示されるので、目的の商品を選択しましょう。

 

解約画面に到達

f:id:xx_mar0_xx:20170213230153j:plain

この画面に到達したら「登録をキャンセルする」を選べば、晴れて定期購読が解除されます。しかもここで気付いたことなのですが「定期購読を解除しても、契約期間中であれば常に雑誌が読めるという仕様」みたいなので、更新予定が無いのであれば契約直後に解約してしまうのも1つの手段だと思いますよ。

 

最後に

以上で「『Newsstand』の解約にメチャクチャ手間取った話」を終わりたいと思います。思い出しただけでも嫌になるくらい苦戦しました。というのも、iPadから解約しなきゃいけないのにiPhoneから進めてしまったり、Apple IDのパスワードがゴチャゴチャになってしまったりなど、色々な要素が絡み合ってしまったからですが、なにより分かりにくいというか不親切な感じがしました。

必ず購入するというくらいの愛読書であれば問題ないと思いますが、それ以外であればしっかりと使い方をマスターしてから使わなきゃいけませんね。私が使用している『ebookjapan』で取り扱いがあれば言うこと無しだったんですけど・・・。とりあえず今回は以上で終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-アプリ

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.