パチスロ ファンキージャグラー

ファンキージャグラーの設定6は勝率80%で差枚数も上々

更新日:

「ファンキージャグラーの設定6の勝率はどの程度か、また勝ち額はどの程度見込めるのか」をテーマに進めていきます。私の住む地域のホールでは、既に「使ってても設定3じゃないか?」というような悲惨なデータが連なっています。それでも客が付くんだから不思議ですよね。

ファンキージャグラーの魅力は、わけのわからない派手な演出ではありません。「設定6の出玉率と安定した勝率」ただそれだけです。(北電子は何を考えてるんでしょうか。本気でドリフト音のガコッが受け入れられてると思っているなら、今すぐ倒産して欲しいです)

今回もシミュレートアプリを使って、5000G×30のデータを用意しました。早速、見て行きましょう。

スポンサーリンク

アドセンス広告




スペック表

設定 BIG確率 REG確率 合算確率 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、設定6、シミュレートアプリ、5000G×30。

ファンキージャグラー

ファンキージャグラー

  • Kita Denshi Corporation
  • ゲーム
  • ¥600
番号 BIG REG 差枚数
1 25 20 +2985
2 19 21 +1057
3 21 12 +1022
4 26 16 +2882
5 25 22 +3118
6 20 21 +1202
7 14 14 -1136
8 17 23 +879
9 21 26 +2159
10 10 16 -2036
11 30 23 +4791
12 26 18 +2899
13 21 18 +1197
14 22 19 +1872
15 22 18 +1819
16 27 19 +3376
17 22 18 +1762
18 15 25 +496
19 19 14 +543
20 24 19 +2350
21 12 15 -1541
22 25 15 +2337
23 25 16 +2611
24 13 20 -1043
25 19 9 -39
26 15 20 -142
27 20 11 +221
28 25 14 +2059
29 26 18 +2746
30 23 14 +1456
  • BIG:629(1/238.47)
  • REG:534(1/280.90)
  • 差枚数:+41902枚(平均:+1396.73枚)

スポンサーリンク

アドセンス広告




考察

勝率80%

24/30で差枚数がプラスになっていたので、5000Gも回せば設定6は安定して勝てそうです。そして、ほとんどが1000枚以上の勝ちに繋がっているので、勝ち額としても十分ではないでしょうか。

5000Gあたりの平均で考えたら約1400枚のプラスなので、等価だと3万円のプラスですから、20%の負ける確率を含めて時給換算しても、結構いい金額が得られると思いますよ。

 

REGに注目

  • 設定6:18/30
  • 設定5:15/30
  • 設定4:9/30

上記の数字が『REG確率が1/300を切った台数』になります。設定4と6で倍の差がでてますね。これを踏まえても、REG確率が1/300より優秀であれば、積極的に勝負してもいいと思います。

そしてBIGに偏って出玉を叩き出している台については、極端な話をすると「設定1の可能性もある」ため、他に勝負できる理由がなければオススメしません。アイム系とは違って、BIG確率にも若干広く設定差が設けられているので「無視していい」と言えるような確率差ではありませんが、やはりBIGよりREGを重視するのがいいでしょう。

 

マイジャグラー3に次いで優秀

以前に同様の検証をマイジャグラー3でも行っているのですが、それよりは少し劣るものの、歴代の5号機ジャグラーシリーズの中では、屈指の安定感を誇っていると思います。(もちろん設定6の話ですが)

もし行きつけのホールが大事に使っているのであれば積極的に狙ってもいいでしょう。見返りは十分だと思います。(個人的にはファンキージャグラーみたいな演出過剰なクソ台よりも、マイジャグ3のような神々しい台の方が好きですが)

【関連記事】

【マイジャグラー3】設定6を1ヶ月放置してみた【実戦検証】

 

スランプグラフ

データ1

ボーナス合算が1/100を切っているので、言うまでもなくヒキ強ですが、こういう出方をするというのには夢を感じられます。万枚は現実的ではないかもしれませんが、終日の打ち切りで5000枚オーバーは射程範囲内と言っても過言ではないでしょう。

なにより、ここまで安定してペカってくれたら、楽しくて仕方が無いでしょうね。ジャグラーシリーズは「ペカるかどうか」だけが醍醐味みたいな部分もあるので、中だるみせずにペカってくれるのであれば、それだけで終日楽しめそうです。

 

データ2

一方で「同じ設定6ですか?」と思わざるを得ないデータです。設定6の雰囲気が微塵も感じられません。安定しているとは言え絶対ではない以上、こういう台がでることもあります。データ上では「明らかに低設定の可能性が高い台」ですので、設定6だったというのは結果論になりそうです。

いずれにしても、こういう設定6を捨てることは問題ないと思います。こういう台に設定6の可能性を考えてしまったら、それこそ本物の低設定にも引っかかってしまうことになるので、そうならないことが大切です。

 

最後に

ファンキージャグラーの設定6は、やはり優秀だと思いました。ホール側もファンキーの6を入れるときは、明らかに「客に勝たせたい」ときだと思います。

そして、思ったよりも設定5以上はわかりやすいかもしれません。もちろん回転数が付いていることが条件ですが、終日データを集めて狙い台を絞り、朝一勝負しても面白いんじゃないかと思いますね。

もしよく通っているホールが、ファンキージャグラーを長く大切に使っていこうという意思が見え隠れする場合は、積極的に勝負していくのも1つの手段だと思いますよ。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-パチスロ, ファンキージャグラー

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.