パチスロ ファンキージャグラー

ファンキージャグラー設定1の出玉率が高いと言っても、余裕で大敗できることを証明する

更新日:

タイトルの通りです。なにやらジャグラーシリーズ新作の『ファンキージャグラー』における設定1の出玉率が、やたら甘いっていうことを全面に押し出してるPOPを飾っているホールを発見しました。

これは「今までより負けが少なくて済みますので、みなさんドンドン突っ込んじゃってください!」というような、一種の「設定1がメインですけどなにか?」と言いかねないアピールだと思ったのですが、実際のホール状況を見ると、当然ながら客側の大赤字でした。

というか、たかだかシリーズ通して出玉率が1%上がった程度で、ホール側に平均設定を下げられたりするだけのような気もするんですけどね。いずれにせよ設定1の出玉率とかどうでもいいです。設定1だろうが設定2だろうが、余裕で負けるのに変わりはありませんから。

優良なホールでは「設定1は使わずに、設定2をメインにする」というホールも存在しているようなので、設定1の出玉率なんか本当にどうでもいいです。(フル攻略で100%以上となれば話は別)

今日はそれを証明するためにデータを取ったので公開します。そして、ファンキージャグラーの設定1が、余裕で大敗できるという証明をするつもりですので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス広告




スペック表

設定 BIG確率 REG確率 合算確率 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、設定1、シミュレートアプリ、5000G×30。

番号 BIG REG 差枚数
1 12 6 -2872
2 13 11 -2122
3 13 12 -1957
4 20 15 +743
5 12 8 -2734
6 16 12 -722
7 17 15 -342
8 15 10 -1522
9 13 9 -2215
10 17 10 -743
11 16 8 -1275
12 19 3 -974
13 23 18 +2189
14 16 9 -1487
15 16 10 -978
16 22 12 +665
17 16 11 -754
18 23 14 +1463
19 14 6 -2310
20 9 11 -3556
21 16 12 -794
22 24 13 +2058
23 16 7 -1603
24 16 18 -356
25 17 8 -1295
26 22 15 +1200
27 20 3 -626
28 19 12 -33
29 19 13 +222
30 17 10 -971
  • BIG:508(1/295.28)
  • REG:331(1/453.17)
  • 差枚数:-23701枚(平均:-790枚)
  • 勝率:23%(7/30)
  • REG確率1/300達成率:7%(2/30)

スポンサーリンク

アドセンス広告




考察

勝率が約23%

5000G回して差枚がプラスだったのが7/30(23%)と、そこまで悪くもない勝率になりました。しかし、実戦データの表を見たら真っ赤ですよね。

もし、上記データが『30台のファンキージャグラーを設置しているホールのデータ』だと仮定すれば、13番の台なんかは本当は設定1であるにも関わらず「5くらいありそう」と思ってしまうかもしれません。

ベタピンなのにも関わらず、こういった錯覚をさせられてしまうのは、非常に厄介だと言えるでしょう。閉店チェックなんかの場合は注意してください。(これを見ると15台設置のホールならALL1&2営業でも成立するんじゃないかと思いましたよ)

ですが、やはり設定1です。大まかに考えると4回座ったら3回は負けることになります。「なにが甘くなったジャグラーだ!」って感じですよね。今回の検証は一律5000Gですから、実際の稼働とはまた違うでしょうが、いくら出玉率が優秀になったとはいえ、設定1に座った段階で負けは覚悟した方がよさそうです。

 

5000G毎に約-400枚

設定1ですから回せば回すほど収支はマイナスに転じます。「600G回すと約1000円負ける」といったところでしょうか。ある程度のんびりしながらの稼働で『時給マイナス1000円』ってとこです。

前項でも触れましたが、やはり困るのは13番や22番のように、ごくまれに噴くという点ですね。こればかりはどうしようもないかと・・・。

REG確率に注目して1/300を上回っている台は2台しかありませんが、これまで同様にREG確率を1/300にボーダーを引いてしまうと、設定5も捨てる可能性が高くなりそうです。それでも、低設定を打ってしまう可能性を考えたら、REG確率を厳しく見ていくことは仕方ないのかもしれません。

(2016/09/05追記分)

ファンキージャグラー低設定の2000G時点での挙動

回転数にも左右されるかとは思いますが、設定5がREG確率1/300を上回るケースは何気に多かったです。2000~3000G程度の回転数では、設定2ですら結構な到達率でした。

様々な検証を通じた結果、1番バランスが良さそうなのは『REG確率1/300』だと思うので、当ブログではここにボーダーを引くことを推奨します。

 

REG確率が1/400より悪い台がゴロゴロ

他の設定でどうなるか試してみないことにはハッキリとは言えませんが、1/400をボーダーにしたとしてもクリアするのは8/30なので、かなりの確率で設定1は見抜けそうですね。

ボーダーをどこに引くかは別にして、明らかにREGが引けてない台に近付かないようにするという根本的な部分は、他のジャグラーシリーズと変わらないと言えるでしょう。

(2016/08/22追記分)

ファンキージャグラーをALL4で営業したら、何台が設定6っぽく見えるか

設定4で同様の検証を行ったところ、およそ30%の確率で『REG確率1/300』を達成しました。(ちなみに設定6レベルになったのは、30台中6台で「5台に1台程度の出現率」でした)

REG確率が1/300を上回るのは、設定4でも30%程度なので、このラインを上回っていれば積極的に勝負していってもいいと思いますよ。

 

グラフ

設定1のスランプグラフ(10000Gの物)を3パターン用意しました。

それぞれがあまりに違い過ぎて参考にならないとは思いますが、色んな表情を見せるということだけ頭に入れて見てください。

パターン1

出玉率的には設定1ですが、最初の投資分だけを取り除けば、案外差枚数に変化はなさそうです。

3000Gから4000Gにかけてのハマリが出玉に大きな影響を与えているので、もしかすると「このハマリさえなければ・・・」というような台に仕上がっているかもしれません。注意が必要ですね。

 

パターン2

後半の2000Gだけを打っていれば2500枚前後のプラスです。恐ろしいのが、そこまでBIGに関してもヒキ強ではないという点ですね。本来の確率より少し多く引くだけでこうなりますし、トータル的な差枚数も1000枚オーバーと、それなりに優秀な結果を出しています。

ただ、最終的な確率から考えてもREG確率が悪すぎて、実際にホールにあったとしても「差枚はプラスだけど、せいぜい設定2、あっても設定3」という見方が強いのではないでしょうか。

 

パターン3

「これぞ設定1」と呼べるような見事なまでの右肩下がりのグラフです。ここまでひどければ、実際のホールでは稼働がなくなるはずなので、1万Gも回らないと見るのが必然ですね。

引いたBIGの数が確率を下回ってしまったらジャグラーで勝つのは難しいので、仮に設定2や設定3だったとしても、同様の結果が起こり得るでしょう。

 

最後に

いくら出玉率が高くなったとは言え、余裕で負けられます。グラフのパターン3を見ていただいたらわかるかと思いますが、1G回すごとに1枚マイナスになっているような最悪な結果すら起こっているのが現状です。

メイン設定が1なのか2なのかはホールにもよるとは思いますが、勝っていくには設定5は欲しいので、設定1や2に騙されることがないように注意が必要だと言えるでしょう。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-パチスロ, ファンキージャグラー

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.