パチスロ ファンキージャグラー

ファンキージャグラー低設定の2000G時点での挙動

更新日:

 

パチスロ全般に言えることですが、なかなか1日単位での収束は難しいと言えるでしょう。まして1000G~2000Gの判断なんてものは、非常に正確性に欠ける部分だと思います。

それでも、最高設定で2000Gの間に大幅なマイナスになるようなことは稀ですし、逆も然りです。特にジャグラーのようなAタイプと呼ばれる機種においては、比較的「波が穏やか」と言えるのではないでしょうか。

実際に、3000G以上の回転数で判断しつつ長期的なスパンで考えると、ジャグラーは勝ち続けることが可能です。しかし、それはほとんどの人が知っている事実と言わざるを得ません。

その状況で、ライバルを押しのけて稼働していくためには「3000G以下の回転数でも勝負する」といった『ある程度のリスクを背負うこと』が必要になってきます。そこで「果たして、2000Gの時点でどの程度のデータになるのか」ということを知っておくことは、大きなアドバンテージになり得ると思うんですよね。

今回はファンキージャグラーにおける『低設定の2000G時点での挙動』についてのデータ公開です。

スポンサーリンク

アドセンス広告




スペック表

設定 BIG確率 REG確率 合算確率 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、シミュレートアプリ、設定1~3、2000G×30。

ファンキージャグラー

ファンキージャグラー

  • Kita Denshi Corporation
  • ゲーム
  • ¥600

設定1

番号 BIG REG 差枚数
1 5 6 -701
2 10 3 +457
3 9 2 +63
4 5 4 -820
5 6 7 -380
6 4 10 -545
7 10 3 +488
8 5 5 -617
9 3 4 -1403
10 11 4 +1189
11 8 3 -186
12 2 3 -1912
13 8 4 +107
14 3 10 -914
15 8 3 -31
16 8 4 -120
17 7 4 -114
18 7 6 -318
19 3 4 -1467
20 7 3 -628
21 8 10 +559
22 9 2 -41
23 8 5 +250
24 11 3 +923
25 7 4 -127
26 6 4 -789
27 1 6 -1918
28 5 4 -977
29 5 4 -986
30 8 4 -78
  • BIG:197(1/304.57)
  • REG:138(1/434.78)
  • 差枚数:-10979枚(平均:-365.97枚)
  • 勝率:23%(7/30)
  • REG7回以上:4回(4/30)

 

設定2

番号 BIG REG 差枚数
1 5 4 -888
2 5 3 -1099
3 6 6 -210
4 6 3 -468
5 4 4 -1174
6 11 7 +1188
7 8 1 -167
8 7 6 +22
9 6 11 +249
10 10 6 +990
11 14 7 +1998
12 2 2 -2219
13 5 3 -1120
14 6 5 -542
15 6 5 -341
16 4 4 -1362
17 6 4 -559
18 2 8 -1434
19 11 8 +1381
20 4 4 -1134
21 5 8 -350
22 5 5 -899
23 4 5 -1184
24 5 1 -1264
25 4 5 -1207
26 7 2 -251
27 3 2 -1694
28 10 8 +1089
29 6 7 -370
30 5 6 -521
  • BIG:182(1/329.67)
  • REG:150(1/400.00)
  • 差枚数:-13540枚(平均:-451.33枚)
  • 勝率:23%(7/30)
  • REG7回以上:8回(8/30)

 

設定3

番号 BIG REG 差枚数
1 11 4 +981
2 5 5 -886
3 6 3 -770
4 8 5 +154
5 7 6 -163
6 13 2 +1501
7 12 5 +1228
8 9 5 +497
9 12 5 +1340
10 7 7 +15
11 8 5 +49
12 3 7 -1054
13 4 6 -984
14 8 5 +232
15 6 6 -386
16 10 2 +272
17 8 6 +222
18 8 3 +226
19 7 7 -298
20 3 7 -917
21 7 9 +237
22 2 2 -1991
23 7 6 +14
24 5 3 -975
25 10 5 +760
26 6 2 -697
27 5 3 -769
28 7 5 -224
29 10 6
30 6 6 -199
  • BIG:220(1/272.73)
  • REG:148(1/405.41)
  • 差枚数:-1798枚(平均:-59.93枚)
  • 勝率:53%(16/30)
  • REG7回以上:5回(5/30)

スポンサーリンク

アドセンス広告




考察

設定1&2は余裕で爆死スペック

両方ともBIGがヒキ負けているという事実はあるのですが、それにしてもえげつないくらい負けてます。「設定1の出玉率がジャグラーシリーズの中で甘い」とか、ハッキリ言ってどうでもいいくらいです。

試行回数が少ないことは仕方ないにしても、設定2の暴れっぷりを見たら、ホールは設定1なんか使わなくてもいいんでしょうね。端的に言うと「ALL設定2営業」でもカタチになるのではないでしょうか。

それにしても勝率23%はエグい・・・。2000Gなんだから、もう少し高い勝率でも良さそうなんですけど。ちなみに、以前に検証した5000G×30のシミュレートでも、勝率は23%でした。

【関連記事】

ファンキージャグラー設定1の出玉率が高いと言っても、余裕で大敗できることを証明する

 

2000G時点でのREG確率だけの判断は危険

REG確率だけに注目すると、今回の設定2のデータは若干のヒキ強とは言えど、REG重視の立ち回りをする上では無視できないものになりました。

2000Gで7回のREGならまだいいです。さすがに8回以上引かれていると、思わず飛びついてしまうかもしれません。そのデータが30回中5回も確認できています。

過去に同様の検証を高設定で行った際の設定4の場合は、30回中3回でしたが、今回の設定1でも3回なんですよね・・・。2000GでREGを10回も引かれてしまうと、その後1000G間で1回も引けなくても1/300ですから。

後述していますが、3000G時点でのデータの方が遥かに信頼できるものになっているので、2000G時点での稼働は特に注意した方が良さそうです。

 

設定3ならセーフ

ファンキージャグラーの設定3は「勝てないものの、負けないスペック」と言えるでしょう。出玉率もほぼ100%ですし、実際のデータも少しヒキ弱ですが、2000Gで60枚のマイナスなので、さほど大きな被害にはならなさそうです。

遊ばせようと思ったら設定3を入れておけば、それなりにフェイク台として育ってくれるかもしれませんし、設定3を散りばめられたら設定看破も難しいと思いますね。

1つ気になったのは、試行回数の少なさが災いして「REG確率が1/300を上回った回数が設定2>設定3になってしまった」という点です。REGのトータル数でも本来の確率と逆転した結果が出てしまっています。

しかし設定3は、REG7回には届かないまでもREG6回のデータが多かった部分は注目した方がいいでしょう。とりあえず大切なのは「設定2以下に座らないこと」であるのは、間違いなさそうです。

スポンサーリンク

アドセンス広告




3000G時との比較

以前に設定1&2において、今回と同様の検証を3000Gで実戦していますが、当然ながら3000Gの方が安定した結果になっています。REG確率が1/300より優秀になったのは、設定1で3回、設定2で6回でした。

今回のデータでは設定1はさておき、設定2ではREG確率が1/300を上回ったのが8回ですから、少し考えなければなりませんね。やはり多少暴れることを加味しないと、ケガをしてしまうと思います。

REG確率のボーダーを1/300に引くこと自体はいいのですが、2000Gから勝負する場合は『別の理由』も欲しいところです。

例えば「ホールの傾向として、その台に設定が入っている可能性が大いに考えられる」「前に打っていた人が、特に明確な理由でもってヤメたわけではない」など。できれば前者のような強い理由が望ましいです。

【関連記事】

ファンキージャグラー設定1・2の3000G時データから、勝負してはいけないボーダーを探る

 

高設定との比較

あくまでREG確率だけで言えば、設定4も設定2もあんまり変わりませんね。今回の検証結果だけで語るなら、設定2の方が優秀な結果になっていますし。

やはり1日単位でもなかなか収束しないものを判断するのに、2000Gはちょっと早すぎると思います。もちろん3000Gでも少ないのですが、この間の1000Gは思ってる以上に大きそうです。

それでも設定5と設定6は別格と言わざるを得ないでしょう。・・・たぶん設定6なんか滅多に使わないんだろうなぁ。設定6の可能性がそこそこ高いのであれば、思い切って勝負することも大切です。

ただし「設定6を使わないホールは、かなり多い」ということが予想されるため、ハッキリと設定6を入れてくれているホールに限りますけどね。

【関連記事】

ファンキージャグラー高設定の2000G時点での挙動

 

最後に

今回の結果を踏まえても『REG確率1/300』のボーダーは間違いではないと思います。ただし、2000G時点では相当な信頼度の低下が起きてしまうので、注意が必要です。

とは言っても、設定1でも2000GでREGが10回以上引けるケースが複数回確認できた以上、3000G時点での「ちょうど1/300」というデータについても、向き合い方を考える必要があるかと思います。

それでも「BIGに大きく偏ってる台」を見切っていくと、全体的な勝率は確実に上がっていくと思うので、当ブログでは引き続き『REG重視の立ち回り』を推奨です。

 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-パチスロ, ファンキージャグラー

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.