レトルト 無印食品 食べ物

無印良品の小さめカレー「ココナッツチキン」を食べてみた感想・レビュー

更新日:

「無印良品のレトルトカレーは、美味しいんだけど高い!」そう考えている人に朗報です。

実はレトルトカレーのラインナップの中に「小さめカレー」という、1食あたり90gサイズの商品が登場していました(いつから登場したかについては不明)。

「これは食べるしかないでしょう!」ということで早速購入してきましたよ。

というわけで今回は、無印良品の小さめカレー「ココナッツチキン」の感想・レビューを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

商品概要

  • エネルギー:188kcal
  • たんぱく質:5.4g
  • 脂質   :15.1g
  • 炭水化物 :7.5g
  • ナトリウム:486mg
  • 食塩相当量:1.2g

値段は90gで250円。通常サイズの約半分なので、通常サイズだと500円クラスのレトルトカレーということになります。無印良品のレトルトカレーではこの価格帯も珍しくはないですが、やっぱりちょっと高いかなーという印象を受けました。

そして無印良品のレトルトカレーの中での売れ筋、定番商品と言えばバターチキンカレーですが、そのバターチキンカレーのカロリーが180gで251kcalなので、それと比較してもカロリーが高めであることが伺えます。

ちなみに原材料名を見ると「おろしにんにく」が使われているらしい…。これについては「ソムリエでも見抜けないんじゃない?」と思うほど微々たる量だと思うので、勤務中のお昼ご飯にこれを食べても午後の業務に支障をきたすようなレベルではありません。

ちなみに無印シリーズ安定の「化学調味料、合成着色料、香料不使用」なので、中に何が入っているかを気にする人でも安心して食べられるでしょう。

 

実食

最初口に入れた時は、ココナッツの感じは控えめで、どちらかというとトマトの酸味が全面的に押し出されているような気がします。でも、それも強烈なものではなくて、ココナッツが中和していてマイルドな味わいになっているという感じです。

辛さレベルは5段階中の4つ目ということで、そこそこ辛い部類だと思います。ただ、これについては口に運んだ際の瞬間的な辛さというわけではなく、黒コショウやマスタードの尾を引く辛さですね。「なんだ、全然辛くないじゃん!」と思って食べていると、徐々に身体がぽかぽかしてきているのに気付くという感じ。

個人的には非常に好きな辛さで、通常のレトルトカレーで辛口が食べられないという人だと厳しいかもしれませんが、唐辛子などを摂った時の「脂肪が燃えているような感じを味わいたい」という人にはオススメです。

具材として、一口サイズの鶏肉が幾つか入っています。大きすぎず小さすぎず、食感にアクセントを持たせるという意味でも、非常にありがたい存在です。

このチキンに味がメチャクチャ染み込んでいて、私はしょっぱいと感じました。このカレーを辛いと感じる人にとっては、辛さの逃げ道となるような味付けなのかも。

いずれにしても噛み応えがあって「入っていてくれてありがとう」と思える存在であることは間違いありません。

 

最後に

まだまだこの小さめカレーのラインナップがイマイチで、フルサイズの商品すべてがミニサイズになっているわけではないんですよね。

個人的には、無印のレトルトカレーって美味しいのもあるけど基本的に上品すぎて合わないと感じることも少なくないので、金額的に高いことを考えても、ミニサイズで出てくれると本当にありがたいです。

女性の方の中には「180gだと多い」という人もいるかと思うので、そういう方はぜひ90gの小さめカレー、試してみてはいかがでしょうか?

 

アドセンス

アドセンス

関連コンテンツ



-レトルト, 無印食品, 食べ物

Copyright© はてなの果てに。 , 2018 All Rights Reserved.