アイムジャグラー パチスロ

【アイムジャグラー】設定2の3000G時点のデータ【実戦検証】

更新日:

 

アイムジャグラーの立ち回りのセオリーの1つが『夕方からの稼働』です。今回は、そんな夕方からの稼働に生かせそうなデータを用意しました。題して『設定2の3000G時点のデータ』です。

一説によると「ホールのメイン設定は1ではなく2」というホールも多いようです。理由としては「設定1だと抜けすぎて稼働が付かないから」というのが大きな理由だそうですが、確かにそうなのかもしれません(個人的にはオールベタピン営業でも見抜けないと思ってますが)。

設定1よりも設定2の方が、フェイク台として化けてくれる可能性も高そうですし、回れば回るほどホール側も儲かりますもんね。いずれにせよ、ホールにあるジャグラーの多くは「設定1or設定2」と言って間違いないので、ここの対策をしっかりして、ホール実戦に臨みましょう。

スペック表

設定 BIG確率 REG確率 合算確率 出玉率
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 97.0%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 97.8%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 99.9%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 102.0%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 104.0%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3 106.3%

実戦

実戦データ

アイムジャグラーEX、設定2、3000G×30。

番号 BIG REG 差枚数
1 12 9 +197
2 10 9 -221
3 17 8 +1945
4 15 8 +1157
5 7 6 -1373
6 13 5 +297
7 9 8 -739
8 6 7 -1542
9 9 5 -986
10 14 8 +1144
11 10 3 -1046
12 7 3 -1616
13 8 8 -959
14 9 6 -1027
15 9 6 -1019
16 8 9 -797
17 12 10 +691
18 11 8 -204
19 14 7 +871
20 10 14 +599
21 11 5 -492
22 9 7 -703
23 5 5 -2083
24 8 3 -1634
25 10 9 -346
26 12 8 +367
27 6 10 -1390
28 11 4 -675
29 10 6 -368
30 14 9 +1333
  • BIG:306(1/294.1)
  • REG:213(1/422.5)
  • 差枚数:-10609枚(平均-353.6枚)

 

考察

3回に2回は負ける

プラス1000枚以上のプラスも目立ちますが、やはり全体的に見ると大きく負け越しています。3000Gという短いスパンでの検証なのにも関わらず、3回に2回は負けるという客側に圧倒的に不利なデータが出ました。

BIGがヒキ弱だったことによるものかもしれませんが、REGが付いてきていない台がほとんどなので、こういったデータばかりであれば、実際のホールで座ってしまう可能性も低そうです。

 

20番が優秀

上記データのような台があったとして、勝負したくなるのは17番台と20番台です。17番台に関してはREGが引けなきゃすぐやめますが、20番台については結構引っ張ってしまいそうです。(実は設定2なんですけどね)

BIGを無視していくのであれば27番台も候補の1つではありますが、差枚数的にも少し怖いですよね。こういう台の場合は、もう少しREGが引けていてほしいという部分もあるでしょう。

極端な話をするとここから1000G間ハマったとしても、まだREG確率が1/300を切っているというのは、高設定ばりの挙動だと思いませんか?(とは言っても設定2なんですけどね)

こういう台に座って負ける分には仕方ないと思って割り切っています。あとは「高設定の可能性ありそうだな」と思って座ったとしても、決して高設定だと決め付けず、その後の挙動を注意深く観察し低設定の可能性が膨らんできたときには、被害を最小限に食い止めることが重要だと言えるでしょう。

 

90000Gでは厳しいか

設定1の方が優秀な台も多く出ましたし、トータルの被害も少なかったです。そのため90000Gのサンプルは、少し信頼度に欠けるかもしれません。

90000Gというよりも「3000Gでの判断には、それなりにリスクを伴う」ということなのでしょう。それでもREG確率1/300を上回れるかどうかというのは、いつの指標と言えそうですね。

差枚がプラスになっている台は、BIGのヒキ強が大きな要因となっていますので、こういう台を「プラスになっているから」という理由で座るのではなく、あくまでREG重視の立ち回りをしていけば、おのずと勝率は上がっていくのではないでしょうか。

 

最後に

たまに低設定でも20番台のような台が現れ、それに騙され負けてしまう可能性は当然あります。しかし、設定6に座っても負けることがあるのがスロットでありギャンブルです。必ず勝つ方法は存在しませんが、より勝ちやすい選択肢を選び続けることで、勝率も収支も間違いなく上がっていきます。

設定1や設定2はホールのメイン設定だと思われるので、いくら差枚数がプラス領域でも、本来の確率以上にBIGを引いたことによる出玉に惑わされず、REG出現率を見て立ち回りましょう。
 

アドセンス広告




アドセンス広告




関連コンテンツ



-アイムジャグラー, パチスロ

Copyright© はてなの果てに。 , 2017 AllRights Reserved.