はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

こんな野球漫画は見たことない!『ONE OUTS』の心理描写が秀逸すぎる

f:id:xx_mar0_xx:20170219025223j:plain

得てしてスポーツというのは、技術はもちろんですが精神面での強さも求められるうえに、実は「水面下での腹の探り合い」が重要な場面が少なくありません。それは「野球」に関しても言えることで、例えばバッティングで言うなら「来た球を打つ」というシンプルな考え方ができる一方で「ここに球を呼び込む」という駆け引きにも繋がっているわけです。

そんな心理戦・駆け引きを野球というスポーツに絡めて描いているのが『ONE OUTS(ワンナウツ)』という作品なのですが、とにかく驚きの連続で、野球が好きな人は「野球の新しい見方がわかる」でしょうし、野球を知らない人は「野球に興味が湧いてくる」と思います。というわけで今回は、ライアーゲームなどので有名な甲斐谷忍先生が描く『ONE OUTS』についてのご紹介です。

 

 

あらすじ

本作は近年物議をかもした『野球賭博』から始まる物語になります。場所は沖縄、米兵たちの間で流行っていた『ワンナウト』と呼ばれる「ピッチャーがバッターからワンナウトをとれるかどうか」という賭博において、連戦連勝していた日本人ピッチャー・渡久地東亜が、活躍の舞台をプロ野球に移して球団を日本一に導くというストーリーです。

 

渡久地東亜という男

f:id:xx_mar0_xx:20170219030600j:plain

コミックス1巻

野球賭博で連戦連勝しているということは、相当な腕を持ったピッチャーであることが想像されますが、この男は直球も100km/h程度のスピードで、目を見張るような変化球も持っていません。ただ「卓越した頭脳」と「狙ったとこに投げられるコントロール」で、バッタバッタと三振の山を築いていました。

実際の野球においても「コース」や「球種」がわかっていないと完璧に打つことは難しいと言えるので、それが逆に逆にいけるのであれば、確かに連戦連勝も可能なような気もしますが・・・。相手が変化球待ちなら迷わずに直球を投げ、内角待ちなら外角に投げる、そして直球を待っているのであれば「相手に疑念を持たせて、変化球待ちに変えさせる」という心理操作が巧みな男が主人公です。

 

見所

契約内容

f:id:xx_mar0_xx:20170219031655j:plain

コミックス2巻

とある出来事がキッカケでリカオンズと呼ばれる球団に入団することになった東亜ですが、契約金を渋るオーナーに対して「ワンナウト+500万円、1失点につき-5000万円」という契約を持ち掛けます。この内容であれば、打者3人でシャットアウトすれば1回につき1500万円ですが、バカみたいに失点する日があれば目も当てられません。

オーナーは昨年の最優秀防御率のピッチャーでもプラスマイナスゼロにしかならないことを見抜き、二つ返事でOKを契約書にサインをします。そして、ここから東亜の快進撃とリカオンズの奇跡が始まりました。読み進めていけばわかりますが、この時点で東亜は「ずっと無失点で切り抜ける自信があるというわけではなく、色んな思惑があったうえでこの契約を持ち掛けた」ということに気付いたとき、色んな気付きが得られるのでメチャクチャ面白いマンガだと思うはずですよ。

 

オーナーの妨害

f:id:xx_mar0_xx:20170219032320j:plain

コミックス2巻

本来であれば所有球団が快進撃を続けているわけですから、飛び跳ねて喜んでも良さそうなものですが、「ONE OUTS契約」が枷になって喜んでばかりもいられない球団オーナーは、あの手この手で東亜に失点するように仕向けます。

味方にわざとエラーをさせたり、追い込まれてからワンポイントで起用したり、何試合も連続で登板させたりなど、様々な妨害を仕掛けてくるオーナー。それらの窮地を巧みに抜け出していく東亜の姿は非常に大きな見所だと言えるでしょう。

 

東亜の心理操作

f:id:xx_mar0_xx:20170219033148j:plain

コミックス2巻

一時期メチャクチャ流行ったメンタリストのDaigoさんがテレビでやっていたことって、恐らくこういうことだと思うんですけど、東亜の策士ぶりが非常に面白くて勉強になります。例えば、クセが無くて打ち崩せないピッチャーに「あえてクセを作らせる」という逆転の発想は、まさに心理戦の真骨頂だと言えるでしょう。

例えば「嘘をつくときにまばたきをしがちになるから注意しろ」と指摘された人は、今後は意図的に「嘘をつくときはまばたきをしないようにする」わけで、それを野球に応用して思い通りにゲームを操作する感じは、すごくカッコ良く思えます。

 

チームメイトとの友情

f:id:xx_mar0_xx:20170219034432j:plain

最初は「何なんだよアイツ」みたいな白い目で見られていた東亜も、徐々にチームメイトとして受け入れられチーム全体が一丸となっていきます。これこそがスポーツ漫画の醍醐味だと思うのですが、本作ではさらに「東亜の心境の変化」というものも大きなお楽しみ要素なんですよね。

最初は金稼ぎの手段でしかなかった野球で、成り行きで仕方なくプロ野球に参加することになったものの、少しずつリカオンズというチームに愛着のようなものを感じるようになり、最終的には居心地が良いとさえ感じるようになっていきます。感情をあまり表に出さない東亜が人間らしくなっていくというか、温かみある色が付いていくような感じは、多くの人に読んでもらいたい部分です。

 

全20巻の満足できるボリューム

本作は単行本にして全20巻で構成されていて、長すぎず短すぎず、長編漫画にありがちなマンネリもなければ短編漫画にありがちな空腹感もありません。非常にバランス良く仕上がっていると言っていいでしょう。

個人的には非常に先行きが気になるマンガなので、まとまった時間を用意しての一気読みを推奨しますが、読むのにも非常に頭を使うジャンルのマンガです。特に文字数やコマ割りが多い訳ではないのに、大きな満足感が得られるのは驚きです。

 

最後に

ありがちなスポーツ漫画とはベクトルが大きく異なる異色のスポーツ漫画ですが、団体競技ならではの感動はしっかり押さえてありますし、心理戦が好きな人はもちろん、野球好きの人が読んでも楽しめる作品だと思います。

絵にちょっとクセがあって賛否両論ありそうですが、東亜のキャラに合ってるタッチだと思うので、もし絵の雰囲気だけで読まず嫌いをしている人がいるとしたら、騙されたと思って読んでみて欲しいですね。面白い作品ですので、興味の湧いた人がいましたら、ぜひ手に取ってみてください。