はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【感想・レビュー】新食感焼そばモッチッチの食感とソースが劇的過ぎた!

f:id:xx_mar0_xx:20170621113337j:plain

「真空仕立て麵」「まるで手作りのあの焼そば」というセールスポイントで、エースコックから新発売されたカップ焼そばモッチッチを購入してきました。

パッケージの見た目こそ、同じエースコックから発売されているJANJANと似ていますが、その味はどのように進化を遂げたのでしょうか。それでは、早速食べていきたいと思います!

 

 

開封しての驚き

f:id:xx_mar0_xx:20170621113854j:plain

まず開封して驚いたのが、同封されていたソースとふりかけです。ソースは液体ソースで、まぁここは普通にいいんですけど、ふりかけというのが斬新なような気がしました。

おそらく「OLのランチ」に照準を絞っているんじゃないかと思いますね。そこを考慮して青のりじゃなくしたんじゃないかと。

f:id:xx_mar0_xx:20170621113843j:plain

そしてキャベツは既にセッティングされています。キャベツの量は通常のカップ焼そばと比較すると、メチャクチャ多いです。これには驚きました。

麺の感じは、現時点では目立って特別なことはありません。

f:id:xx_mar0_xx:20170621115150j:plain

ちなみに栄養成分表はこんな感じで、1食99gというボリュームのせいもありますが、カップ焼そばにしては異例の400kcal程度のカロリーです。これは完全に女性向けの商品として意識されているような気がします。

 

お湯捨て

f:id:xx_mar0_xx:20170621114854j:plain

蓋裏に付くキャベツは予想通りです。普通のカップ焼そばであれば、麺の裏にかやくを仕込んだり、あるいはお湯を注いだ後でかやくを入れれば蓋裏に付かないんですけど、モッチッチの場合は最初から散りばめられているので、メチャクチャ蓋裏にくっつきます。ここは正直言って「う~ん」という感じです。

自分で食べる前に取ればいいんですけど、色んなメーカーがキャベツを麺の間に仕込んだりして、「なるべくストレスフリーで食べられるように」っていう工夫をしている中で、なぜここを手抜いたのか・・・ちょっと残念でした。

f:id:xx_mar0_xx:20170621120509j:plain

キャベツの暴れっぷりはさておき、麺はこんな感じです。

良く言えば「モッチモチ」かもしれませんけど、悪く言えば「ベチャベチャ」です。ちゃんと規定時間の5分を計って調理しましたので、伸びたとかそういうことはありません。

f:id:xx_mar0_xx:20170621120732j:plain

ここにソースとふりかけを投入します。ふりかけは特にインパクトもなく、あまり印象に残りませんでした。たぶんですけど、焼そばに相性が良いとされている紅ショウガなんかは使われていなかったと思います。

一方のソースは殺人級のイイ香りです。これは本気のやつです。普通のソース焼そばでも殺人級の香りを放ちますけど、それと比較しても群を抜いて食欲をそそります。

だしがメチャクチャ効いている感じなので、同じオフィスで食べられた日には・・・。ダイエット中の人がいる近くでは食べない方が、人間関係を壊さずに済むと思いますよ。それくらい破壊力が凄まじい香りです。

 

実食しての衝撃

モッチッチの言葉に偽り無し!

f:id:xx_mar0_xx:20170621120031j:plain

麺の食感に関しては「まさに新食感!」という感じで、通常のカップ焼そばという考えで食べると、とてつもない衝撃を受けると思います。

とにかくもちもちしていて、個人的にはメチャクチャ美味しいと思いました。手作りの焼そばとは言っていますが、インスタントの袋焼そばの麺みたいな感じですかね。

本当に家で作るような、1袋3食入りで麺と粉末ソースだけが入っている焼そばという感じではありません。でも、うまい!

※ちなみにインスタントの袋焼きそばは、↓みたいなやつのことです。

 

ソースが美味すぎる!

f:id:xx_mar0_xx:20170621121720j:plain

個人的には「粉末ソースはムラができるけど、さっぱりした味付けになる」という印象で、液体ソースは「まんべんなく味が付くけど、後半の味の濃さがしんどい」という、カップ焼きそばを食べるうえでは解決できないくらいの大きな悩みを抱えていました。

そのため、液体ソースの場合は一気に全部を入れるということはしないんですけど、本製品の場合は全部入れてもOKです。変にソースのしょっぱい感じがなく、だしが効いててメチャクチャ美味しいソースです。

ちょっと甘くて優しい味という表現がしっくりくるかもしれません。私は上記画像のような茶色すぎる部分は味が濃すぎてあまり好きじゃないんですけど、本製品は普通に美味しいと思いました。

 

縦型のパッケージは冷めにくいらしいけど・・・

通常のカップ焼そばとは全く違う形状のパッケージが目を引きますが、どうやらこれは「冷めにくくするために考えられている形状」みたいですね。

ただ、通常のカップ焼そばよりも量は少ないですし、そこそこ大食いを自負するような男性であれば2つ3つは食べられるくらいの量でしかありませんので、冷めにくいというのが大きなメリットかどうかと問われたら微妙だと思います。

食べるのが遅い女性や子供で、かつ「食べ物は熱いのじゃなきゃ嫌だ!」という人ならいいかもしれませんけど・・・。パッケージの紙とプラ部分をワンタッチで分離できるのは嬉しいですね。

 

最後に

これは、近いうちにもう1回食べたいと思いました。麺だけなら袋焼そばで事足りるとは思いつつも、モッチッチ特有のソースにやられてしまいましたね。このソースは美味しいと思います。

手作りを謳う割には具材もキャベツだけですし、寂しい感じは否めません。それでも通常のカップ焼そばにはない麺の食感と、だしが効いているソース味は堪能する価値がありますよ。

気になっているという人であれば、食べて損はないでしょう。ぜひ、お試しください。