はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

「LEEビーフカレー 辛さ×10倍」はそこまで辛くないし、普通に美味しいと思う

f:id:xx_mar0_xx:20170224132736j:plain

基本的にカレーは、常識の範疇で辛ければ辛いほど好きです。幼少の頃に「辛さ〇〇倍」という謳い文句の商品を食べて、ものすごく辛くて食べれなかったという過去があり、軽いトラウマになっていました。

それから20年近くが経過して、それまで意図的に避けていたにも関わらず、あまりにも安かったので買ってみたんですよ。そしたらメチャクチャ美味しくて、それ以来というもの何度かリピしています。辛いのが好きな人には是非オススメしたいですね。

というわけで今回は、グリコから販売されている『スパイスで極めた旨さ LEE ビーフカレー 辛さ×10』を感想・レビューを踏まえて紹介したいと思います。

 

 

10倍ってどのくらいの辛さなの?

買うのを躊躇する人がいるとしたら、間違いなくここが引っ掛かってるからだと思います。確かに「10倍」って聞いたらすごそうなイメージあるじゃないですか?「今の仕事量の10倍」を求められたらとんでもないことになりそうですし、「今のお給料の10倍」になるなら生活が180°変わると言っても過言ではないでしょう。

このLEEの辛さ×10倍に関しては、普段から辛口カレーを好んで食べる人からすれば「あ、意外と大したことないね」って思う人が多いと思います。ココイチで言えば2辛程度でしょうか。とりあえずビビるほどの辛さでないことは確かです。

家でカレールウを使用してカレーを作っているという人であれば、それがジャワカレーなら本製品も普通に食べられると思います。「激辛」などと謳っていないカレールウの中では、ジャワカレーの辛口がかなり辛い部類のカレーだと思うんですけど、それより少し辛いくらいですね。バーモントカレーの辛口にかなりの手応えを感じるという人は、危険信号です。

 

食欲をそそるカレー

f:id:xx_mar0_xx:20170224134358j:plain

こちらは私がよく好んで食べる方法で、ご飯は1合にピリ辛ソーセージ(ウインナー?)を添えています。レトルトパウチにソーセージは入っていないので注意してください。

さて、肝心のカレーですが「スパイスを40種類使用」しているとのことで、通常のレトルトカレーとは全く異なる味わいになっています。スパイスを使用しているカレーって聞くと、よほどイイ香りがするか受け付けないかのどちらかであることが多いんですけど、全くクセの無い香りで食欲が刺激されますね。

カレーソースの色味については、少し黒っぽくて油の雰囲気なんかがメチャクチャ辛そうに見えますが、よくあるブラックカレーのような風味は一切ありません。シャバシャバしすぎずドロっともしすぎず、個人的には1合くらいの白米が丁度いいと思ってます。内容量は180gです。

 

具材にはビーフ

f:id:xx_mar0_xx:20170224135444j:plain

具材には玉ねぎなんかも使用されているようですが、ペースト状になるまで煮込まれているとのことですので、目で見て確認できるのはビーフのみになります。このビーフに関しては数えたことはありませんが、1つ2つではないように思いました。それなりの歯応えを残しつつ、しっかりビーフが感じられる味わいになっていると言っていいでしょう。

ただそれでもやはり寂しい感じは否めないので、私のようにソーセージ(ウインナー?)を足してもいいでしょうし、ちょっと辛いと思ったら卵焼きor目玉焼きを乗せると辛さもマイルドになって美味しく食べられると思いますよ。

 

この上には20倍も

LEEには更に辛い20倍のカレーも存在しています。今回紹介しているカレーの2倍の辛さということになりますが、あくまで個人的なことを言わせてもらえば「そんなに変わらない」と思いました。心底「辛いのが食べたい!」という気分なら20倍を選ぶようにしています。

20倍って聞くと構えてしまいがちですけど、こちらもココイチでいうところの3辛程度のような印象です。普通に売られているレトルトカレーの辛口に対して「全然辛くないじゃん」って言えるレベルの人なら、辛くて食べられないってことにはならないでしょう。

 

最後に

個人的には10倍<20倍ですが、ただイタズラに辛いだけではなく、しっかりとスパイスも感じられて、とても美味しいレトルトカレーだと思います。

10倍とか20倍と言われるととんでもない辛さを想像してしまい、あまり手を出せなかったという人も少なくないと思いますが、私としてはそこまでビビる必要のない辛さだと思いますし、万が一辛くても卵を乗せれば十分に軽減できる辛さだと思っています。「辛いカレーが好きだけど、試したことがない」という人には、ぜひ試して欲しいですね。