はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

「自衛隊を辞めたけど人生楽しめてるし、なんとかなってるよ」って話

f:id:xx_mar0_xx:20170516165647j:plain

この記事を書いているのはゴールデンウィーク直後で、いわゆる「五月病」という病が猛威を振るっている時期なんですけど、みなさん仕事を辞めたくなっていませんか?

今回は特に「自衛官」の方に向けて書きたいと思います。その中でも特に「自衛隊を辞めようかどうか悩んでいる」という人に向けて書きます。私自身、20代の前半は陸上自衛隊に所属していて、結果的にはまぁ辞めちゃったんですけど、辞める時にはそれなりに不安がありました。

私の場合は3月に退職したので「夏頃には辞めることを決め、そこから半年は左遷されながらも何とか職務を全うして退職」したわけですが、人によっては「もう限界だ!」という人も多いハズ。

というわけで今回は、現職自衛官の方で「辞めたいけど、どうしたらいいかわからない」「辞めたいけど、別の仕事に就けるか不安だ」という人へ向けて「自衛隊を辞めたけど、何とかなるもんだよ」って話を書きたいと思います。

※辞めることを推奨するものではありません。

 

「シャバは不景気でキツいぞ!」の9割はガセ

私がやめる時は、あの手この手で退職を食い止めるための説得がありましたが、大体の幹部、あるいは先輩が「シャバは不景気でキツいぞ!」と言ってきました。でも、よく考えてみてください。それを言った人、一般社会で仕事した経験がある人ですか?

自衛隊では、自分より年下でも先輩であれば「自衛隊歴が長い=偉い」ということになりますから、先輩の中には「すべてにおいて上回った存在だと勘違いする人」が多いです。そういう人と四六時中接していることで、知らず知らずのうちにマインドコントロールされている部分って多少なりあると思うんですよね。

それが結局「先輩はなんでも知っている」というような錯覚に陥ってしまうパターンになってませんか?その人が一般社会と自衛隊を比べて物事を判断できるのであれば、問題ありませんが、大半は「自衛隊の中のことしかしらない堅物」が多いです。それに百歩譲って一般社会を知っていたとしても、その人にとってはそうだったというだけですから。

逆にそんなことを言われたら「じゃああなたは自衛隊を定年退職して、体力も落ちてきて1番しんどいときに、そのキツい世界に飛び込もうとしてるんですか?」と聞いてみましょう。←冗談です。

 

いつ辞めるかの違いでしかない

生涯自衛隊に骨を埋めると言ったところで、今の定年は何歳ですか?私が辞めた当時は55歳でした。奇しくも一般社会では「現役世代」と言われているバリバリ働く年齢に当たります。

私が当時、自衛隊の幹部たちから聞かされていたのは「自衛官は節度があって礼儀正しく、規律にも厳しいから一般の会社でも人気がある」と聞かされていましたが、実際に一般社会に出てみて、それはないんじゃないかと思っています。

「新卒でもない限りはスキルを思っていて当然」くらいの感じで見られる会社も多いですし、そもそも礼儀が正しくて規律を守るなんてのは社会人として当然です。現にあなたの所属する部隊の定年を控えた上官は、再就職先が決まってますか?

いずれにしても辞めた後は隠居生活・・・なんてのは現実的にも難しいんじゃないかと思います。かならず再就職はしなければなりません。辞めた私からしたら「それが早いか、うん十年後かってだけの話」です。

 

私が自衛隊を辞めた理由

f:id:xx_mar0_xx:20170516193337p:plain

  • 宴会がとにかく苦痛
  • 仕事が楽しくない
  • 常識のない大人が多いような気がする
  • 二十歳を過ぎて「挨拶したorしてない」でケンカになる世界に嫌気が差した・・・etc

他にも色々ありますけど、一言でまとめると「この世界であと30年間やっていくのが、無理なような気がした」という理由に尽きます。お酒が飲めなかったので、とにかく宴会は辛かったですし、みんなの前でやらされる余興も結構きつかったです。

私は根本的に自衛隊に馴染めない人間だったんだと思います。自衛隊って普通の人とは違う感性を持った人が多いような気がしたというか、言葉を選ばずに言うなら「井の中のジャイアン」的な。お山の大将気質の人って言うんですかね。

私は後輩でも年上の人にタメ口で喋れなかったり、人に対して「お前」と呼ぶのは抵抗があったので、色んな面でも向かなかったんだと自分でも思っています。

 

辞めて後悔していないか

正直な気持ちで「辞めて後悔していない」とハッキリ言えます。ただ「続けられるんだったら続けた方がいい」とも思います。私は直感的に無理だと思ったので辞めましたが、「辞めなきゃよかった」と思ったこともなければ、「辞めて良かった」とも思っていません。

自衛隊で山ほど理不尽な経験をしたから、今の仕事で役に立っている部分もありますし、自衛隊の頃に知り合った人の中には未だに交流を持っている人もいます。そういう財産もしっかり残っているので、入隊したこと自体を後悔している気持ちも全くないですね。

辞めると決断した当時は「人生の大きなターニングポイント」のように感じましたけど、今思えば全然大したことないですよ。

 

最後に

自衛隊って簡単に辞めさせてくれない感がありますけど、毅然とした態度で「辞めたい」って意志を伝えたら、ちゃんと辞めさせてもらえます(くれぐれも脱柵などはしないように)。

案外「辞めたい、辞めたい」って言っている人間が続いたりもするので、そういうのを吐き出せないような変に真面目な人間が1番追い詰められてしまうんじゃないかと思いました。自衛隊では「辞めたらこの世の終わりだぞ」みたいに言われる人も多いでしょうけど、そんなことはないですよ。どうにでもなります、大丈夫です。