はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【オススメ】デザイン重視から本格派まで。かき氷器まとめ【自動】

f:id:xx_mar0_xx:20160429150455j:plain

(2016/06/18内容修正・追記しました)

 

かき氷のシロップって、色と香りが違うだけで味は全部一緒ってご存知ですか?果汁を一切使ってない昔ながらのタイプのもの限定の話になりますが、それを聞いて驚いてしまいました。

そのときにかき氷のシロップを色々調べていたら、今やオシャレな味のシロップが数多く出てるんですね。その辺のスイーツショップで出てきてもおかしくなさそうな名称のものばかりでした。

それを知ってしまったからには「今年の夏は、かき氷しかないでしょう!」ということで、カキ氷器にも様々な種類があります。今回は電動編のまとめです。もちろんバラ氷でも削ることが可能なものを集めています。

勝手に削ってくれるので手間もコストも抑えながら、美味しいかき氷が食べられるので、間違いなくオススメです。今回は、かき氷器のまとめ(電動編)をお送りします。

 

手動の物が欲しいという方は↓の記事をご覧ください。

 

 

シンプル

オーソドックス

  • 安価なハンディタイプ
  • 場所を取らないコンパクトなサイズ

 

コンパクト

  • シンプルで使いやすい
  • シャリシャリ氷が好きな人向き

 

シック

  • デザインが大人っぽい
  • 片手で削れるハンディータイプ

 

レトロ

  • レトロなデザインが可愛い
  • かなり高性能
  • ふわふわのかき氷が作れる

 

リッチ

モノトーン

  • 高級感あるデザイン
  • 調整つまみで氷の粗さが簡単に変更できる

 

ディズニー

  • キャラクターっぽさがないがディズニー
  • 洗練されたデザイン

 

キャラクターもの

  • 好きなキャラクターにかき氷が作ってもらえる
  • 好きなキャラの商品があればオススメ

 

アイスクラッシャー

  • かき氷機ではなくアイスクラッシャー
  • ジュース、カクテルにオススメ

 

最後に

今回は電動の物を集めてみました。手動でやらなくても自動で削ってくれるのが大きな魅力です。手動の物だとどうしても手間だったりするので、力も時間も使わずにかき氷を作ってくれるのは非常に助かります。

アイスを買うのに比べてリーズナブルですし、シロップを変えることで多くのバリエーションが楽しめる、かき氷もオススメですよ。今年の夏は、かき氷で乗り切りましょう。