はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

無印良品のカップラーメン『バターチキンカレー味』を食べた感想・レビュー

f:id:xx_mar0_xx:20160815014754j:plain

(2016/08/17内容追記しました)

 

遂に無印良品からカップラーメンが登場しました。基本的に無印良品から発売されている食品関係のものって、どれもハズレ無く美味しいと思いますが、今回の期待度は相当ですよ。

なんと言っても、既に販売されていて絶大な人気を誇っているレトルトカレーの『バターチキンカレー』『グリーンカレー』の2種類が、カップラーメンになって登場したとのことです。

「カップ麺好き&カレー好きとしては見逃せない!」ということで、早速購入してきました。簡単に食レポというか感想・レビューのようなものを書いてみたいと思います。

 

 

無印良品のレトルト製品

当ブログでも、無印良品から販売されているレトルトカレーを何種類か食べていますが、非常にクオリティーが高いんですよね。

しかし金額はそれなりにして、高いものだと1食分500円というものもあるんですけど『素材を生かしたカレー』という謳い文句で「化学調味料・合成着色料・香料不使用」というのも、大きな魅力になっているのではないでしょうか。

特に人気のあるのがこちらの『バターチキンカレー』で、私がよく足を運ぶ店舗の売れ筋ランキングでは、ずっと1位のような気がします。

それが今回、カップラーメンとして新たに登場したということですから、当然ながら大きな期待を寄せてしまうのは必然と言えるでしょう。

 

商品概要

商品説明

化学調味料不使用のラーメンです。トマトの酸味と程よいスパイス感を生かし、まろやかな味わいに仕あげました。

カップラーメンのおいしさはそのままに、化学調味料も合成着色料も使わずに作りました。

カレーでおなじみのバターチキン味とグリーンカレー味の2種類を、ラーメンでおいしくたべられるよう、それぞれの特長であるスパイスをしっかりつかって、素材の味わいや香りを表現しました。

 

栄養成分表(1食79g当り)

  • エネルギー:376kcal
  • たんぱく質:8.6g
  • 脂質   :18.0g
  • 炭水化物 :44.9g
  • ナトリウム:1.7g
  • 食塩相当量:4.3g

 

実食

パッケージ

f:id:xx_mar0_xx:20160815020617j:plain

大手スーパーにおける『独自ブランド』の安いカップ麺あるじゃないですか?見た目はそんな感じで、パッケージとしてのインパクトは非常に弱いと思いました。

少なくとも、事前情報とか無しに手にとった場合に「これ、美味しそう!」と言って手に取るような魅力は感じませんでしたね。

まぁ「シンプルイズベスト」という言葉もありますし、パッケージ下部の写真なんかは、食欲をそそってくるので、期待度大です。

 

風味オイル付き

f:id:xx_mar0_xx:20160815021236j:plain

フタの上には『風味オイル』なるものが付いてきます。これを剥がすと、フタのデザインも真っ白で無機質なものになるので、本当に「シンプルなデザイン」のカップラーメンだと思いました。

こうやって見ると本当に安っぽいカップラーメンにしか見えませんけどね・・・。果たしてどうなんでしょうか。

 

普通のカレーラーメンの香り

f:id:xx_mar0_xx:20160815021612j:plain

フタを開けたときに漂ってくるほのかな香りは、まさに「カップラーメンカレー味の香り」さながらです。

特別「バターの甘ったるいような香りがする」というわけでもなければ「トマトの酸っぱい香りがする」というわけでもありませんでした。

本当に日清のカレーヌードルみたいな感じがしましたね。大きく違う部分としては、鶏肉とトマトの固形物が目を引くという部分でしょう。

ニンジンじゃなくて、トマトです。

 

風味オイルは超独特!

f:id:xx_mar0_xx:20160815021949j:plain

お湯を注いで3分経過後に、風味オイルを投下した直後の画像です。カレーのいい香りが漂ってきます。

見た目ではバターを感じさせるような優しい黄色をしていますね。見た目からしてマイルドそうな味わいを期待させてくれます。

ただ風味オイルが、とても変な感じがしました。香りがメイプルシロップみたいな甘い香りって言うんですかね。思わず首を傾げてしまう感じです。

そして、混ぜるともっと面白いことに・・・。

 

感想

f:id:xx_mar0_xx:20160815022243j:plain

「ラー油が浮いてるような鮮やかな赤」に染まりますが香りは甘いという、なんとも不思議な感じです。肝心の味はというと「普通に美味しい」と思いました。

ちょっと不自然な甘さはあるものの、ほのかにとろみのあるカレースープが麺とうまく絡んで味わい深くなっていますし、ほどよい酸味とほど良いスパイシーさが見事にマッチしています。

食べる前はあまりにもトマト感を前面に出してくるので、酸っぱいのが得意でない私としては警戒していましたが、実際に食べてみたら絶妙なバランスだと感じました。酸っぱいのが苦手な人でも美味しく食べられるはずですよ。

特筆すべきは「レトルトカレーの良い部分が見事に再現されている」という点です。レトルトのバターチキンカレーが美味しく感じたと言う人は、間違いなく美味しいと感じるでしょう。

今回は試せませんでしたが、残ったスープにご飯を入れても美味しいと思います。そして近々、間違いなくリピすると思いますね。

あ、辛さレベルは5段階中2ということですので、全然辛くありません。辛いのが苦手な方でも安心して食べられる程度の辛さでした。

 

注意点

甘さの正体が気になって成分表を読み込んでいたら、甘味料である『スクラロース』『アセスルファムK』の記載がありました。

公式ホームページのレビュー欄にも同じことを書いてい方がいましたが、気にする人は気にすると思うので、注意が必要です。

 

同時発売のグリーンカレー味(2016/08/17追記分)

同時発売された『グリーンカレー味』についてもレビューを書きました。こちらも辛さとレモンの風味が特徴的で、美味しかったです。

個人的な好みではありますが、どちらかを推すとしたら、私は『バターチキンカレー味』を推しますね。

 

最後に

非常にマイルドで美味しかったです。金額は200円とのことなので、決して安い金額ではありませんが「間違いなくリピしたい!」と思えるような魅力があるカップラーメンでした。

ただし、化学調味料・合成着色料不使用とは言っても、麺はノンフライ麺ではありませんし、間違いなく健康には良くないと思います(笑)

バターチキンカレーが好きな方、トマト感が好きな方、カレーラーメンが好きな方・・・是非とも試してみて下さい。

※トップ画像や商品説明文は公式ホームページのものを使用しました。(http://www.muji.com/jp/) 

 

無印良品のプーパッポン(蟹と卵のカレー)を食べてみた感想・レビュー - はてなの果てに。