はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

ツルツルの肌を目指せ!炭酸風呂で身体も心もリフレッシュしよう

f:id:xx_mar0_xx:20160512002933j:plain

(2017/02/05更新しました)

最近、炭酸水の効果が凄くて驚いています。スポーツをして汗だくになった後の炭酸水でのシャンプーが病みつきになりました。暑い時期なんか特に最高でしょうね。そこで思ったんです。「炭酸水のお風呂に入ったら気持ちいいんじゃないか?」と。というわけで今回は『炭酸水のお風呂』に関するお話です。

 

 

炭酸水のお風呂

通常、水道水で満たされているお風呂が炭酸水で満たされていたとしたら、なんだか気持ち良さそうじゃないですか?シュワシュワする泡が、いかにも全身の汚れを落としてくれそうですし、ジャグジーにも似たマッサージ効果さえ兼ね備えていそうです。

炭酸湯という名称で売られている入浴剤なんかは、いわゆる炭酸風呂として有名で、バブなどを使用したことがある方はお分かりだと思いますが、お風呂に入れた瞬間にシュワシュワしますよね?あれも立派な炭酸風呂の1つです。この炭酸風呂が、美容や健康に大きな影響を与えてくれるんです。

 

炭酸風呂の効果

血行促進

お風呂に溶け込んだ炭酸成分により、血中の二酸化炭素濃度が高くなります。それを受けて身体は「酸素の供給をしなければならない」ということで、血管を拡張し血行を促進させるという仕組みです。ちなみに炭酸風呂の温度にもよりますが、ここでの血行促進は二酸化炭素の効果によるものなので、体温や血圧の上昇に関わらず血行を促進させることができます。そのため、温度は通常よりも若干ぬるいくらいがベストです。

そして、血行の促進は代謝のアップやむくみの解消、さらには肌のハリ・引き締め効果、冷え性の改善にも効果的です。血行が良くなることで老廃物が運ばれ、細胞が活性化します。そのため、新陳代謝を促す結果に繋がるのです。これらの効果を踏まえると、炭酸風呂は美容やダイエットに非常に高い効果を発揮していると言えるでしょう。

 

疲労回復

ヒートショックプロテインと呼ばれる『熱から体を保護したり、細胞を保護したりする物質』が、真水のお風呂に比べて生成されやすいです。色んな分野で身体を保護してくれている物質が生成されるため、細胞がリフレッシュされ、それが疲労回復へ向かうというメカニズムです。

しかし、ここで注意したいのが入浴時間です。「今日は疲れたから、長時間お風呂に入ろう!」というのは止めましょう。疲労回復を見込んで長時間の入浴をしたとしても、身体への負担を増やしてしまうだけで逆効果です。なるべく30分以内が望ましいですが、くれぐれも長時間の入浴には注意してください。

 

入浴剤を使った炭酸風呂

入浴剤

一部の入浴剤には炭酸成分が含まれているため、簡単に炭酸風呂を堪能することが可能です。手軽に試せる価格帯であることから、これまで記述してきた数々のメリットを手軽に体感できる代表的な手段と言えるでしょう。なにより「色」や「香り」でバスタイムも充実しますからね。

「肩こりなどに効果がある」とされているのは、炭酸成分によって血行が促進されることで、肩こりなどの改善効果が見込める為です。そこに、それぞれの入浴剤に含まれているマグネシウムやカリウムなどのミネラルが相乗効果をもたらしてくれるわけですから、使わない手はないと思います。

タブレット

自然炭酸泉を科学的に解析し、家庭で気軽に重炭酸入浴を楽しんで頂くために研究開発して2009年に誕生。

世界で初めて重曹とクエン酸の錠剤化に成功した全く新しいタイプの洗髪・洗顔にも使える高機能な高級美容「重炭酸入浴料」です。

(商品紹介ページより)

高級美容「重炭酸入浴料」を謳っているくらいですから、結構なお値段でした。この商品の魅力は、香料や着色成分などの余分な成分を一切含んでいないことと、完全中性の入浴剤であることです。入浴剤は、ものによって家庭用ボイラーにダメージを与えてしまうものが存在しますので、こういうカタチで『家庭用ボイラーに害がない』と記載してくれている場合は、安心して使えますよね。

炭酸湯というのは高い効果が見込める反面、敏感肌の人にとっては刺激が強すぎる可能性もあるため、そういう人は使用する入浴剤を選ばなければなりませんが、本製品に関しては肌に対して低刺激なので、問題なく使用できるでしょう。

手作り

入浴剤を使用しない

上記で紹介した入浴剤だと「香りが付いているものが苦手」という方や「タブレットの物は少し金額的に高い」という方もいらっしゃるかと思います。そんな人には『手作りの炭酸』がオススメです。「お風呂の水を炭酸水に変えれば、炭酸風呂の完成」という至ってシンプルな方法なのですが、手作りであれば炭酸水は非常に安く作れるんですよね。用意するのは重曹とクエン酸だけですし、誰でも簡単に作れます。

 

実際に作ってみる

  • 重曹:大さじ2杯
  • クエン酸:大さじ1杯

浴槽の大きさにもよりますが、大体は上記の量で十分だと思います。刺激の強弱に関しては、浴槽の大きさや自身の感覚と合わせて微調整してください。ただし、あまり刺激を強くしてしまうと肌に悪いということも考えられるので、注意しましょう。

また、お風呂の温度に関してですが、序盤にも書いたように血行促進の最大のメリットを得るためには『熱すぎない温度』がベストです。さらに炭酸ガスは「温度が高いと溶けにくく、抜けやすい」という性質を持つため、40℃以下での入浴が望ましいと思います。ちなみに、この方法で炭酸風呂にした場合は効果が短いので、なるべく早く入浴を済ませることが必要です。

 

注意事項

重曹とクエン酸の入れすぎ厳禁です。材料自体は決して危険なものではありませんが、分量を多くすればするほど炭酸ガスの発生量も増えてしまいます。分量を極度に増やさないこと、それから入浴中も換気することを心がけましょう。また、この方法で炭酸風呂にした場合は残り湯が酸性のため、洗濯に使用してしまうと大事な衣服に影響があるかもしれませんので、ご注意ください。

 

最後に

炭酸風呂は疲労回復や美容に高い効果を発揮してくれます。何より入浴を楽しくしてくれるのも魅力の1つです。入浴剤の類を一切使用しないという方も多いかとは思いますが、無香料のものや家庭用ボイラーを痛めないものもあるので、興味がある方は試してみてください。