はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

「ご飯を我慢せずにダイエットしたい!」という人に炭酸水がオススメ

f:id:xx_mar0_xx:20160621204620j:plain

(2017/02/02内容更新しました)

「できることなら、楽して痩せたい」と考えるのは、人間として当たり前のことです。しかし「あれも食べたい!これも食べたい!」では、なかなか痩せることが難しいのも事実でしょう。世間では『〇〇ダイエット』というものが流行っては廃り、次々に色々な種類のダイエット法が出てきます。そのなかには、効果があるものから効果がないどころか逆効果なものまで様々でした。

人によって合う・合わないも当然ありますし、参入障壁が高ければ高いほど億劫になり、手軽に取り組めるものだと効果のほどが怪しかったりしますよね。今回は、私が体験してきたダイエットの中でも簡単にできる&ピカイチの効果を発揮した『炭酸水ダイエット』について、ご紹介します。

 

 

炭酸水ダイエットとは

食前に炭酸水を飲むだけ

f:id:xx_mar0_xx:20160908143555j:plain

食前に炭酸水を飲むだけのダイエット法です。簡単かつ効果があるダイエット法と言ったら、私の中では真っ先にコレが浮かびます。飲料系のダイエットとして有名なのはトクホ系でしょうか。いわゆる「脂肪をつきにくくする」とか「脂肪を分解する」とか・・・トクホの謳い文句では「食べたものをリセットする」というニュアンスで紹介されていますよね。今回ご紹介する炭酸水ダイエットとは、これとは根本的に違い、単純に「食欲を抑える」というダイエット方法です。

 

メカニズム

通常の水と違って炭酸水は発砲しているので、お腹にたまります。実際やってみたらお分かりいただけると思いますが、炭酸水をガブ飲みした後で少し時間をおくと、満腹感が得られて必然的に食事量が減るんですよね。

例えば「定食屋さんでは、いつも大盛りを頼む」という方に、昼食30分ほど前に結構な量の炭酸水を飲んでもらいます。すると普通量でも満足できるという結果になるので、摂るカロリーが減るという仕組みです。大盛りにすると100円増だとすれば、70円で炭酸水を買ったとしても、金銭的に30円浮きますし、なによりカロリーを摂り過ぎなくて済みますよ。

 

メリット

無理をしていない

f:id:xx_mar0_xx:20160908144033j:plain

1番のメリットはここですね。本来であればダイエットにおいて、1番苦痛を感じる部分である『食欲』に対して、なんら我慢する必要がないという部分です。「好きなだけ食べても結構です」とは言い難い部分がありますが、普段8分目くらいにしている量で満腹感が得られるようになります。

食べるという行為を我慢していないのでリバウンドしてしまう恐れもありませんし、満足できる分だけ食べているわけですから、普通に継続することも簡単です。その結果、無理のないダイエットの実現に繋がるというわけですね。

 

誰でも簡単に始められる

難しい器具とかが一切必要ありません。どこにでも売っている炭酸水を飲むだけですから、誰でも簡単に始められます。そのへんのスーパーに行けば、500mlあたり100円以下で購入できますよね。

ダイエット器具の類と違って、初期費用がかからないのも嬉しいポイントです。「普段飲んでいる飲料水を、炭酸水に替えるだけ」と考えれば、そこまで費用もかかっていませんし、お財布にも優しいと言えるでしょう。『なんとかザップ』に入会してウン十万のお金を払いながら、ケトジェニックダイエット(糖質制限ダイエット)をするよりも全然いいと思いますよ。

 

デトックス効果も

炭酸水を飲むことで全身の血行が良くなるので、身体の内側から綺麗になる『デトックス』のような効果も見込めます。美容に気を遣っている女性には、特に嬉しい側面ではないでしょうか。疲労回復や便秘解消にも良いとされているので、2重にも3重にも嬉しい効果があると言えるでしょう。足のむくみに悩んでいる人にもオススメです。

 

注意点

糖分を含まないものを飲むこと

f:id:xx_mar0_xx:20160908144909j:plain

「実際にカロリーを摂取していないにも関わらず、満腹感が得られる」のがメリットなわけですから、その炭酸水自体に大量の糖分やカロリーが含まれていたのでは意味がありません。意味がないと言うより、下手すれば逆効果じゃないでしょうか。ここで飲む場合の炭酸水は、糖分が含まれていないものを選ぶようにしてください。

よく勘違いされているのは『いろはす サイダー』です。こちらは、ほのかに味付けされていて、しっかりカロリーもあるので、今回の炭酸ダイエットには向きません(味自体は美味しい商品です)。

 

大量に飲むこと

もしこの『炭酸水ダイエット』に大きなデメリットがあるとすれば、1番のデメリットは「大量に(それなりの量を)飲まなければならない」という部分かもしれません。実は、炭酸水には『食欲を増進させる効果』もあります。簡単に言うと「炭酸ガスの影響で胃の動きが活発になり、脳の中枢神経が刺激されることで食欲がでる」というもの。オシャレなレストランで出てくる食前のスパークリングワインの果たす役割がこれです。

そうならないためにも、食前には割と多めの炭酸水を飲まなければなりません。私は500mlを一気に飲んでいました。それができる人には、非常に効果がある方法と言えるでしょう。女性の方で「一気に500mlも飲めない」という方は、炭酸のGV(ガスボリューム)が強いものを200mlほどでも効果が見込めると思います。(200mlくらいなら飲めますよね?)

炭酸水メーカーを使えば、炭酸の強度も自在なので1番楽なのですが、もし市販されているものの中から選びたいと言う人には『KUOS』がオススメですね。

 

飲むタイミング

外食前

思いのほか食べてしまってカロリーを摂り過ぎてしまうことが多い『外食』の前に飲むのが非常に効果的です。できることなら30分前くらいに500ml程度の炭酸水を飲んでおけば、実際に席についてメニューを見ている頃にはある程度の空腹感が消えているので、頼み過ぎてしまうということはなくなるでしょう。私の場合は、外食するつもりが炭酸水でお腹が膨れて、パンだけで十分になったということも結構ありましたよ。

 

夕食前

1日の食事の中で1番控えめにしたい『夕食』の前に飲むのも効果的です。ダイエットをするうえで邪魔になるものの1つが『お酒』ですが、炭酸水をたらふく飲んだ後でお酒を大量に飲む気にはなれません。そして、あとは寝るだけという状況のなかで「夜はついつい食べ過ぎてしまう」という方も多いのではないでしょうか。炭酸水の力を借りて夕食を控えめにすることで、翌朝を空腹状態で迎えると、目覚めが良くなりますしオススメです。

 

深夜

寝る直前になって「小腹がすいてしまう」ということは、多いと思います。そんな時には炭酸水を飲みましょう。ここで摂取するカロリーはほとんど消費されないので、お菓子を始め『何かを口にする』ということは、できたら避けたいところです。

炭酸水を多めに飲んで「それでも食べたいという欲求が残っていれば食べる」という線引きをしてみてもいいかもしれません。大抵が必要なくなるかと思いますが、もし食べたとしてもごく少量で済むはずですよ。

 

最後に

健康的なダイエットをするには『適度な食事制限』と『適度な運動』が最も効果的です。それらを習慣化させることで、限りなく太りにくい状況を作ることも可能でしょう。「どんなダイエットに挑戦しても長続きしない!」という人は、炭酸水ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?