はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

掃除や洗顔など幅広く大活躍!簡単で手軽な炭酸水の作り方

f:id:xx_mar0_xx:20160511160201j:plain

(2016/07/07更新しました)

 

何にでも使い勝手のいい炭酸水ですが、毎回スーパーで買うとなると重いうえに手間もかかってしまいます。(通販だったら届けてもらえますけど)飲み水としての使用だけならいいですが、もし洗顔などでの使用をする場合だと、どうしても消費量が大きくなりますよね。

必然的にペットボトルごみに悩まされてしまうことは確実です。そして、市販の物の中でも安い物にフォーカスしていくと思います。安い物とはいえ、手作りに勝るコストパフォーマンスはありません。

今回は安く作れる『炭酸水の手作り方法』についてまとめました。

 

 

炭酸水の作り方

用意する物

  • 水道水:500ml
  • ペットボトル(炭酸飲料が入っていたもの)
  • 重曹:約5グラム(小さじ1杯)
  • クエン酸:約5グラム(小さじ1杯)

 

作り方

  1. ペットボトルに水を入れる
  2. そこにクエン酸を入れる
  3. 重曹を加えて少し振る
  4. ペットボトルがパンパンになってきたら完成

このとき使用する水は冷たい水にしてください。炭酸ガスは冷たい水の方が溶け込みやすくなります。

もし冷えていない水道水を使用する場合は②でクエン酸を加えた後、しっかり冷やしてから重曹を加えましょう。

 

実戦動画

(Youtube NOSUKAPI様)

動画主様も説明欄にて「小さじ1杯は多いかもしれない」と記述されています。

用途や好みに応じて求める刺激の量は変わると思いますので、それぞれ微調整してください。

 

炭酸水の完成

コスト

上記で紹介した重曹(5kgで約1600円)とクエン酸(1kgで約700円)を使用し、水道料金はかからないものとして計算すると、500ml当たり約3円です。

 

重曹とクエン酸の化学反応によって酸っぱいと感じるかもしれません。

決して不味くはないですが、市販されている炭酸水のようにはいかないので、味が合わないという人は飲み水以外の用途(美容や掃除)で使用するといいでしょう。

水道水のカルキが気になるという方は、水道水を1度沸騰させる浄水器の使用が効果的です。ただし、すぐ飲み切らずに冷蔵保存する場合は、カルキが入っていた方が防カビなどの消毒の面で安全だと思います。

注意事項

長期に渡って炭酸水を自作する場合は、必ず定期的にペットボトル容器は交換するようにしてください。同じ物を長期使用するとカビが生えてきてしまうことがあります。

 

炭酸水メーカーもオススメ

飲み水としての手作りをお考えの方は炭酸水メーカーの購入がオススメです。

完全に1から作るよりもコストは高くなってしまいますが、普通に買うよりも安く作ることができますし、味のクオリティーも高いです。

 

最後に

飲むだけでなく様々な分野で効果のある炭酸水ですが、気になるのがコストだと思います。

しかし、安い金額で日常生活に取り入れられるのであれば、試してみるのも1つの選択肢だと思いますよ。

飲み水としては好き嫌いがハッキリ別れてしまうかと思いますが、500ml当たり約3円のコストパフォーマンスは非常に高いと思います。

興味がある人は、是非とも作ってみてください。