はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

「帽子を被るとハゲる」は嘘!?正しい帽子の被り方でハゲ防止をしよう

f:id:xx_mar0_xx:20160809171126j:plain

(2016/09/04内容追記しました)

 

昔から「帽子を被るとハゲる」と言われて、それを信じてきました。どこに行くにも『お気に入りの球団の野球帽』を被っていたのですが、それを聞いてからピッタリと被るのを止めたんですよね。

当時、それを言われていた理由としては「蒸れて頭皮に良くない」とか「頭が締め付けられて血行が悪くなる」というものでした。それが最近、考え方が変わったのか「帽子を被った方が頭皮にいい」と言われ始めているようです。

医学的なことって「昔と今で言うことが違う」ということも少なくないので、別に驚いたりはしませんが「帽子を被った方がハゲない」という情報は浸透していないような気がします。

今回は『帽子を被るとハゲるのか、それともハゲないのか』について調べてみました。

 

 

薬と毒は紙一重

なんでもそうですが「いくら身体にいいものでも、摂りすぎてしまうと身体にとって悪影響を及ぼしてしまう」ということは多いと思います。

どうやら帽子にも『正しい被り方』というものが存在するようで、ただ単に被っているだけでは帽子のいい効果が得られないケースも出てくるため、状況によっては「帽子を被るとハゲる」ということに繋がってしまうみたいですよ。

 

f:id:xx_mar0_xx:20160809171830j:plain

夏と言えば『麦わら帽子』ですよね。某人気漫画の影響もあってか売れ行きは好調のようです。しかし、それだけが売れる原因ではありません。

麦わら帽子を被ることは、頭皮にとっても大きなメリットが多数存在しているのです。また、麦わら帽子でなくてもメッシュ素材などの帽子(通気性に特化しているもの)であれば問題はないようで、とにかく「蒸れる」という状況を作らないことが大事とのことでした。

それでは「夏場における帽子との向き合い方」について、幾つか掘り下げてみたいと思います。

 

紫外線防止

周知の事実として「紫外線は肌に良くない」ということが言われていますが、それは頭皮についても同様のことが言えます。

そもそも髪の毛は「紫外線から頭を守る為に存在しているのでは!?」と思えるくらいです。帽子を被ることで、紫外線が直接当たるのを防げますが、これが帽子を被ることの最大のメリットです。

『シミ』など肌に関しては、紫外線の影響を考えて日焼け止めを塗ったりもしますが、頭皮に塗るのは難しいものがありますから、1番有効な防御策が『帽子』ということになるでしょう。

 

蒸れる原因は排除

f:id:xx_mar0_xx:20160809175846j:plain

医学的な見解では「帽子を被っていて起こる『蒸れ』よりも、遥かに『紫外線の影響』の方が恐ろしい」という方も存在するくらいで、お医者さんによっては「帽子を被ることで起こる『蒸れ』に対して、そこまで悲観することもない」という人も存在しているくらいです。

しかし『蒸れ』については、いくらでも対策が可能ですから、それぞれ対策してあげるのがいいのではないでしょうか。

例えば「紫外線の影響を受けない屋内や日陰では帽子を脱ぐ」とか「頭皮の汗はこまめに拭き取る」などの対策はいくらでもできるので、各自で対策することで快適にできると思います。

熱中症を防ぐ意味でも、適度に日陰で休憩する時間を設けるようにし、水分補給や汗を拭き取る時間に充てると良いでしょう。

 

オススメの帽子

麦わら帽子

夏の風物詩と言っても過言ではないでしょう。お馴染み『麦わら帽子』です。

物によって「サイズ調整できるもの」や「折りたたみ可能なもの」など、創意工夫されている商品が大量にあります。

カラーバリエーションも豊富だったりしますし、なにより外観が爽やかなので、夏にはもってこいの帽子だと言えるでしょう。

老若男女問わず、全ての方にオススメしたい夏の帽子の定番です。

 

テフロン帽子

梅雨時期に被っても快適とされている『テフロン帽子』は、通気性が良く、蒸れにくいことで有名です。

こちらの製品は撥水加工もされているので、アウトドアでアクティブに動き回ると言う人にも最適だと思いますよ。

天候や汚れを気にせずラフに使える帽子として、1つご用意してみてはいかがでしょうか。

 

メッシュキャップ

いわゆる普通の『メッシュ素材の帽子』なのですが、サイズ・カラーバリエーション共に商品のラインナップが極めて豊富なので、お好みの商品が見つかると思います。

私は「あまりメッシュすぎると紫外線を防ぎきれないのでは?」と思ったりもして、あまりスカスカしていないものが好みですが、それでも蒸れたりということは少ないのでオススメです。

 

f:id:xx_mar0_xx:20160809180534j:plain

一方で、夏とは違い紫外線も弱く、蒸れる心配も少ない冬についても、帽子によるメリットは多く存在しています。

意外と知られていませんが、冬場は冬場で気を遣っていきたいものなんですよね。

それでは「冬場における帽子を被ることのメリット」について考えていきます。

 

血行の悪化

冬は気温が低く、体温が奪われがちになります。とくに指先などの「血液が通いにくい末端部分」については、血管が収縮されることで、余計に血流が悪くなってしまうことでしょう。

それは頭皮についても同様のことが言えます。頭皮の血行が悪くなってしまうことで、髪の毛へ与えてしまう影響については計り知れません。

市販されている育毛剤などは、主に「頭皮の血行を促進するための商品」ですので、髪の毛にとって頭皮の血流がいかに大切なものなのかがわかりますよね。

 

蒸れには注意

こちらについても『蒸れ』には注意していくことが望ましいです。屋内では脱ぐようにした方がいいでしょう。

冬場とはいえ、歩いたりしていると意外と頭皮は蒸れてくるので、適度に帽子を被りなおしたりすることも有効だと思いますよ。

 

オススメの帽子

ニット帽

冬と言えば『ニット帽』です。耳までスッポリ覆えるその温かさといったら非常に快適で、私は仕事の外作業をするときなんかも被るようにしています。

上記商品のような薄手のものであれば、夏場にも使用できます。誰が被ってもそれなりに見えるというのも、嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

スウェット素材

こちらも冬に重宝するタイプです。質感が非常に柔らかく、窮屈せずに着用できるでしょう。

ニット帽と比べてもスタイリッシュに被ることができますし、耳までしっかり覆えるので寒さ対策もバッチリです。

商品説明には『オールシーズン』との記載がありますが、私自身としては「冬場の着用」をオススメしたいですね。

 

最後に

「帽子を被るとハゲる」の真相は「帽子の使い方次第」というのが真相のようですね。一概に「0か100か」で語ろうとするのが良くないんだと思いました。

ヘルメットなんかは蒸れても仕方が無い構造をしてますけど、帽子は進化を遂げています。 「こんな帽子も出てるの!?」と驚くことも少なくありません。

状況に合わせて臨機応変に使用していくことで、頭皮をはじめ自分の身体を守る防御策として、帽子は非常に有効な手段と言えるのではないでしょうか。

正しい帽子の被り方をして、ハゲ防止に役立てましょう。