はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

『日清カレーメシ ビーフ&シーフード』を食べてみた感想・レビュー

f:id:xx_mar0_xx:20160830121258j:plain

(2017/04/29 『スパイシーカレーメシ』について追記)

2016/08/29に発売された『日清カレーメシ ビーフ/シーフード』を食べてみました。パッケージを見る限りは、美味しそうに見えますが・・・。本製品は、従来の『電子レンジ調理』から、お湯を注ぐだけの『湯かけ調理』へと進化しています。「熱いお湯を注いで5分待つだけ」なのですが、ちょっと時間が長いものの、通常のカップ麺と同じような調理法でカレーメシが堪能できるようになりました。

個人的にカレーは大好きですし、なにより「お湯を注ぐだけ」という手軽さに惹かれたんですよね。それでは早速、食べてみた感想・レビューを書いていきたいと思います。

 

 

カレーメシ ビーフ

商品概要

日清カレーメシがお湯で作れるようになって新登場! お湯さえあれば、いつでもどこでも美味しいカレーが楽しめる!

コリアンダーをはじめとしたスパイスに、ココアを隠し味に使用することで、深いコクが感じられるカレーに仕上げました。

 

栄養成分表

  • エネルギー:464kcal
  • たん白質 :7.2g
  • 脂質   :15.5g
  • 炭水化物 :74.1g
  • ナトリウム:1.1g

 

レビュー

開封

f:id:xx_mar0_xx:20160830123519j:plain

従来品がどうだったかの記憶がないのでアレなんですけど、なんて言うんでしょうか。「随分とまぁ大雑把な作りだなぁ」と思いました。

ここに熱湯を注いで5分待ちます。勢いよくお湯を入れると泡立って、お湯を注ぐための線が見えなくなったりするので、その辺は気を付けた方がいいと思います。

 

実食

f:id:xx_mar0_xx:20160830123752j:plain

ここで1つ注意しておきたいのが「かなりかき混ぜる必要がある」という点です。最初は「随分、色が薄いカレーだなぁ」なんて思ってましたが、何てことありません。ルーが溶け切ってないだけでしたから。

混ぜれば混ぜるだけ、どんどん茶色のビーフカレーらしい色に変わっていくので、しっかり混ぜるようにしましょう。肝心の味はというと・・・かなり甘いです。隠し味にココアを使っているとのことでしたが、ココア感こそないものの、商品自体はかなり甘いです。

辛口好きの人にとっては、正直言って「物足りない感」が付きまとうかもしれませんね。辛口好きの私としては、別で辛口verが欲しいくらいでした。そして気になったのは満腹感です。464kcalということもあって、かなり高カロリーなんですが、カレースープ&リゾットのようになっているため、お腹にたまります。小食の女性だと、1食食べきるのは厳しいかもしれません。

具は気持ち程度入っていますが、そこまで多くありませんので、食感に乏しいのは否めないでしょう。甘いながらも、ビーフのコクはしっかりと表現されている一品でした。

 

カレーメシ シーフード

商品概要

日清カレーメシがお湯で作れるようになって新登場! お湯さえあれば、いつでもどこでも美味しいカレーが楽しめる!

ローレル、タイムなどの海鮮料理と相性のよいスパイスを使用し、ほのかな苦みと魚介の豊かな風味が感じられるカレーに仕上げました。

 

栄養成分表

  • エネルギー:448kcal
  • たん白質 :7.3g
  • 脂質   :14.5g
  • 炭水化物 :72.1g
  • ナトリウム:1.2g

 

レビュー

開封

f:id:xx_mar0_xx:20160830124627j:plain

こちらもルーがどっさり入っているスタイルでしたが、シーフードの香りが漂ってきました。カップヌードルのシーフードほど強い香りではありませんが、ハッキリと魚介だとわかるほどの強さです。シーフードの感じがカレーに負けてないんですよね。この時点で、シーフード好きには期待度大です。

 

実食

f:id:xx_mar0_xx:20160830124618j:plain

こちらもしっかりかき混ぜるのを、お忘れなく。はっきりとシーフードカレーというのがわかる風味・香りです。具自体は、シーフードヌードルに入ってるようなイカとカニもどきみたいなものしか確認できませんでした。

味自体はビーフほど甘くなく、その甘さも尾を引きません。個人的にはシーフードの方が好みですかね。魚介エキスの配分が絶妙なのか、カレーとシーフードが上手く融合していると思います。

何回も言うようですが、辛党としては「もう少し辛くしてほしい」というのが素直な気持ちでしょうか。それでもビーフのような甘ったるさはないので、どちらを推すかと言われたら断然シーフード派です。

 

スパイシー カレーメシ(2017/04/29追記分)

商品概要

お湯で作れるカレーメシ!お湯で作れるようになった「カレーメシ」に新しい味が登場!今度のカレーメシはスパイシー。チキンをベースにほのかな酸味で特徴立たせたカレールゥにジンジャーなどの香り高いスパイスを合わせました。

  • エネルギー:449kcal
  • たん白質 :7.7g
  • 脂質   :14.5g
  • 炭水化物 :71.8g
  • ナトリウム:1.1g

 

レビュー

f:id:xx_mar0_xx:20170429132036j:plain

開封すると非常にイイ香りが漂ってきますが、見た目的には他の商品と変わりありません。久々のカレーメシだったせいなのか、あるいは商品として改良されたのかはわかりませんが、このカレールウは溶けやすかったように感じました。

f:id:xx_mar0_xx:20170429132555j:plain

非常に良い香りがしてきます。具材は「じゃがいも」「にんじん」「鶏肉」でしょうか。お世辞にも具材は多い方ではありませんが、じゃがいもと鶏肉は割とサイズもあるので、食感が楽しめるという意味合いも強いように思います。

f:id:xx_mar0_xx:20170429133113j:plain

肝心の味はというと、個人的には断トツで美味しいと思います。かなりスパイシーで、レトルトカレーでいうところの辛口より少し辛いくらいの刺激がありました。商品紹介には「酸味」とありましたが、ほとんど感じませんでしたね。私は酸っぱい食べ物が苦手なんですけど、普通に美味しく食べられましたよ。

辛さもほどよくスパイシーで申し分ありません。私としてはもっと辛くてもいいんですけど、別のカレーメシと比較したら遥かに辛くて美味しいです。カレーとしての刺激も楽しめるので、辛いのが好きだという人はコチラのスパイシーカレーメシ一択だと思います。

 

最後に

たまに食べたくなるような味という表現が適切かもしれません。普通のカレーライスとやカレーヌードルとはまた違った楽しみ方の出来る商品です。個人的には「スパイシー一択!」だと思っていますが、そこそこ辛い商品でしたので、好みが分かれることでしょう。

賞味期限は半年程度ですので、少しなら常備しておいても困らないと思います。「カップ麺だと物足りない空腹感」の時に最適ではないでしょうか。