はてなの果てに。

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

コレで熱中症とはお別れ!夏の外出時における暑さ対策と汗対策

f:id:xx_mar0_xx:20160427123521j:plain

(2017/04/21内容追記しました)

夏場は汗をかいてしまうほどの暑さに悩まされがちです。対策を怠ってしまうことで、どうしても不快感が増してしまいます。夏が暑いのは仕方がないとして、大切なのは「いかにして快適に過ごすか」ということではないでしょうか。

暑さに対する対策と、汗をかいてしまった際の処置方法をあらかじめ準備しておくことで、それらの問題を解消することができます。対策がきちんとされてさえいれば、どんなに暑くてもある程度の快適さは得られるでしょう。というわけで今回は、私が心がけている『夏の外出時における暑さ対策と汗対策』についてご紹介します。

 

 

スプレー編

ひんやりスプレー(シャツ編)

  • 敏感肌で直接肌に付けるのは抵抗があるという人にもオススメ
  • 持続性が低いが、かなりの清涼感が得られる

直接肌に吹きかける制汗スプレーと異なり衣類に吹きかけるタイプのものです。通勤前のワイシャツに吹きかけておけば出社する間は快適にいられると思います。冷感成分は揮発性のため、持続効果が薄いのが欠点でしょうか。体感的には、もって1時間程度です。

直接肌に吹き付けていないので敏感肌の人も使用できます。吹き付けるとこれ以上ないくらいの清涼感に包まれ「もしかして濡れてる!?」と錯覚してしまうほどです。私は出掛ける前にはコレを使用し、カバンにはコレより一回り小さい物を常備しています。

 

ひんやりスプレー(靴編)

  • 靴のムレに対する有効策
  • 熱い日でもサンダルなどが履けない営業マンの方などに強くオススメ

靴バージョンです。これも相当な清涼感が得られます。最初は靴用の商品があるとは知らずシャツに使用していたものを靴下に吹き付けていましたが、専用の物があるとしってコチラを使用するようになりました。

個人的にはどちらでもいいと思いますが、専用の物を使っておけば間違いないと思います。どうしても夏場の足は蒸れやすいので、非常に効果的です。私は仕事でお客さんのお家にお邪魔する機会が多いので、靴のムレに関しては気を遣っていますが、これはなかなかの有効策だと思ってますよ。

 

ハッカ油スプレー

  • 天然成分由来で口に入っても安心
  • 殺菌効果、消臭効果、虫除け効果まで得られる優れ物

ハッカ油を購入することで、前項でご紹介したような冷感スプレーを手作りすることも可能です。携帯用のアトマイザーかなんかに水を入れて、それにスポイト等を使用しハッカ油を数的入れます。それを吹き付けるだけで殺菌消臭効果があるうえに虫よけ効果も得られる優れ物です。安く済みますし天然成分なので、小さいお子さんに使用しても安心でしょう。

ただし、ハッカ油の入れすぎや目などに入らないように注意しなければならないこと、それから容器にも一部避けなければならない材質があるので注意が必要です。詳しくは以下の記事にまとめてあります。よろしければ、あわせてご覧ください。 

【関連記事】 

 

ウォーター編

デオ&ウォーター

  • 爽やかな香りと消臭効果が得られる
  • 割と刺激が強いため、敏感肌の人は注意が必要かも

私は肌に直接スプレーするものは香りだったり、吹き付けの際にバラつきがでてしまうような気がしてあまり好きではないのですが、この手のデオ&ウォーターは均等に伸ばせますし香りも嫌いじゃありません。直接肌につけることによって、非常に高い爽快感が得られます。柑橘系の爽やかな香りには殺菌成分や防臭効果もあるようです。

長時間経ってもベタつきませんし、不自然な香りじゃないのがいいですね。しっかりと消臭効果があるので、汗臭さと爽やかな香りが混ざるということがないのも嬉しいポイントと言えるでしょう。本製品はシトラスミントですが、他にもスプラッシュマリンであったりフローズンミントであったり、香りには多くの種類があるので、お好みでどうぞ。

 

シート編

汗をかいた際に雑菌が繁殖してニオイを出すまでは、ある程度の時間を要します。そのため、こまめに拭き取るのが非常に有効です。しかし、拭き取る際にタオルなどで肌の水分を完全に拭き取ってしまうと、それを肌が感知し、余計に汗がでてきてしまうことにもなりかねません。できればウェットシートのようなもので、肌に水分は残しつつも、こまめに拭くのが理想的です。

 

ひんやりシート(無香料)

  • 無香料
  • 制汗ウォーターとの併用がオススメ

身体を拭くことでひんやり感が得られる無香料タイプです。香り付きのものが好きでないという方には、コチラが非常にオススメです。拭いた瞬間は清涼感が得られますし、非常にサッパリできますよ。これで身体を清潔に拭いた後で、制汗ウォーターを使用するのもいいでしょう。

ただし、パッケージの「アイスダウン」という文字が物語っているように、良くも悪くも高刺激です。肌が強い人はいいのですが、出来物や擦り傷などがあるとハンパ無く染みるので注意してください。

 

ひんやりシート(マイルド)

  • 拭いた後の体がスースーしない
  • 保湿成分配合

拭いても身体がスースーしないタイプの制汗シートです。フルーティーな香りがします。他の物と併用する場合「スースーしすぎて気持ち悪い」という人はコチラがオススメです。また、単純に「スースー感がいらない」という人にもいいと思います。

また保湿成分が配合されているので、拭いた後に出てくる汗もある程度は抑えてくれるでしょう。夏の暑い日以外に使用する場合も非常に使いやすいので、手汗対策なんかにもオススメですよ。

 

応急処置編

冷却ジェルシート

  • 暑い日に使用するとメチャクチャ気持ちいい
  • 冷却効果高め

どうしてもしんどい時に、首の後ろなどの「太い血管が通っている部分」に貼ると効果的です。あまり長時間頑張ってくれるものでもありませんが、1時間ちょっとは効果が見込めると思います。発熱の際にも使用できますし持っていてもかさばらないので、夏場は持っていて損はありません。

 

保冷材

  • ガツンと冷やしたい時に最適
  • 即効性が抜群

こちらも使い切りタイプですが即効性が高いです。持続時間はめちゃめちゃ短いのが弱点ですが、必要な時にガチガチに冷却できるので、ここぞという場面では重宝すると思います。夏場は急に熱中症のような症状が現れ、突然具合が悪くなってしまうことも考えられるため、用意しておくに越したことはないでしょう。

 

装備編

ストール

  • 繰り返し使用できる
  • 使用するまで冷蔵庫で冷やしておく必要アリ

主に庭仕事をするときや外で長時間の作業をするときに、冷凍庫から出してストールのように首に巻き付けて使用するといいでしょう。農家の方が夏場の作業で「首にタオルを巻いている姿」を見たことってありませんか?これ、すごく効果が高いんですよ。

3分割の構造になっているため、足や頭にも使用することも可能です。見た目を気にするようなときに使用しにくいのと、冷凍庫がある環境でないとすぐ使用できない部分が弱点です。1つあたり2時間は効力が持続すると思います。

 

サプリメント

  • タブレットタイプなので嚙める
  • スポーツをする人にオススメ

いくらこまめに水分補給しようと思っても、「喉が渇いた時に水分を摂取したのでは遅い」という事実をご存知でしょうか?かと言って、スポーツなどで体を動かしているときに水分をガブガブ摂取するという人もいないと思います。

こちらのサプリは「電解質を補給するのに最適なアイテム」で、水分が体に吸収されるのを速めてくれるサプリです。よく「塩飴を舐める」

という人もいますが、こちらはタブレットで噛めるので、即効性や後味という観点からもオススメです。

 

最後に

夏の熱中症は侮ってはいけません。しっかりと対策することが大切です。あえて割愛しましたが1番の基本的な対策は水分補給です。特にミネラルを含んでいる麦茶がいいでしょう。ただし飲み過ぎるとお腹を壊してしまうので、くれぐれも飲み過ぎは厳禁です。しっかりと対策をして、夏を楽しみましょう。

以上『コレで熱中症とはお別れ!夏の外出時における暑さ対策と汗対策』でした。