はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

大人気のレトルトカレー「S&B 噂の名店カレー」の感想をまとめてみた

f:id:xx_mar0_xx:20170501204342p:plain

レトルトカレーを作っているメーカー中にS&Bというメーカーがあり、そこから販売されている「噂の名店カレー」という商品があります。いわゆる有名店とタイアップして制作された商品で、そのお店の味わいがレトルトになっているという商品なのですが、これがまぁ面白いんですよ。

例えば「東京のカレー有名店のカレーが食べたい!」となっても、地方の人だと簡単には食べられませんし、あまり「カレーの食べ歩き」ってのも聞きません。そこで「レトルトで有名店の味を再現しよう!」という試みの元、作られているのが「噂の名店カレー」シリーズなんですよね。

個人的には種類をもっと増やして欲しいという希望もあるのですが、今回は2017年5月現在販売されている「噂の名店カレー」の感想・評価・口コミなどをまとめていきたいと思います。

 

 

ブティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー

東京・半蔵門“プティフ・ア・ラ・カンパーニュ”は行列のできるカレー店の代名詞で、欧風カレーの神髄を知る名店です。東京の新名所スカイツリーソラマチでも人気の「欧風ビーフカレー」は、とろけるような牛肉と炒め玉ねぎにバターのコクが加わった上品で濃厚な欧風カレーです。

口コミ

f:id:xx_mar0_xx:20170501195136p:plain

感想

f:id:xx_mar0_xx:20170501195519j:plain

良くも悪くも欧風のオシャレなカレーという感じで、一口食べた瞬間に「あ、生クリームか何か使ってるな」というのが分かる味わいです。そのため、言葉を選ばずに言うと「変な甘さのようなもの」を感じます。

Amazonのレビューでは「辛い」という意見が散見されましたが、普段食べているカレーが辛口だという人であれば、辛いとは感じないと思いますよ。「中辛」と表記があるので、普通の中辛だと思って食べると辛く感じてしまうかもしれません。

ゴロっとした大きさの牛肉も複数入っていて食感的にも楽しめますし、なによりカレーソースが上品な味わいで、レトルトっぽさはないように思いました。

 

mandara バターチキンカレー

口コミ

f:id:xx_mar0_xx:20170501200834p:plain

感想

f:id:xx_mar0_xx:20170501204812j:plain

本製品は「私が持っていたバターチキンカレーに対する意識を180度変えてくれた商品」と言っても過言ではありません。トマトとバターが使われていて、先入観としては「絶対にイマイチだ」と思っていたのですが、それをイイ意味で裏切ってくれました。

これまでに私が食べてきたバターチキンカレーのレトルト商品の中では群を抜いて美味しいですし、初めて食べてからこれまでに数えきれないほどリピートしています。実際に東京の神田に行くことがあれば、本物を食べてみたいと思うほどです。

ただ、レトルトにしてはかなり辛めに作られているので、辛いのが苦手な人には厳しい辛さでしょう。

【詳細レビューはコチラ↓】

美味しいレトルトカレー!マンダラの『バターチキンカレー』を食べてみた - はてなの果てに。

 

珊瑚礁 湘南ドライカレー

鎌倉・七里ヶ浜“珊瑚礁”は、この店の味を求めて全国から訪れるお客様の長い行列が湘南の定番風景にもなっている名店です。「湘南ドライカレー」は、たっぷりの牛ひき肉と生クリームの豊かなコク、濃厚なカレーソースで作り上げた大人気のドライカレーをレトルトで再現しました。

口コミ

f:id:xx_mar0_xx:20170501201640p:plain

2017/05時点では、噂の名店カレーの中で最高得点です。

感想

f:id:xx_mar0_xx:20170501205053j:plain

これまでに「ドライカレー」と聞いて連想していたカレー粉で作ったチャーハンみたいな食べ物とは全く違う、どちらかというとキーマカレーに近いようなカレーです。

挽き肉のうまみがたっぷり詰まっていて、非常に濃厚な味わいが堪能できるでしょう。これもメチャクチャ美味しいレトルトカレーだと思います。生クリームも使っているようですが、変に甘くなっていません。

しいてケチを付けるなら、内容量が150gと他の製品に比べて抜群に少ないです。

【詳細レビューはコチラ↓】

レトルトカレーの『珊瑚礁 湘南ドライカレー』を食べた感想・レビュー - はてなの果てに。

 

すぱいす 骨付きチキンカレー

東京・荻窪“すぱいす”は、ザガットサーベイ2012お値打ち部門で3位に入った実力店です。オープン以来、美食家たちからの賞賛の声も絶えません。「骨付きチキンカレー」は、スパイスが鮮烈に香るサラリとしたカレーソースとホロリとほぐれる骨付きチキンが調和するクセになる味わいです。

口コミ

f:id:xx_mar0_xx:20170501202710p:plain

Amazonのレビュー数だけで言えば、1番評価数が少ない商品になっています。

感想

f:id:xx_mar0_xx:20170501204620j:plain

シャバシャバカレーなので好みが大きく分かれるところだと思いますが、個人的には最近ようやく食べることができて、今のところリピの予定はありません。

とは言え決して美味しくないというわけではなく、食べた後の熱くなるような刺激は新感覚で、その刺激は辛さとはまた違うんですよね。「これがすぱいすなのかなぁ」と思わされました。

スープカレーやシャバシャバカレーが好きだという人にはオススメです。

【詳細レビューはコチラ↓】

噂の名店シリーズから「すぱいす」の骨付きチキンカレーを食べてみた感想 - はてなの果てに。

 

 

白銀亭 大阪あまからビーフカレー

フルーツの甘みと牛肉の深い旨みにスパイスの香りと辛味が広がる甘さと辛さのコントラストが絶妙な一皿をお楽しみください。

口コミ

f:id:xx_mar0_xx:20170501194103p:plain

感想

私は1度だけ食べたきり、リピートしていません。個人的なことを言うと辛さは好きなんですけど、先にくる甘みがどうも好きになれませんでした。

辛いカレーが苦手な人にとっては後味が辛すぎますし、辛いカレーが好きな人にとっては最初の甘みが邪魔なような気がするんですよね。「カレーには、リンゴとハチミツでしょ!」という人なら、もしかするとハマるかもしれません。

お店の味は割と再現されているようなので、大阪の白銀亭のカレーが好きだという人なら、文句なしに楽しめる商品だと思います。

 

個人的な美味しいランキング

  1. mandara バターチキンカレー
  2. 珊瑚礁 湘南ドライカレー
  3. ブティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー
  4. すぱいす 骨付きチキンカレー
  5. 白銀亭 大阪あまからビーフカレー

個人的なランキング順位は上記のようになります。まず上位2つは普通に美味しいです。これは、そこそこ辛いカレーでも美味しく食べられるという人であれば、みんなにオススメしたいクオリティだと思っています。

一方で残りの3つは賛否両論が出る味わいだと思いました。私の場合は上位2つと下位2つが決定していたので、順位付けとしてはほとんど悩んでいません。白銀亭はフルーツの甘み、すぱいすはシャバシャバ感があまり得意ではないという理由からです。

とにかく上の2つはレトルトっぽさもほとんど感じられないので、興味のある人はぜひ食べてみてください。自身を持ってオススメします!

 

最後に

好みの違いは出てくるでしょうが、この「噂の名店カレー」のシリーズはどれもレトルトっぽさがない商品だと思います。どうしてもレトルトカレーって独特の風味があって敬遠しがちな人もいると思うんですけど、これらはどれもハイクオリティな商品です。

私ならコンビニやスーパーのカレーを買うよりは断然コチラを選ぶと思います。もし「噂の名店カレー」が気になっているという人は、ぜひチェックしてみてください。