はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

『人は見た目が100パーセント』のセンスとコメディー感がハンパ無い!

f:id:xx_mar0_xx:20170223053723p:plain

2014年頃に連載されていた大久保ヒロミさんが描く『人は見た目が100パーセント』というマンガをご存知でしょうか?2017年の4月からフジテレビにて桐谷美玲さん主演でのドラマ化が決定しているそうですね。

本作は非常に笑える内容となっており、多くの女子が共感の渦に巻き込まれてしまうのではないでしょうか。ジャンルとしては『美と価値観を問いかける抱腹微苦笑ビューティー研究ギャグ漫画』だそうです。ここだけ見ても、明らかに異色のマンガという雰囲気が漂ってきます。というわけで今回は『人は見た目が100パーセント』の魅力についての紹介です。

 

 

どんなマンガ?

「女子力」や「美」というものに無縁のまま生活してきた3人の女子が、一念発起して「美しさ」や「女性らしさ」について学んでいく様子が描かれているギャグ漫画です。1話1話に明確なテーマがあって、例えば「まつげ」や「まゆげ」など1つのジャンルについて掘り下げていくスタイルを取っており、非常にテンポ良く読み進めることができるようになっています。

女性にとっては一種の「あるある」にも似た笑いになったり、共感できる部分が多いでしょうし、男性から見ても3人の迷走している姿が非常に面白く読める作品だと言えるでしょう。全4巻で読みやすいボリュームになっているのもオススメのギャグ漫画です。

 

つけまつげ

ストレートなツッコミ

f:id:xx_mar0_xx:20170223054027j:plain

コミックス1巻

これは女性からすると一種の「あるある」なのかもしれませんね。私は男なのでよくわかりませんでしたが、本来見せるべきである「つけまつげ」という武器が、見せることがNGの鼻毛に早変わりするというシンプルな流れが普通に面白かったです。

最近では「例えツッコミ」なんてものが持て囃されていて、いかに面白く例えるかという部分がフューチャーされがちですが、こういうシンプルなのが1番面白かったりします。

 

もはやコント

f:id:xx_mar0_xx:20170223054642j:plain

コミックス1巻

例えば「つけまつげを使ってボケてください」って言われたら、誰もが思い付きそうなことを、割と真面目な雰囲気でやり遂げるというのが結構面白いです。冷めた雰囲気がありつつも的確なツッコミをしているという部分にも注目してください。

この3人は製紙素材の研究に携わっている3人なのですが、仕事を終えた後にこんなことをやっているなんて、想像しただけで笑えてきませんか?もう冷静になって読めば読むほど「なにやってんだよ!早く帰れよ!」って思っちゃうんですよね。

 

かぶせ

f:id:xx_mar0_xx:20170223055340j:plain

コミックス1巻

本作では、3人組ってのをフルに活用してきます。基本的には2人がボケて1人が突っ込むという王道スタイルですが、3人組ならではの「かぶせ」が非常に高い威力を誇っていると言ってもいいでしょう。

この2人が真剣なのかボケているのかは別にして、本当にツッコミが面白いです。どっちかって言ったら、ぽっちゃりしている彼女の方が両目に施す感じのボケをやりそうなんですけど、そういうギャップなんかも注目ですよ。

 

柄パンツ

誰もが思う種類の笑い

f:id:xx_mar0_xx:20170223060213j:plain

コミックス1巻

「ラフな着こなし」ってのと「だらしない」ってのは紙一重で、着る人と見る人によって評価が大きく分かれるものです。「オシャレ」「奇抜」「ダサい」という境界には、明確な基準が存在しないから難しかったりもします。

さて、上記画像ですが「ラフな格好」に焦点を当てて『柄パンツ』に挑戦してみようという流れから、実は穿いているのは『パジャマ』で、ラフな感じがソックリだったからバレないと思ったというシーンです。個人的にはコレがすげーわかるんですよね。

よくスカート姿のままキャッキャやってる女子が「あ、これ見せパンだから大丈夫!」って言う意味がわからないんですよ。「あ、これ下着じゃなくて水着でしたー」的な。たぶんこの角度の疑問は、多くの共感を呼ぶのではないでしょうか。

 

お約束の笑い

f:id:xx_mar0_xx:20170223060942j:plain

コミックス1巻

誰もが最初のパジャマの時点で思ったであろう展開が待ち受けているのも、本作の大きな魅力の1つです。ダチョウ倶楽部にも通じる、この期待を裏切らない感じ・・・もはや、ただのギャグ漫画とは違います。

この3人組の中で1番若い設定(25歳)の彼女がこんな扱いになってるなんて、想像するだけで笑えてきますね。ちなみに本作では、決して参考にはなりませんけど「ちゃんと問題が解決された後のアフター」が用意されているんです。

彼女たちも最終的には、しっかり柄パンツを着こなすレベルに到達するんですよ。そのうえで「オシャレは1日にしてならず」というような、ちゃんとしたオチが用意されています。やってることはかなりレベルの高い笑いのように感じました。

 

最後に

このように面白い作品が実写化されることで注目を浴びるのは、とても嬉しく思います。個人的には「キャスト違うんじゃね?」って思う部分もありますけど、まぁそこは置いといて・・・マンガに関しては非常に面白い作品です。

男の私が読んでいても楽しめるので、女子力を意識したことのある女性ならより一層楽しめるのではないでしょうか。全4巻完結済みです。4月からの新ドラマが始まったら大きく注目されること間違いなしの作品ですので、興味のある人はぜひ読んでみてください。