はてなの果てに。

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【オススメ】友情とケンカがウリの面白い不良漫画&ヤンキー漫画【kindle】

f:id:xx_mar0_xx:20160828133754j:plain

(2017/04/26内容追記しました)

ケンカに明け暮れ、殴り合った相手とは固い絆で結ばれる。盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎の窓ガラスを壊してまわったり・・・。ケンカが強くて少し硬派な存在に、男なら1度は憧れたんじゃないかと思います。昔から今まで徐々にカタチを変えながらも、未だに根強い人気を誇り、一定数存在しているのが『不良漫画&ヤンキー漫画』です。

かつて自分がやんちゃしていた時代に照らし合わせて読んでも面白いですし、ケンカなんかに縁が無かったと言う人も「自分が経験してない裏側の世界が覗ける」という意味で、堪能できるのではないでしょうか。他にも半グレ、アウトロー、ヤクザなど・・・。範囲は非常に広いものの、そのほとんどが世間一般的には受け入れられない存在です。しかし、マンガを通じてその世界を覗くだけであれば、心から熱くなれる作品も多いんですよね。というわけで今回は、男なら熱くならずにはいられない『不良漫画&ヤンキー漫画』の紹介です。

 

 

BE-BOP-HIGHSCHOOL(全48巻)

世代を問わず「不良漫画と言ったら?」と聞けば、確実に名前が挙がるであろう『不良漫画の代名詞』と言ってもいいのではないでしょうか。1話完結型にも近いテンポ良く進むストーリーは、どこから読み始めても良く、待ち時間を潰す方法として最適なカタチになっています(私は小学生の頃の床屋さんで、本作品にだいぶ助けられました)。

なにも「やられた仲間の仕返しに!」のような熱い展開ばかりではありません。お金で揉めたり、女の取り合いでケンカしたり・・・。しょーもない描写も面白おかしく描かれていて、笑えるポイントも多数用意されています。もう多くは語りません。ビーバップ世代はもちろん、若い世代にもオススメです。とりあえず読んでみてください。

【関連記事】

 

ろくでなしBLUES(全25巻)

ジャンプ全盛期の一角を担った『不良漫画』の金字塔です。シナリオ、絵のうまさ、どれを取っても一級品で「不良漫画の代表作」と言っていいと思います。特筆すべきは画力の高さですね。ケンカのシーンなんかスピード感&躍動感がハンパ無くて、モノクロなのにもかかわらず殴られたときに出る鼻血は色が付いて見えるほどです。(感じ方には個人差があります)

学校が舞台になっていて主成分は喧嘩ですが、ボクシング部の描写や、ちょっとした恋愛要素なんかも取り入れられていて、欲張りさん必見の王道マンガに仕上がってると言っていいでしょう。「不良漫画好きは、とりあえずコレ読んどけ」という教科書的存在だと思います。『ろくでなしBLUES』は、間違いなく名作です。

f:id:xx_mar0_xx:20160828044357j:plain

ろくでなしBLUES 第1巻

 

今日から俺は!!(全38巻)

不良漫画とギャグ要素が見事に融合した作品です。「不良漫画と言えば?」の質問に本作品を挙げる人も多く、まさに『青春不良コメディ』の名にふさわしい名作だと思います。

金髪とツンツン頭、2人の主人公が展開する物語は笑いや友情、時にシリアスな展開もあり、青春のすべてを表現してくれているかのようです。タイプの違う2人のコンビも、本作品を面白くしている要因の1つと言っていいでしょう。

読んだことがないという方にはもちろんですが、時間をおいてから再度読んでも楽しめるのも魅力の1つです。以前に読んだことがある人も、久々に読むと『懐かしさ補正』で面白さが増幅する作品ですので、みなさんにオススメします。

f:id:xx_mar0_xx:20160907154427j:plain

今日から俺は!! 第1巻

 

BOY(全20巻)

世界征服を野望に最強の道を進む高校生『日々野晴矢』と、へなちょこ小僧『岡本清志朗』が巻き起こす、トラブルだらけの高校生活が舞台です。

背中からバットが出てきたり、フライパンが出てきたり・・・。ミソラーメンとお好み焼きをこよなく愛する日々野の憎めないキャラクターもさながら、夢を追いかける真っ直ぐな岡本の姿などが魅力的で、他にも魅力的な登場人物が数多く登場します。

こちらもジャンプ全盛期に連載されていた不良漫画ですが、時折出てくる少しエッチな描写には、当時ドキドキしながら読んでいました。熱い友情、激しいケンカ、それに少しのお色気が加わって『BOYの黄金比率』が完成していると言っても過言ではありません。

笑える要素もありながら、血がたぎるような熱い友情も健在です。主要人物がみんなカッコイイ漫画ってのも、なかなかありませんよ。ハレルヤ最高!

f:id:xx_mar0_xx:20160828035644j:plain

BOY 第1巻

 

GTO(全25巻)

元ヤンキーが教師を目指すという、社会的にも大きな反響を呼んだと言ってもいい作品のご紹介です。2度に渡ってドラマ化もされたので、知らない人はいないんじゃないかと思うくらいのメジャー作品ですね。

生徒たちが徐々に心を開いていくサマは、読んでいて胸が熱くなってきます。たまに「お前、中学生じゃねーだろ!」ってキャラが出てくるのも、萎える要素になっていないのが、むしろ驚きです。

現実的にはまずあり得ない話ですが「こんな先生がいたらなぁ」と思わせてくれるような、大きな魅力に溢れている鬼塚英吉に、とことん魅了されてみてはいかがでしょうか。あ、ちなみに同作者が描いている『湘南純愛組』もオススメですよ。本作とは、時期的にも前後にリンクしている設定なので、GTOと合わせて読むと、より楽しめるでしょう。

f:id:xx_mar0_xx:20160828101018j:plain

GTO 第1巻

 

ホーリーランド(全18巻)

主人公自体は不良ではなく、むしろ『不良狩り』という観点から描かれた、喧嘩指南書としての意味合いが強い本作は、幅広い層のファンを獲得した名作と言ってもいいと思います。

自分の存在意義を『夜の街』に見出すことで、多くの不良などに絡まれてしまう高校生の主人公・神代ユウが、自分の居場所を守る為にストリートファイトに巻き込まれていくという内容なのですが、観点が秀逸すぎるんですよね。

元々、いじめられっ子の主人公が「ボクシングの基礎知識を本で読んで、ただひたすら試行錯誤を重ねた」というアプローチが、これまでのマンガになかった最大のポイントだと思います。

とにかく面白いです。これは文句なしにオススメしたいので、読んだことがないという人は是非、手に取ってみてください。

f:id:xx_mar0_xx:20160905103257j:plain

ホーリーランド 第1巻

 

クローズシリーズ

クローズ(全26巻)

『クローズ』と聞くと、知らない人にとっては「色々種類があってよくわからない」という部類のマンガかもしれませんが、とりあえずクローズシリーズの礎というか原点になっているのが本作品です。

拳での会話や仲間同士の友情が熱く描かれており、読む人を飽きさせません。また、主人公の坊屋春道をはじめ、魅力に溢れる登場人物が数多く登場するのも、本作品の魅力と言っていいでしょう。

普通に面白く読める不良漫画だと思います。陰湿なイジメなんかよりも、こういう世界観だったら不良も悪くないのかなぁと。(よい子のみんな、暴力はダメだよ)

登場人物それぞれに魅力がありますし、間違いなく名作です。ヤンキー漫画、不良漫画が好きな人は是非とも押さえておきたい作品の代表格だと思います。

f:id:xx_mar0_xx:20160823131923j:plain

クローズ 第1巻

 

WORST(全33巻+外伝1巻)

クローズの続編に当たるのが、こちらの『WORST』です。クローズの世界の3年後が舞台になっています。まず、クローズと比べると格段に絵が綺麗になりました。今読んでも、全く違和感なく読み進められるほどのクオリティーです。

前作のクローズが名作と言われただけに、ファンの間では酷評されていますが、後半はともかく前半は『アツい展開』が期待できますよ。それにしても主人公が坊主って・・・。EXILEみたいなオシャレ坊主ならまだわかりますけど、お世辞にもビジュアルが素敵な主人公とは言い難く、ここに関してもまた掟破り感が満載です。

登場人物なんかもクローズと重複している部分があるので、WORSTとクローズはセットで押さえておきたいところですね。

f:id:xx_mar0_xx:20160823131100j:plain

WORST 第1巻

 

クローズZERO(全9巻)

これまで「絵が受け付けない」という理由で選り好みをしてきたせいで、面白いマンガを見逃すという損をした経験が幾度となくありました。しかし「やっぱり絵も重要だよなぁ」とも思うわけです。小栗旬さんが主演した映画『クローズZERO』を見て、その面白さからマンガを読み始めたのですが、なんとなく「絵に迫力がない」と言うんでしょうか。ケンカしてる描写が陳腐に感じてしまうんですよね。

それでも『クローズZERO2』を楽しむためには、知っておかなければならない背景が、数多く描かれています。ストーリーは面白いので、汚い絵を我慢して読みましょう(「映画を見れば事足りる」という身も蓋もないことは言わない方向で)。映画は面白かったんだけどなぁ・・・。やっぱ絵なんだろうなぁ・・・。

f:id:xx_mar0_xx:20160823122939j:plain

クローズZERO 第1巻

 

クローズZERO2 鈴蘭×鳳仙(全11巻)

映画版の『クローズ2』とは、似て非なるものと思っていた方がいいです。知らないキャラクターやエピソードなどが追加されています(映画版で削った要素なだけかも)。個人的には、鈴蘭と鳳仙の2校の闘いに特化した映画版の方が好みなのですが、他の高校が出てきたり、争いの火種となった川西の扱いが雑すぎる点など、正直「もう少し何とかならなかったの!?」言いたくなる場面も少なくありません。

それでも絵が非常に綺麗で、マンガにはマンガの良さがあると思います。あっという間に読み終わってしまうという点においては、なんだかんだで面白いと言わざるを得ないでしょう。「映画が面白かったから、マンガも読んでみたい」という人にとっては拍子抜けしてしまう部分があるかもしれませんが、単純に「ヤンキー漫画・不良漫画が読みたい」という人にはオススメです。

【関連記事】

 

QP(キューピー)(全8巻)

見た目は怖いが『石田小鳥』という可愛い名前を持つ喧嘩最強の男、通称『キューピー』を中心に描かれるマンガです。学生時代のケンカだけでなく、大人になってからのヤクザ絡みの描写もあり、単なる不良漫画とは一線を画する『人間ドラマ』と言っても過言ではないと思います。

「かつての親友が道を踏み外したとき、自分には何ができるのか」という葛藤や、過去の自分と決別し前を向こうとする男の生きざまなど、テーマがかなり重い仕上がりになっており、何かを思わずにはいられません。全8巻という一気読みできるボリュームというのも魅力の1つです。そして、主人公のビジュアルは漫画の面白さと関係ないということを知りました。ぜひ皆さんにオススメします。

 f:id:xx_mar0_xx:20160827201647j:plain

QP(キューピー) 第1巻

 

クローバー(全43巻)

個性もタイプも違うトモキ・ハヤト・ケンジという3人の不良が繰り広げる日常を描いた作品で、良くも悪くも「最近よく見る不良系漫画」というような感じでしょうか。

この個性的な3人が一緒にいるところの描写は、思わず笑みが零れてしまうほど微笑ましいシーンばかりです。あまりに微笑ましくて「逆にケンカに無理やり繋げなくても面白かったんじゃないか?」と思えるほどなんですよね。個人的には『釣り』の場面とか好きですけど・・・。

次々と嫌な奴が出てきて、その都度バトルするという従来の不良漫画における『典型的な流れ』は汲んでいるのですが「相手の印象が残らない」という部分が、逆に印象的でした。特筆すべき点は・・・あ、絵は上手いと思います。あと、単車イジりなんかをしている場面は割と好きです、はい。

f:id:xx_mar0_xx:20160828060957j:plain

クローバー 第3巻

 

サムライソルジャー(全27巻)

不良というか、いわゆる『半グレ』に近い存在を描いた作品のように思えますが、登場人物が持つ熱量は相当な作品です。中でも主人公の藤村新太郎は、多くの人を魅了するだけの熱さを持っています。体もゴツくてケンカも強いのに根は真面目で、花屋さんでアルバイトをしている姿には『ギャップ萌え』の意味を教わりました。

友情とケンカを上手く融合しながら、テンポ良く読者を引きずり込むのは流石です。序盤~中盤にかけては文句なしに面白いので、一気に夢中になること間違いないでしょう。

しかし、後半の失速感と最後の結末が・・・。それまでが面白かっただけに、少し残念なように思えたんですよね。とりあえず、読めばわかります。

f:id:xx_mar0_xx:20160828071602j:plain

サムライソルジャー 第1巻

 

元ヤン(連載中)

かつてド不良だった男たちが、ある男の死をキッカケに再び動き出すという話です。『紀伊浪』と呼ばれる一時代を築いた7人組を中心に繰り広げられるのが、地元では伝説と謳われた元ヤンが暴れまくります。

ヤンチャをやめて真っ当な人生を送ろうとしていた『大人』が、地元の若いヤンキーに混じってケンカ・抗争に参加する様子は、正直なところ賛否両論あるのではないでしょうか。

それぞれにナンバーが付いていたり、四天王的な厨二要素が多いのは気になりますが、いわゆる「元ヤンだからこそわかる虚無感」といいますか「あの頃のような熱い日々がなくて退屈」という感が伝わってくるので、そのあたりの見せ方は非常に上手いと思える作品です。

f:id:xx_mar0_xx:20161115192537p:plain

元ヤン 第1巻

 

ギャングキング(連載中)

「かつて自分の命を救ってくれた彫り師に憧れて、自らも『世界一の彫り師』を目指す」という、大前提こそ特異的ですが、中身は普通の不良漫画・ヤンキー漫画です。ハッキリ言うとケンカばっかしてます。

彫り師に憧れるあまり「自分で自分の身体を彫った」というジミーこと大西勝也の、熱い日常を描いたマンガです。コマいっぱいに描かれた絵が迫力満点な本作は、読む人を飽きさせないでしょう。何よりテンポが良すぎて、あっという間に読み進めてしまうと思います。

ジミーを含め、その周りの仲間たちが「見た目こそ不良であるものの、中身は真っ直ぐで熱い漢」というのも、本作が人気である理由の1つではないでしょうか。

途中、メチャクチャ長い充電期間がありましたが、見事に復活を遂げてくれました。これからの更なる活躍に期待です。

f:id:xx_mar0_xx:20160908093413j:plain

ギャングキング 第1巻

 

シュガーレス(全18巻)

最初から最後まで『ケンカ』ばかりのマンガです。多少の友情こそ描かれているものの、とにかくケンカで、どこのページを開いてもバトルしています。

主人公の椎葉岳が、1年生ながらに不良高校の頂点を目指して、2年生や3年生とぶつかっていく姿が描かれていますが、その姿は『戦いに飢えた狂犬』のようです。

仲間・・・と言うか、他の主要キャラクターに関しても非常にいい味を出していて、所々に名言のようなものも出てきます。なかなか心に響くセリフが意外と多いんですよね。

絵はかなり綺麗で、誰でも読みやすいと思います。不良漫画というよりは、格闘漫画・ケンカ漫画という立ち位置になるかと思いますが、熱いバトルが見たいという方はどうぞ。

f:id:xx_mar0_xx:20160828141245j:plain

シュガーレス 第1巻

 

A-BOUT!(全19巻)

ケンカの場面であるにも関わらず、そこそこ多いギャグ・・・世界観をギリギリ崩さずに笑わせる、そのバランス感が何とも言えません。

アホみたいな瞬間が結構多く描かれていて、主人公のバカさ加減を見たら、思わず応援せずにはいられないでしょう。「愛されキャラってこういうことかぁ」と思いますよ。

ケンカ部分が細かく描かれているわけでもなく、ある種『新しい不良漫画』じゃないかと思いました。絵も綺麗で、読みやすいと思います。

『A-BOUT!』は一部作で、二部作になると『A-BOUT!!』という名前に変わります。(びっくりマークが1つ増えます)ハッキリいってびっくりマーク5個分くらい驚かされるような出来なので、オススメできるのは一部作のみですね。

f:id:xx_mar0_xx:20160831055629j:plain

A-BOUT! 第1巻

 

ナンバMG5(全18巻)

ヤンキーと優等生の2足のわらじに挑むという掟破りに挑戦した作品がコチラです。実家にいるときや不良の前では、特攻服を着こなす不良そのものであるにも関わらず、学校ではシャバさ爆発の優等生ぶりを発揮しています。

似たような作品は幾つかあったと思いますが、本作は決してギャグに重きを置いたのではありません。シリアスな描写も上手く使いこなしていますし、ちょっとしたヒーローもののような雰囲気さえ漂わせています。

家族との関わりを含む人間関係にもスポットがあたっており、いわゆる普通の不良漫画とは括れないジャンルの作品ではないでしょうか。

個人的なことを言うと、絵の雰囲気といいギャグ要素といい、もっと流行ってもいいマンガだと思いましたけどね。まだ読んでない人は、ぜひ読んでみてください。

f:id:xx_mar0_xx:20160828084013j:plain

ナンバMG5 第1巻

 

ナンバデッドエンド(全15巻) 

『ナンバMG5』の世界観をそのままに、パワーアップして帰って来たのが本作『ナンバデッドエンド』です。主人公・難破剛が、遂に生徒会長になっていまいました。そして、妹が同じ高校へ入学してくるという始末・・・。

何がパワーアップしたかってシリアスなシーンに重みが増したように思えます。それでいて本質を見失わなず、様々な要素のバランスが上手く取れている作品です。

特に不良漫画にはありがちな「新たな敵を描いて作品を薄く伸ばす」ということをしておらず、スパっと終わったのも印象的ですね。全15巻というボリュームですので「時間がるときに寝転びながら一気読み」なんてのもアリだと思いますよ。

前作の『ナンバMG5』を読んでいた方が、より楽しめるとは思いますが、本作だけでも十分楽しめます。ただ、こちらを先に読んだ場合は、必然的にナンバMG5を読たい衝動に駆られること間違いないですね。

f:id:xx_mar0_xx:20160828075144j:plain

ナンバデッドエンド 第1巻

 

Gメン(連載中)

上で紹介した『ナンバシリーズ』と同じ作者の方が描いています。男子校に入学するというのは、良くも悪くも『ありがち』な部分ですが、大きく違うのは「周りが女子校によって囲まれている」という部分です。

それによって前フリが効いているのか、お決まりのギャグ要素にも磨きがかかっているような気がします。作者の小沢としお先生は、ナンバシリーズからもわかるように『シリアスとギャグの融合』が非常に上手いので、そのへんが大きな見所ではないでしょうか。

「成績が悪い=G組固定」という、現実には到底許されないようなシステムも相まって、これまた新しい不良漫画だと思いますね。

主人公の見た目が見るからにヤンキーっぽくないのも、不良ばっかりの所に『それっぽくないキャラ』がいるのも、この作品であれば上手に料理してくれることでしょう。

f:id:xx_mar0_xx:20160902082342j:plain

Gメン 第1巻

 

セブン☆スター(連載中)

昔ブイブイいわせていた、伝説の7人のヤンキー的な意味合いで『セブンスター』だそうです。四天王とかそれ系の、いわゆる『厨二感』こそあるものの、どちらかと言うと大人向けのマンガだと思いました。

個人的に困っているのは、登場人物の名前が『川谷卓造』だの『松田友作』だの『石原雄次郎』だの・・・。実際の人物とイメージが違い過ぎて、頭に入ってきません。某野球漫画の時もそうでしたが、なかなかね。

内容は『元・伝説的な不良』という視点から進められるので、不良漫画という括りにしてもいいのか微妙なラインです。主人公が「世界一のベーシストを目指す」と言っているので、ロックバンドの『喧嘩』にスポットが当たるのかと思えば、なにやら半グレみたいなのが大勢出てきたり・・・。

絵は非常に綺麗で見応えがあるので、今後の展開に期待しています。

f:id:xx_mar0_xx:20160904093950j:plain

セブン☆スター 第1巻

 

蟻の王(連載中)

端的に言うと「財閥の長が倒れ、その後継者争いに主人公が巻き込まれる」という話なのですが、主人公が隠し子&伝説的な不良という設定で進められていきます。

厳密に言うと「不良vs不良」という場面が少なく、敵は後継者争いにおいて手段を選ばない相手なので、純粋な『ヤンキー漫画』というわけではありません。普通に拳銃などが出てきますし、死んでしまう人間もいればグロ耐性が必要になる場面も出てきます。

絵は非常に綺麗で、バイオレンスな描写の中にも「男の生きざま」のようなものが垣間見える点が好きですね。主人公のアウトロー感にシビれる場面が多いと思いますよ。今後、どのようなストーリー展開をするかで大きく評価が分かれそうですが、なかなか期待できそうです。

f:id:xx_mar0_xx:20170110141624j:plain

蟻の王 第1巻

 

プリティフェイス(全6巻)

ケンカ最強のド不良・乱堂政が、ある事故をキッカケに見た目が女の子になってしまうという『とんでもストーリー』です。しかも自分が好きだった女の子と同じ顔になってしまいます。

ギャグあり、シリアスあり、そして『お色気』ありの本作は、なんと言っても「結末が気になる」という魅力に溢れています。読者の大半が、読み始めてから間もなく「これ、どうやって着地するんだろう?」という疑問に溢れる事でしょう。

色々とツッコミどころが満載で、正直「不良漫画って言っていいものかどうなのか」という点では疑問ですが、設定が非常に斬新で、ただ純粋に面白いです。

全6巻でサクッと読み切れるボリュームというのも嬉しいですね。「少し退屈なお休みの日に、まとめて読破!」なんてどうですか?

f:id:xx_mar0_xx:20160923120131j:plain

プリティフェイス 第1巻

 

くろアゲハ(連載中)

ヤンキー漫画の金字塔とも呼ばれる『カメレオン』を手掛けたことでも有名な加瀬先生が描く、下ネタ満載の熱いマンガです。こちらも一風変わった作品ですが、ギャグ要素が強くて笑える仕様になっています。「主人公が夜の街で女装している」という前提はもちろん、ありとあらゆる場面を『女子力』で乗り切るという展開自体が目から鱗の本作品は、まさに『新境地』と言っていいでしょう。

単車なんかにもスポットが当たっているので、割と多くのジャンルをカバーしているというのも、本作の大きな特徴です。萌え要素なんかも、ふんだんに取り入れてますし。「一風変わった不良漫画・ヤンキー漫画が読みたい!」という人には、オススメしたい作品の1つです。王道が読みたければ『カメレオン』をオススメします。

f:id:xx_mar0_xx:20160923123347j:plain

くろアゲハ 第1巻

 

成り上がり飯(連載中)

グルメと不良の両立が非常に面白く、ギャグテイストもふんだんに盛り込んだ一風変わった作品です。「全校生徒の胃袋を掴んで頂点に立つ」というぶっ飛んだ初期設定もそうですが、とにかく面白いんですよね。初期設定だけ聞いたら「しょっぱいマンガっぽいなー」って思うじゃないですか?騙されたと思って読んでみると、これがメチャクチャ面白いんですよ。

絵も綺麗ですし、ギャグに寄せつつも感動したり、ご飯を食べることに対する幸せみたいなものも感じたりするので、良い意味で「今までにない不良漫画」と言っていいでしょう。学生の皆さん、朝食はちゃんと食べましょう。

f:id:xx_mar0_xx:20170410115416j:plain

成り上がり飯 第1巻

最後に

『不良漫画・ヤンキー漫画』というジャンルのマンガで脚光を浴びる作品は、昔と比べると絶対数が遥かに減ってしまったように思えます。それも時代の流れと考えたら仕方ないのかもしれません。

いきすぎた暴力はよくありませんが『素手でのタイマン』で思いっきり殴り合って、最終的には互いの袂を分かち合うというか「昨日の敵は今日の友」みたいなスガスガしさには、ちょっとしたドラマみたいなものを感じませんか?中には古臭さ、青臭さ、男臭さが溢れんばかりの作品も多いですが、これほど熱いジャンルも中々ありませんよ。気になる作品があれば、ぜひチェックしてみてください。