はてなの果てに。

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【カップ焼そば】コイケヤとコラボ!一平ちゃんのすっぱムーチョ&カラムーチョを食べてみた【感想】

f:id:xx_mar0_xx:20161116202337j:plain

斬新すぎてむしろ怖い・・・。私が愛してやまない明星の一平ちゃん夜店の焼そばシリーズから、まさかのコイケヤとのコラボした商品2種類が発売されました。その名も『すっぱムーチョ さっぱり梅味』と『カラムーチョ ホットチリ味』です。

スナック菓子として有名な2つの商品と、一平ちゃんの焼そばが満を持してコラボしたわけですけど、個人的には「恐怖心>好奇心>期待度」といったところで、ハッキリ言うと「明星はなんでこんな商品を出したんだ!?」と言いたくて、思わず購入してしまいました。

食べる前までは「なんじゃこりゃー!」と言う気満々だったわけですけど、結果から言うと「悪くない」という感想に落ち着いてしまうわけで・・・。奇をてらった商品のはずが、意外と無難な味わいに完成していました。

それぞれの商品がスナック菓子としての特徴を残しつつも、しっかりカップ焼そばとして成立してますし、なかなか面白いと思いましたよ。今後も何かしらのコラボ企画をしていくというのであれば、ぜひ応援したいというデキと言っていいでしょう。

というわけで、今回は一平ちゃん夜店の焼そば『すっぱムーチョ さっぱり梅味』と『カラムーチョ ホットチリ味』を食べてみた感想・レビューを書いていきたいと思います。

 

 

すっぱムーチョ さっぱり梅味

f:id:xx_mar0_xx:20161116203535j:plain

商品概要

コイケヤ「すっぱムーチョさっぱり梅味」の味わいを表現した 梅の甘ずっぱい香りと強烈なすっぱさがクセになる醤油味のマヨ付焼そばです。

ふりかけの梅肉チップと粉末梅肉は紀州産です。すっぱムーチョ梅味×一平ちゃん夜店の焼そばコイケヤ「すっぱムーチョさっぱり梅味」の味わいを表現したマヨ付焼そばです。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば すっぱムーチョさっぱり梅味: 明星食品

  • エネルギー:535kcal
  • たん白質 :9.2g
  • 脂質   :26.0g
  • 炭水化物 :66.1g
  • ナトリウム:1.6g

 

内容は通常の物と変わらず

f:id:xx_mar0_xx:20161116204036j:plain

液体ソースとふりかけ、そしてからしマヨネーズです。このラインナップは通常の一平ちゃんと変わりないですね。

特別、めん自体に梅肉が練り込まれているとかそういうことはなく、あくまで液体ソースで酸味を加えて、ふりかけで色合いと梅感を出すという感じでした。

 

ふりかけの色に驚き

f:id:xx_mar0_xx:20161116204644j:plain

このバイオレンスな見た目に、完全に度肝を抜かれてしまいました。まぁ元々、体にいい食べ物だとは思ってませんけど、明らかに体に悪そうな色合いだと思いませんか?正体は紀州梅の「梅肉チップと梅肉粉末」とのことです。

液体ソースをかけた段階では、香りから酸味こそ感じるものの梅感はあまりなかったのですが、ふりかけをかけた瞬間に一気に梅の香りが広がります。さっぱりした雰囲気のカップ焼そばというのが第一印象です。

 

梅と焼そば、悪くない

f:id:xx_mar0_xx:20161116205145j:plain

かき混ぜると、見た目では「少し色味の薄い焼そば」という感じですが、実際には梅の香りが広がっているので、なんとなく酸っぱいのが伝わってきます。実際に食べてみると酸っぱすぎず、ほど良い酸味がカップ焼そばを成立させているという感じでしょうか。

ハッキリ言って「悪くない」です。私は梅も酸っぱい食べ物もそんなに好きじゃありませんし、なんならすっぱムーチョなんかは絶対に選ばない部類の人間ですが、それなりに美味しく食べることができました。

なので「スナック菓子なんかでも梅味のものには目がない!」というレベルの人にとっては、これは美味しく食べられる商品だと思います。ネタ商品だと思っていましたけど、普通においしかったですよ。

ただしマヨネーズをかけてしまうと、せっかくの梅感が失われて中途半端になってしまうような気がしました。からしマヨネーズをかけて楽しみたいのであれば、普通の一平ちゃんを買った方がいいと思いますね。

美味しいか美味しくないかで言えば「美味しい」です(また通常通りのお金を出して買うかと聞かれたら、買わないと思いますが)

 

カラムーチョ ホットチリ味

f:id:xx_mar0_xx:20161116212506j:plain

商品概要

コイケヤ「カラムーチョホットチリ味」の味わいを表現した スパイシーな辛さと旨さがガツンとくる醤油味のマヨ付焼そばです。

唐辛子の辛さと旨さが刺激的でクセになる味わいです。カラムーチョホットチリ味×一平ちゃん夜店の焼そばコイケヤ「カラムーチョホットチリ味」の味わいを表現したマヨ付焼そばです。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば カラムーチョホットチリ味: 明星食品

  • エネルギー:547kcal
  • たん白質 :9.3g
  • 脂質   :26.9g
  • 炭水化物 :67.0g
  • ナトリウム:1.4g

 

内容は通常の物と変わらず

f:id:xx_mar0_xx:20161116212518j:plain

こちらも液体ソース、ふりかけ、からしマヨネーズと通常通りの様子。もちろん、めんに唐辛子が練り込まれているとかもありませんでした。

すっぱムーチョが鮮やかすぎるほどピンクのふりかけだったので、こちらも燃えるような赤色が期待できそうですが、果たして・・・。

 

辛そう!

f:id:xx_mar0_xx:20161116212757j:plain

液体ソースは、通常のカップ焼そばでいう辛口バージョンのソースと変わらない感じですかね。なんとなく担々麺風というか、どちらかというと「旨そう>辛そう」なイメージでしたが、ふりかけが完全に悪意のあるレベルで唐辛子です(笑)

「うわー、これ絶対辛いやつでしょ!?」という雰囲気が、ひしひしと伝わってきます。粉だけちょっと舐めようかとも思ったのですが、怖くてできませんでした。

 

思いのほか辛くない

f:id:xx_mar0_xx:20161116214019j:plain

どちらかというと瞬発的な辛さではなく、ジワジワやってくるタイプの辛味なんですけど、辛いのが平気な人にとっては全然辛くないかもしれません。ペヤングの辛口(激辛表記でしたが)と比べると、断然ペヤングの方が辛いです。

最初、からしマヨネーズをかけずに食べていたのですが、あまり辛いと思いませんでした。そして、マヨネーズをかけるとより一層マイルドになります。カラムーチョ感が味わいたいという人は、こちらもからしマヨネーズを自重した方が楽しめるでしょう。

辛いのが苦手な人は食べるのがツラいかもしれない程度の辛さと表現すればいいでしょうか。食べながら鼻をかんだりはしませんけど、熱々のスープを飲みながら食べるのは遠慮したいという程度ですかね。ペヤングの辛口だと水が欲しくなりますけど、こちらは水なしで大丈夫でした。

カラムーチョの雰囲気というよりも「唐辛子の辛味を堪能できるカップ焼そば」という感じで、良くも悪くも「無難」というのが正直な感想です。あ、美味しいか美味しくないかで答えるなら「美味しい」です。でも、他の辛口焼そばの方がいいかも。

 

最後に

私は「美味しいものは最後に取っておきたい性格」なので、「すっぱムーチョ→カラムーチョ」という順番で食べましたが、どちらかと言うとすっぱムーチョの方が冒険もしてるし、他にはないという意味で面白いなぁと思いましたし、評価もしたいです。

カラムーチョは期待していただけに少しガッカリというか、決してマズくはないんですけど普通の辛口の焼そばといった感じで、全くカラムーチョ感がないんですよね。せっかくコイケヤとコラボするんですから、ホットチリ味のふりかけだけじゃなしに、チップス的な要素を加えても面白かったんじゃないかと。

どちらの商品も「美味しいor美味しくない」の2択なら「美味しい」と答えますし、貰えるなら喜んで貰いますけど、通常価格でリピートするかどうかと聞かれたら、おそらくリピしないでしょうね。安売りしてたら、もしかしたら買う・・・かなぁ。

どっちかというと賛否両論ありそうなのは『すっぱムーチョ』で、無難なのが『カラムーチョ』ですが、どちらもそれなりに美味しいですよ。気になるなら試してみる価値はあると思います。以上!

【関連記事】