はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

『日清ラ王 Selection 炊き出し鶏とろ白湯』を食べてみた感想

f:id:xx_mar0_xx:20160628063152j:plain

日清食品を代表すると言っても過言ではないラ王シリーズから新商品『日清ラ王 Selection 炊き出し鶏とろ白湯』が6月27日より発売されました。

基本的にカップ麺で200円以上するような商品はあまり買いません。ですが人目を引くパッケージに魅せられ、かつ白湯系の味がするカップ麺ってあまりないので、物珍しさから購入してしまいました。

まして日清食品のロングセラー商品でもあるラ王シリーズですから、安定の美味しさを提供してくれると思います。早くも期待大ですが、さっそくレビューしていきましょう。

 

商品概要

メーカーによる商品説明

「日清ラ王Selection」は、「日清ラ王」ならではの "まるで、生めん。" のような食感の麺と、スープや具材にこだわったメニュー選定で、ワンランク上の贅沢をお届けするシリーズです。第7弾となる「炊き出し鶏とろ白湯」は、じっくり炊き出した鶏のうまみや甘みが感じられる、とろっと濃厚なスープが特徴です。具材には、鶏白湯スープにマッチする蒸し鶏、ねぎ、わけぎ、白髪ねぎ、フライドオニオン、ゆず、唐辛子の7種類を贅沢に使用しています。鶏のうまみがつまったスープと7種の具材のハーモニーを、最後の一口までお楽しみください。

 『最後の一滴まで飲み干したくなる濃厚スープと7種の具材のハーモニー』というのが、コンセプトになっているようです。

 

標準栄養成分表

  • エネルギー :452kcal
  • たん白質  :9.6g
  • 脂質    :16.4g
  • 炭水化物  :66.6g
  • ナトリウム :2.3g
  • ビタミンB1:0.24mg
  • ビタミンB2:0.29mg
  • カルシウム :1.39mg

 

実食

開封

f:id:xx_mar0_xx:20160628065820j:plain

  • 先入れかやく
  • 後入れかやく
  • 調味オイル
  • 粉末スープ

基本的に高いカップ麺にはありがちな複数の袋ですが、4つ入ってます。お湯を入れる前に入れるのは『先入れかやく』のみで、中身は蒸し鶏とネギでした。

個人的には、後入れも先入れもそこまでこだわらずに放り込みたいんですけど、一応レビューするつもりなので調理方法はしっかり守っていきたいと思います。

 

とろみたっぷり

f:id:xx_mar0_xx:20160628064852j:plain

 

スープは白く濁っているような見た目で、爽やかなゆずの香りと味わい深いスープの香りがそそります。適度なとろみがあるので味自体は非常に濃厚なのですが、白湯が非常にさっぱりしているので、しつこくない味と言えるでしょう。『濃厚』と『さっぱり』の共存ってこういうことだと思います。

そして「最後の一滴まで飲み干したくなる濃厚スープ」という謳い文句に偽りはありません。ペッパー系の食欲をそそる香りも相まって、ゴクゴクいってしまいました。個人的にゆずはそんなに好きではないのですが、ラーメンの味を邪魔することなく、完全に引き立て役として機能していたのでgoodです。

麺はラ王特有の歯応えある麺で、うまくスープと絡むので非常に食べごたえがあります。それから具材の蒸し鶏に関しては非常に控えめです。ほんのちょこっとしか入っていません。

決して麺の量も多くはないので、これだけだと少ないという方は、蒸し鶏を足してあげると美味しくお腹が膨れると思います。少しでもヘルシーにできますし、白湯スープを蒸し鶏の相性は抜群のように思えたのでオススメです。

 

最後に

白湯好きにはもちろんですが、塩ラーメンなどのあっさり系の味付けが好きな方も美味しく食べれると思います。金額が高くなければ、間違いなくリピートすると思いますね。

前項でも書きましたが、蒸し鶏とスープの相性がいいはずなので、単にライスを付けるよりは鶏むね肉を使うのがオススメです。もしリピートする際は、自作の蒸し鶏を大量に入れて食べてみたいと思います。

機会があればレポする予定ですので、その時はまた読んで頂けたら嬉しいです。それでは!