はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

育児に疲れたときに読みたい!『ママはテンパリスト』という爆笑必至なマンガを紹介する

f:id:xx_mar0_xx:20161129115215j:plain

マンガの中でも「スポーツ」や「バトル系」に比べると、どうしても人それぞれの好みって部分が大きくなってしまうジャンルが「ギャグ漫画」だと思うんですけど、そのギャグ漫画の中でも異質の『育児ギャグ漫画』というジャンルで、抜群に面白い作品があるのをご存知でしょうか?本作では初めての育児を経験する作者によって、実際のエピソードに基づいた「子育ての日常」が面白おかしく描かれています。

もちろん実際のママさんの視点から描かれているので、同じ立場のママさんからしたら「わかる~」というような描写が多いでしょうし、なにより『育児の大変さ』みたいなものが、ひしひしと伝わってくるんですよね。大変なこととか腹が立ったことを笑いにするって、相当な技術だと思うんです。今、現在進行形で育児に疲れているママさんもちょっとした息抜きでこの作品を読めば、元気が貰えるかもしれませんよ。とにかく面白くてオススメです。というワケで今回は『ママはテンパリスト』という、爆笑必至なマンガを紹介したいと思います。

 

 

概要

作品概要

f:id:xx_mar0_xx:20161129115638j:plain

コミックス1巻

 

作者の愛息・ごっちゃんの成長ぶり(作者曰く“ごっちゃんのクソばか行動”など)が描かれている。キャッチコピーは「すいません 育児ナメてました」。 『月刊コーラス』(集英社)にて2007年8月号から2011年7月号まで連載された。通常は4 - 6ページ程度が掲載され、稀にスペシャルとして30ページなどの場合もある。2011年に完結し、単行本は全4巻(A5判)。第1巻には、2006年・2007年に『別冊コーラス』(同)に発表された「おんな風林火山」(全3話+番外編)も収録されている。こちらもごっちゃんの育児漫画であり、本作の前身と言える作品である。 育児漫画が「5万部を超えればヒット」と言われている中、本作は2009年7月時点で1巻が13万5,000部、2巻が11万5,000部[1]、同年末までに50万部を売り上げた[2]。フリースタイル社が発行する『このマンガを読め!』の2009年版で第1位、宝島社発行の『このマンガがすごい!』の2010年版オンナ編で第3位、マンガ大賞にノミネートされるなど、評価も高い。

ママはテンパリスト - Wikipedia

 

所感

f:id:xx_mar0_xx:20161129120536j:plain

コミックス1巻

育児ってイイものであることは間違いないんですけど、第一子のそれも1番大変な時期となると、当の本人からすれば大変なことだらけなものです。最終的には「育児っていいなぁ」って思いながらも、大変で疲れしまう瞬間もあるのではないでしょうか。その酸いも甘いもが凝縮されたマンガが、コチラの『ママはテンパリスト』です。この作品の特徴としては「イチイチ面白い!」という部分でして、笑いの種類としては『あるあるネタ』だと思うんですけど、育児の経験も出産の経験もない私が読んでも笑えるという極めて特殊なマンガだと思いました。

過去に大変な育児を経験したという人からすると「こんな時期もあったなぁ」という感慨深い笑いが得られ、現在進行形で大変な思いをしているという人は「共感の嵐の中で、自分も頑張ろう!」と思える作品ではないかと。これまで、小さい赤ちゃんと接してるのを描いたマンガって、どうしても『感動』に寄せすぎているせいか、こっちにかける迷惑もマイルドなものばかりなんですよね。そして、それに対して怒っちゃったことを反省する場面が描かれてたりするのがセオリーというか、もしそれを現在進行形で育児をしている人が見たとしたら「そんな温いもんじゃねーよ!」って言いたくなるような内容なんじゃないかなーって。

でも本作における描写は、言葉を選んでいる感こそあるものの、育児の大変さが面白おかしく描かれています。もう「愛息子・ごっちゃんの迷惑きわまりない行動が、一種の不可抗力になっている」というか、作者のママさんも悟りをひらいているような感じなんです。これが堪らなく面白い!きっと同じような境遇のママさんが読んでも「大変なのはウチだけじゃないよね」って、元気をもらえるんじゃないでしょうか。

 

イタズラの数々

液体系

f:id:xx_mar0_xx:20161129123550j:plain

コミックス1巻

作中においてママさんは「1番困るイタズラ」として『液体系のイタズラ』を挙げています。事後処理のことを考えても、確かに「飲み物をこぼされたらカーペットも汚れたり、赤ちゃんの服も濡れちゃったりして大変そうだなぁ」なんて思ってたら、そんな次元の話じゃありませんでした。

おそらく事実に基づいて書かれている作品だと思いますが、排水溝にティッシュを詰めて滝行をするという「今時、どんなハングリーな修行僧でもやらない荒行」に身を投じる愛息子の姿が描かれています。

 

あー言えばこう言う

f:id:xx_mar0_xx:20161129124904j:plain

コミックス1巻

本当に小さい時は感情表現がほぼ『泣』のため、なにを伝えようとしているのかがわからなかったりして、大変な思いをしてしまうことも多いのではないでしょうか。そして笑顔に癒されたりもして・・・。言葉による意思疎通ができない分、大変なことも嬉しいこともあると思うんですけど、成長して言葉を理解してくるとどうしても『達者』になっていきます。

言葉を選ばずに言うのなら「口ごたえ」をしてきたり、あるいは「生意気」なことも言ってくるでしょう。まぁ生意気になるのはもう少し後の話だとして、これまでは「おばけがくるよ!」と言えば大人しく寝ていたのが、いつかは通用しなくなるときが来ちゃうんですよね。

今度はおばけに代わる何かを探さなきゃいけない大変さと、我が子が成長しているという喜び、それから成長の早さに対する驚きなど、とにかく発見の連続だと思います。作者の方は29歳で出産を経験したということですが、大人になってから初めて経験する事って新鮮で面白いと思うんですよ。それがストレートな言葉で描かれています。

 

乳離れ

f:id:xx_mar0_xx:20161129130113j:plain

コミックス1巻

個人的にメチャクチャ笑った回で、是非ともみなさんにオススメしたいんですけど、いつまで経っても『乳離れしない息子』に業を煮やし「ゴルゴ13に模した絵を描いて、怖がらせて乳離れさせる」という暴挙に出たエピソードがあるんですが、これがメチャクチャ面白い!この結果、本当に乳離れできたのかどうなのかっていう『オチ』の部分も面白いですし、こういう「一見、くだらない発想」も面白いですし、なにより「ごっちゃんの20年後が楽しみ」ですよ(笑)今よりもっとおっぱい星人になってるかもしれません。

 

最後に

最近年齢を重ねてきたせいか、子供が可愛く見えてしょうがありません。育児マンガって結構流行ってるみたいで、WEB上には本当に多くの育児マンガがあるんですけど、本作品のように書籍化されるような作品ってほんの一握りです。やっぱり「子供は可愛い」もんですけど「可愛いだけじゃ育児はつとまらない」っていう根本を押さえている作品だからこそ、多くの人から支持されているのかもしれませんね。ギャグのセンスも抜群で、かなり笑える作品だと思います。

全4巻という読みやすいボリュームも魅力的ですし、お母さんの心理描写が巧みで、意外と文字数が多いのも個人的には大好きな部分です。絵で笑って、文章で笑って・・・最高クラスのギャグ漫画だと思いますよ。興味のある方はぜひ読んでみてください。それではっ!