はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【マイジャグラー3】設定4の3000G時点のデータ【実戦検証】

f:id:xx_mar0_xx:20160711090937j:plain

(2017/02/20内容追記しました)

「ここだけは下回りたくないポイント」が設定4です。設定4あれば、大多数の機種において出玉率が100%を上回るスペックになると言えます。マイジャグラーにおいても同様のことが言えますが、マイジャグラー3の設定4の出玉率はメーカー公表値で『102.8%』と、決して喜んで稼働するレベルにはありません。

しかしながら理論的には勝てるボーダーですので、ここを上回る数値で勝負していくことが重要だと言えるでしょう。今回は、マイジャグラー3における『設定4の3000G時点のデータ』について公開したいと思います。

 

 

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
1 1/287.4 1/431.2 1/172.5 95.7%
2 1/282.5 1/364.1 1/159.1 97.9%
3 1/273.1 1/341.3 1/151.7 99.9%
4 1/264.3 1/292.6 1/138.9 102.8%
5 1/252.1 1/277.7 1/132.1 105.3%
6 1/240.9 1/240.9 1/120.5 109.4%

 

マイジャグラー3の設定4

REG確率

他のジャグラーシリーズ同様、REG確率が1/300を上回る台を狙うのがセオリーです。マイジャグラー3は、設定4から1/300を上回る確率でREGが引けることになります。低設定と設定6を比べるのであれば、BIG確率も決して無視できないくらいの設定差がありますが、やはり注目すべきはREG確率で間違いありません。

特に大きい設定差が設けられているのが「単独REG」ですので、通常時のチェリーフォローは確実に行い、単独REGなのかチェリー重複なのかの区別ができるようにしておきましょう。

【関連記事】

 

1番使いやすい見せ台

マイジャグラー3は設定6の出玉率が突出しています。そして波も穏やかなので十中八九、客側が勝つことが可能な設定です。そのため、私がホール側の人間であれば、設定6なんか普段は使いません。

1~6の選択肢で考えるのと1~5の選択肢で考えるのは全くの別物であり、前者の場合は5が選ばれる可能性もありますが、後者の場合は5も選ばれにくくなるのではないでしょうか(あくまで私の考えです)。そういう意味でも『設定4の何台に1台が、設定6っぽく化けるのか』などにも注目して、データを見てほしいと思います。

 

実戦

実戦データ

マイジャグラー3、設定4、3000G×30。

番号BIGREG差枚数
1 16 8 +1875
2 11 10 +370
3 11 8 +175
4 8 5 -1148
5 11 9 +12
6 17 16 +2525
7 10 9 -390
8 12 12 +824
9 7 5 -1753
10 7 9 -1013
11 18 6 +2209
12 7 17 -500
13 18 6 +2000
14 16 10 +1847
15 5 5 -2405
16 9 11 -419
17 8 14 -36
18 12 8 +457
19 11 14 +453
20 13 11 +700
21 10 10 -6
22 9 11 -255
23 11 14 +683
24 8 9 -877
25 16 9 +1836
26 10 13 +306
27 11 8 +200
28 13 10 +992
29 7 5 -1544
30 13 10 +902
  • BIG:335回(1/268.66)
  • REG:292回(1/308.22)
  • 差枚数:+8020枚(平均+300.67枚)

 

考察

15/30

REG確率が1/300を上回っている台について注目すると、2台に1台の割合で出現しました。中には半分の5回というデータも複数あるので、なかなかの暴れっぷりが伺えます。

試行回数が少なく、トータルのREG数がヒキ弱の数値になってしまいましたが、その分BIGが少し引けているので差枚については問題ないでしょう。3000G回して平均で300枚のプラスですから、狙うべきは5以上にするべきですね。

 

フェイク台

6番と12番がREG数が突出しているのもあり、飛びついてしまいそうな数値です。特に6番は合算もとびっきりの数値を叩き出しているので、空いてたら迷わず打ってしまいますね。

ちなみにREG確率でいうと、3000Gで14回引けているのであれば設定6の確率を上回っているので、それを基準に考えると30台中5台という結果が得られました。

 

5回に2回程度の確率で負ける

絶対値の大きさは無視するとして、30回の3000Gのデータで18回がプラス領域、残りの12回が負け領域です。確率にすると40%でマイナスに転じているということがわかります。

いくら長い目で見ればプラスになるとは言っても勝率にして60%で、なおかつ額も微々たるものですから、勝ちを拾うには設定5以上に絞った方がいいでしょう。

 

最後に

マイジャグラー3の設定4は、打ち続ければそれだけプラスになっていく台ではありますが、安定して勝っていくのが難しそうです。しかも設定4を良しとしてしまうと設定3なんかも拾ってしまう可能性が高くなるので、そこのボーダーは徹底して守るようにした方がいいと思います。

設定6であればかなり突出しているので、「設定5か6」と言い切れる状況になることがほとんどではないでしょうか。「設定4はありそうという状況で、実は6だった」という展開は本当に稀です。確信できない設定4は捨てるという判断もアリだと思いますよ。