はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

ペヤングのわかめMAXがイイ意味で無難だったので感想を書いていく

f:id:xx_mar0_xx:20161123110655j:plain

コンビニで先行販売されていた『ペヤングやきそば わかめMAX 醤油味』を近所のスーパーで発見したので、早速食べてみました。個人的にはエースコックのわかめラーメン(ノンフライじゃない方)がメチャクチャ好きなので、すごく期待してるんですよね。

インパクトからして強烈な印象を与えるほどの真緑なわけですけど、ベースは醤油味ということなので、おそらくケンカはしないんじゃないかと思います。言葉を選ばないのであれば「醤油とわかめの組み合わせに麺を入れただけ」ですから、マズいってことはないでしょう。

時期は遅れながらもスーパーで発売されるということを知っていたので待っていましたが、値段的にはそこまで安く売られているわけでもなかったので「コンビニで先行体験しておけば良かった」と思いました。その分、美味しくなくては困りますよ!

というわけで、今回は『ペヤング 焼そば わかめMAX 醤油味』の感想・レビューをしていきたいと思います。

 

 

商品概要

消費者にインパクトを与えるというコンセプトで開発致しました。調理後にフタを開けた際に、麺が見えないくらいの大量のわかめが消費者に大きなインパクトを与えること間違い無しの商品です。具材としてわかめ・コーン・ネギ・レッドベルを使用しております。 豊富に使用したわかめはカップの中で溢れだしそうなくらい存在感を出します。 わかめに合うような醤油ベースのソースに仕上げました。また、味に深みを出すためにごま油を効かせました。さっぱりながら後味にまろやかな風味を残しました。

  • エネルギー:499kcal
  • たん白質 :10.9g
  • 炭水化物 :60.8g
  • 脂質   :23.6g
  • ナトリウム:1.6g

 

開封

醤油味のソース

f:id:xx_mar0_xx:20161123112055j:plain

開封すると小袋が2つ出てきますが、まずはコチラのソースから。『ソース』って書いてますけど普通の『ソース』ではなく、醤油味の『ソース』です。醤油ダレみたいなもんです。ここ、たぶん勘違いされたくないって思って、パッケージにも醤油味って書かれてるんだと思うんですが、本物のソースにわかめって考えたら、あまり食欲が湧きませんよね。

そういう点ではあくまで醤油とわかめですから、合わないと言うことはなさそうです。「汁なしわかめラーメン」とか「わかめトッピング油そば」みたいな感じになるのではないでしょうか。

 

わかめが意外と少ない!?

f:id:xx_mar0_xx:20161123112643j:plain

一方こちらが本品の主役になる「わかめ」です。開口一番「パッケージ詐欺か!?」と思わずにはいられませんでした。というのも、パッケージには溢れんばかりのわかめが載っていて、かやくの量がコレですよ?わかめは増えるとは言ってもねぇ・・・。

他には「コーン」やら「ネギ」やら、完全にわかめラーメンと似たかやくのラインナップです。ただ、わかめと一緒になっている分、袋がパンパンになるくらいのボリュームです。ここは嬉しいですね。

 

f:id:xx_mar0_xx:20161123113140j:plain

ちなみに麺のうえに開けたらこんな感じです。・・・意外と少なくはなさそうって感じもします。最初は「意外と少ないなぁ」なんて思いましたけど、これはもしや結構な量になるのでは・・・。

 

実食

蓋を開けて唖然

f:id:xx_mar0_xx:20161123113729j:plain

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

うわぁぁぁ、パッケージ詐欺とか言ってごめんなさい!完全にこんもり乗っかってますけど!?めちゃくちゃ増えました。わかめパワー恐るべし。

この段階で磯臭さというわけではありませんが、乾燥わかめが仕上がった際の独特の香りが広がります。決して嫌な香りというわけではないんですけど、少しクセのある香りって言うんですかね。少なくともわかめが好きだという人にとっては問題の無いレベルだと思いますが、少し気になりました。

 

f:id:xx_mar0_xx:20161123114428j:plain

ちょっとボケちゃいましたけど、真上から見たらこんな感じです。わかめの量がすごすぎて、小袋の段階では同程度入っていたネギやコーンが少なく見えます。

ここに醤油味のソースをかけてかき混ぜたら、いよいよ食べられる状態なわけですけど、醤油味のソースなので純粋なソース味と比較すると「香ばしい香り」というか「隣りで食べられた時の破壊力」みたいなものは少ないです。

焼そばとカレー味の食べ物って、香りからすでに破壊力を秘めてると思うんですよ。本品にはそれは感じませんでした。

 

いざ、実食!

f:id:xx_mar0_xx:20161123114811j:plain

ハゲ散らかったわかめが散らかっちゃいましたけど、普通に美味しいっていうね。冒険でも何でもなくて、無難な味&組み合わせで普通に美味しいです。Amazonのレビューにもあったように、普通に「わかめラーメンの汁なし」って感じですかね。

普通のソース味のペヤングなら2個一気に食べられる私ですが、本品はなんとなくパンチが足りないというか「飽き」がきたので、残り半分で「ラー油」を少し投入したところ、ピリ辛になってこれまた楽しめましたよ。ゴマ油なんかとの相性もいいと思います。

「美味しいか美味しくないか」で言ったら、間違いなく「美味しい」と答えますけど、わかめがとにかく好きだという人以外に『本製品をわざわざ選ぶ理由』はないと言っていいでしょう。味も想像の範疇ですし「わかめ焼そば」って聞けば面白そうですが、「汁なしわかめラーメン」って聞いても別にねぇ。

 

最後に

わかめ好きとしては美味しく食べることが出来ましたが、正直な感想としては「だったらわかめラーメン食べるわ!」って感じですかね。本品の方が麺の量は多いわけですけど、やっぱスープが欲しいですよ。

あとは「コンビニだと高いから、スーパーで販売されるまで待つ」という選択をしたにも関わらず、そのスーパーでの販売価格が150円とかでしたかね。そこまで安くないっていう部分のガッカリ感からスタートしたので、全体的に辛口評価になってしまったかもしれません。

今後、安売りがあればリピしてみたいと思いますが、同様の金額であれば間違いなく買いませんし、自信を持ってオススメする商品でもないかなぁと。期待感が大きかったからでしょうか。

興味がある人は「スープなしのわかめラーメン」を想像してみてください。例えるならコレが近いハズ・・・です。

 

【関連記事】