はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

日清食品の『プーパッポンカレーヌードル』を食べた感想・レビュー

f:id:xx_mar0_xx:20160621212427j:plain

(2016/09/08内容追記しました)

 

日清食品から2016/06/20より発売された新商品『プーパッポンカレーヌードル』を衝動買いしてしまいまして・・・。デザインからも分かるように『カニ』に焦点を絞った商品です。

実は私『カニ』も好きなんですけど、少しアジアンテイストのあるものが大好きなんですよね。もうパッケージを見た段階で吸い込まれるように購入してしまいました。プーパッポンカレー自体が『本格的なタイ料理』らしいので、いやがおうにも期待度は高まります。

今回はプーパッポンカレーヌードルの商品紹介を含め、それを食べた感想・レビューを綴っていきたいと思います。

 

 

商品概要

メーカー紹介文

本場タイだけでなく、日本でも人気が広がっている「蟹と卵のカレー炒め」プーパッポンカレーをカップヌードル流にアレンジしました。

蟹と香味野菜の風味を卵がまろやかに包み込む甘辛カレーです。

 

成分表

  • エネルギー:491kcal
  • たん白質 :10.5g
  • 脂質   :22.1g
  • 炭水化物 :62.7g
  • ナトリウム:2.4g
  • ビタミンB1:0.27mg
  • ビタミンB2:0.29mg
  • カルシウム:113mg

 

商品紹介

そそられるパッケージ

f:id:xx_mar0_xx:20160621214314j:plain

アジアンテイスト香るパッケージですね。私が購入したセブンイレブンでも非常に大きな存在感を放っていました。立体感のあるロゴの両サイドには誇らしげにも見える『蟹の爪』が見えます。

CURRYロゴのゴールドの色調も、少し高級感を醸し出しているというか、特別な感じがしませんか?これは期待度が高まりますよー。

 

f:id:xx_mar0_xx:20160621214558j:plain

ちなみに上からの画像はこんな感じです。最近の日清カップヌードルシリーズは、後入れの仕上げオイルを採用した商品が多いように感じます。

パッケージ上の商品画像がたまらなく美味しそうです。というか、なぜオイルの袋を青にしたんでしょうね。もしこれが「入れ忘れのないように、あえて真逆の色を使っている」とかだったら、日清のデザイン担当者に惚れそう。

 

卵がたっぷり

f:id:xx_mar0_xx:20160621215156j:plain

通常のカレーヌードルよりも全体に赤みがかっていました。カレーの色と言うよりはホットチリの色に近いような感じです。

香りに関しては、フタを開けてもそこまで香りがしてくるということはなく、鼻を近づけてやっとカレーの香りがするといった程度。蟹が使われているということは、お湯を注ぐ前の香りでは判別不能ですね。

1番きになった点は『たまごの形状』でしょうか。通常のカップヌードルのそれとは形が明らかに異なった卵が、ふんだんに使われていました。おそらくお湯を入れることで、ふわっとした卵に変わるんだと思います。

ちなみに『コロチャー』でしたっけ?お肉は入っていません。特別、楽しみにしているお肉ではありませんけど、無いなら無いで寂しいです。

 

実食

f:id:xx_mar0_xx:20160621215135j:plain

非常にいい香りがしてきます。後入れオイルは透明で、少しとろみのあるオイルでした。

お湯を注いだらハッキリとわかりますが、完全に『カニかま』ですね。まぁフタを開けた段階で気付いてましたけど。言うなればパッケージの段階で気付いてましたけど。

シーフードヌードルに入ってるやつと同じですかね。・・・し、シーフードヌードルに入ってるやつと同じですカニ。

 

f:id:xx_mar0_xx:20160621220141j:plain

実際に食べてみて初めて、商品紹介にある「甘辛カレー」というフレーズの意味をようやく理解しました。これ、非常に斬新な味だと思います。

一口目食べたときは、スパイシーさが先行して辛さを感じました。しかし、その辛さは尾を引くような辛さではないんですよね。一瞬にして消える辛さというか。

通常辛いものを食べた時って、口で息を吸えば舌のヒリヒリ感や辛みが増すと思うんですけど、そういうのが一切無くて、むしろほのかに甘いんですよね。

スープはとろみがあって、麺とうまく絡むような感じです。そこまでアジアンアジアンしていません。「通常のカレーとは何かが違う!」というのはすぐにわかりますが、いわゆるタイ料理のクセみたいなものは少ないように思いました。

卵は予想通りフワッフワしてて良かったです。こういう工夫が全体的な味もマイルドに仕上げているんだと思います。以前に食べたプーパッポンカレーの味を思い出すくらいだったので、味の再現性については非常に高いと言えるでしょう。

 

本格的なプーパッポンカレー

カレーはやっぱ『カレーライス』という人には、こちらのプーパッポンカレーがオススメです。かなりのカニ感が感じられる仕上がりになっています。

金額は1食当たり500円と決して安くないのがネックですが、かなり本格的なレトルトカレーです。プーパッポンカレーに興味のある方はどうぞ。

 

最後に

率直な感想としては、食べやすくて美味しいですね。今回は衝動買いというのもあって、セブンイレブンでそれなりのお金を出して購入したので、今後スーパーなどで安く手に入るのであればリピートしたいと思います。

色味的にも「ラー油を垂らす」などの工夫をしても面白いかもしれませんね。なんかこの商品は、辛い方が食べ応えありそうな気がしました。

BIGサイズしかないようなので、女性や小食の方がランチに食べるには多いかもしれませんが、量の問題が無い方はぜひ食べてみてください。今までにないような感じで、美味しかったですよ。