はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

ファンキージャグラー高設定の2000G時点での挙動

f:id:xx_mar0_xx:20160816203401j:plain

(2016/09/05内容追記しました)

 

当ブログでは『ジャグラーで勝つための方法』として、再三に渡って『夕方以降の稼働』を推奨しています。そして3000Gや5000G時点でのデータを多数公開してきました。

しかし、私が住んでいるような田舎のホールでは「夕方に行っても3000Gとか回ってる台の方が少ねーよ!」という状況の日も少なくありません。回ってて2000G、下手すれば「朝イチ100Gだけ回されてその後は放置」なんてこともあるくらいです。

そんな方たちのために、ファンキージャグラーにおける『2000G時点での高設定の挙動』にスポットを当てたデータを作ってみました。

回転数が浅く、5000Gや3000Gの回転数と比べると信頼度が大幅に下がってしまうことが予想されますが、その分「座りやすくなる」という最大のメリットがあります。

果たして、ファンキージャグラーの高設定を2000Gで見抜くことはできるのか、早速検証してみましょう。

 

 

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

 

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、シミュレートアプリ、設定4~6、2000G×30。

ファンキージャグラー

ファンキージャグラー

  • Kita Denshi Corporation
  • ゲーム
  • ¥600

 

設定4
番号BIGREG差枚数
1 7 9 +276
2 12 6 +1710
3 12 6 +1632
4 6 7 -202
5 11 5 +915
6 7 5 -205
7 11 2 +932
8 5 4 -1035
9 8 6 +1085
10 3 4 -2559
11 6 2 -676
12 4 7 -695
13 10 4 +705
14 12 10 +1836
15 8 3 -200
16 9 3 +231
17 11 3 +976
18 7 4 -253
19 4 6 -863
20 6 3 -844
21 7 5 -154
22 9 7 +596
23 8 3 +99
24 13 2 +1371
25 7 5 -298
26 6 7 -314
27 9 4 +263
28 14 4 +1862
29 5 8 -373
30 11 5 +1173
  • BIG:248(1/241.94)
  • REG:149(1/402.68)
  • 差枚数:+6991枚(平均:+233枚)
  • 勝率:53%(16/30)
  • REG7回以上:6回(6/30)

 

設定5
番号BIGREG差枚数
1 2 11 -936
2 6 3 -586
3 13 10 +2105
4 11 4 +1001
5 13 8 +2005
6 9 5 +483
7 4 13 -240
8 4 7 -838
9 5 7 -674
10 11 7 +1313
11 6 6 -490
12 11 4 +1082
13 4 8 -686
14 10 12 +1568
15 4 8 -478
16 7 5 -97
17 5 6 -508
18 8 6 +177
19 9 4 +605
20 10 7 +1058
21 13 3 +1543
22 8 7 +272
23 4 12 -312
24 2 9 -1283
25 9 6 +635
26 6 8 -79
27 8 3 -33
28 14 7 +2302
29 8 7 +459
30 14 5 +2018
  • BIG:238(1/252.10)
  • REG:208(1/288.46)
  • 差枚数:+11386枚(平均:379.53枚)
  • 勝率:53%(16/30)
  • REG7回以上:17回(17/30)

 

設定6
番号BIGREG差枚数
1 1 9 -1436
2 12 4 +1301
3 5 9 -340
4 8 7 +432
5 16 8 +2879
6 5 9 -423
7 12 8 +1972
8 6 9 +44
9 8 12 +897
10 8 7 +563
11 9 11 +1175
12 5 6 -764
13 8 9 +744
14 6 7 -161
15 9 8 +925
16 9 8 +854
17 8 2 -83
18 7 6 +78
19 9 3 +446
20 16 9 +3130
21 9 8 +812
22 11 11 +1991
23 12 4 +1343
24 5 5 -597
25 10 10 +1350
26 10 6 +962
27 10 9 +1279
28 7 5 -182
29 6 13 +192
30 9 8 +866
  • BIG:256(1/234.38)
  • REG:230(1/260.87)
  • 差枚数:+21002枚(平均:+700.07枚)
  • 勝率:73%(22/30)
  • REG7回以上:21回(21/30)

 

考察

BIGはアテにならない

設定4で13回や14回も引けるときもあれば、設定5や設定6でも5回以下の時もあります。REGも暴れるときは暴れますが、REGに比べるとBIGはアテにならないと言えるでしょう。

しかし、アイム系とは違って「ファンキージャグラーのBIG確率は無視していいほど小さいものでもない」ため、合算で考えるのも有効だと思います。少なくとも、アイム系と違って「BIG確率の無視は危険」と言わざるを得ませんね。

ただし、BIGに比べたら遥かにREGの信頼度の方が高いので、あくまでREG重視の立ち回り、かつBIGも度外視はしないというスタンスがいいのではないでしょうか。

 

設定6は安定している

以前、設定6の5000G×30回の実戦では勝率80%を記録し、安定して勝てることを証明したファンキージャグラーですが、さすがに2000Gだと不安があると思っていました。

しかし2000Gという短い間でも、そこまで大きく暴れることもなく、ファンキージャグラーの設定6は大きく安定した結果を出してくれたと言えるでしょう。

2000Gの平均が700枚のプラスで勝率73%は御の字だと思います。明らかにBIGのヒキ弱で負けている場合を除き、差枚でマイナスになっている台は、候補台から外してもいいくらいではないでしょうか。

もちろんREGが優秀すぎるのであれば、差枚数がマイナスであっても勝負する価値は十分あると思います。その辺は「勝負するホールの信頼度」などを加味した上で、上手く立ち回ってみてください。

 

ヒキ弱の設定4とヒキ強の設定5

大きくREGが足りないデータが出てしまったので、これを比較するのもどうだろうという部分もありますが、設定4と設定5の間には大きな壁ができました。

実際にREG確率のボーダーを1/300に引くと、設定5でも若干ヒキ強でないとボーダーに達しないことになります。しかし、設定5では過半数がボーダーを達成しました。

一方で設定4は、5台に1台しかボーダーを満たしていません。(ヒキ弱のデータですけど・・・)

 

以前に検証した設定4の5000G×30のデータです。『ファンキージャグラーの設定4を5000G×30で実戦したときに、設定6っぽい台が何台出るか』という検証でした。

このときは、ほぼ確率通りになりましたが、そのときのボーダー達成率は9/30です。・・・意外と高いんですよね。

そう考えると『2000G時点でREG確率が1/300を上回っていないと打つ価値がない』と言っていいのかもしれません。もちろん設定6でも上回れない可能性は十分ありますが、少なくともリスクを背負うよりはいいかと思いますね。

 

低設定verとの比較(2016/08/23追記分)

同様の検証を低設定でも行いました。差枚数こそ全てマイナスになったものの、それはあくまで結果論であり、当ブログで推奨している「REG確率での判断」だけでは厳しいかもしれないというデータが出ました。

というのも、設定1でREG10回を記録したのが3回、設定2でREG確率が1/300を上回ったのが8回でしたから、今回の設定4と遜色ないんですよね。

やはり差枚数も視野に入れるか、ボーダーというより「打つための最低条件」とするのが適切かもしれません。

 

最後に

2000G程度じゃそれなりにリスクも高くなりますが、全貌が全く見えないというほどでは無さそうです。特に設定6に至っては、別格の安定さを見せることも少なくありません。

ボーダーの1/300に関しても「上回っていれば安心」というわけではなく『最低基準』という位置付けで勝負することで、その後の挙動に目を光らせていれば十分に旨みのある勝負にありつけることでしょう。

今回の結果を踏まえて「2000G以上でREG確率が1/300を上回っている差枚がプラスの台」であれば、多少のリスクはあっても、勝負する価値が十分にあると判断します。

これにホールの状況を加味すれば、盤石なものとなるでしょう。