はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

ファンキーALL2営業で設定6っぽい台はでるのか

f:id:xx_mar0_xx:20160726010757j:plain

ジャグラーの設定看破要素は、ほぼ『ボーナス確率』のみです。もちろん、実際に稼働する場合は「高設定っぽい台」をメインに立ち回るという人がほとんどだと思います。そのため『設定6』に照準を絞っている人が多く、中には「設定6のボーナス確率は知ってるけど、他の設定は知らない」という人も多いのではないでしょうか。

個人的には、ホールのメイン設定は知っておくべきですし、ホールのメイン設定の挙動こそ押さえておくべきだと思っています。明らかに設定6よりも、低設定の方が台数も多いですからね。そこで今回は「ファンキージャグラーの設定2における5000G×30回のデータ」を使って「どの程度の割合で、イレギュラーな出方をするか」を検証してみたいと思います。

 

 

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%

 

実戦

実戦データ

ファンキージャグラー、設定2、シミュレートアプリ、5000G×30。

ファンキージャグラー

ファンキージャグラー

  • Kita Denshi Corporation
  • ゲーム
  • ¥600

 

番号BIGREG差枚数
1 24 13 +1539
2 16 12 -623
3 15 10 -1629
4 18 16 +34
5 20 7 +52
6 15 9 -1405
7 17 11 -904
8 14 15 -1367
9 9 15 -2885
10 19 9 -552
11 16 16 -802
12 13 9 -2381
13 25 19 +2597
14 17 12 -647
15 23 11 +1193
16 18 19 +436
17 16 7 -1585
18 19 11 -442
19 23 14 +1759
20 14 7 -2310
21 20 12 +116
22   6 -2400
23 11 12 -2845
24 21 15 +921
25 22 13 +1075
26 15 6 -1776
27 11 13 -2414
28 18 14 -316
29 23 9 +926
30 23 20  
  • BIG:529(1/283.55)
  • REG:362(1/414.36)
  • 差枚数:-14550枚(平均:-485枚)
  • 勝率:40%(12/30)
  • REG確率1/300:10%(3/30)

 

考察

勝率は、まずまず

以前に検証した3000Gのデータと比べても、思ったより勝率は下がりませんでした。5台に2台勝てるという案配は、ホール側としては非常に使いやすいと思いますね。

中には「これをプラスにしていいのか?」というようなショボ勝ちもデータに加えているため、実際には『偏りのせい』と言えなくもありませんが、このデータで語るとすれば「10台設置のALL2でも、4台はプラスになる」と言えるので、打ち手側としては厄介なのではないでしょうか。

 

10Gでマイナス1枚

設定1では5000Gの平均差枚数が-400枚でした。一方で、今回の設定2は5000Gで約500枚負けているので、10G回すごとに1枚ずつ減っていく計算になります。もし、夕方からの稼働で設定2を掴まされたと仮定すると、1日2000G回したとしてマイナス200枚ですから、長い目で考えると結構なマイナスになってしまうでしょう。

とは言え、同じような検証をしているにも関わらず設定1>設定2になってる以上、サンプル数の少なさは否定できません。「設定1だろうが設定2だろうが関係なしに、普通に負けられるスペック」と思っておくべきかもしれませんね。

 

REG確率に注目すればOK

では、具体的に「低設定を掴まないための対策」の話ですが、従来通り『REG確率に注目しての立ち回り』で問題ないでしょう。2000G時点では暴れていたものも、5000Gにもなればかなり安定した結果が得られるということが、今回の検証でわかったかと思います。

ファンキージャグラー低設定の2000G時点での挙動 - はてなの果てに。

ファンキージャグラー設定1・2の3000G時データから、勝負してはいけないボーダーを探る - はてなの果てに。

5000G時点で20回ものREGが引かれてしまうと、期待せざるを得ませんが、出現率としては10%程度です。ここは不可抗力というか「気にしても仕方がない部分」と割り切るしかありません。逆に言えば「それ以外の低設定は見切れる」ということにも繋がるので、低設定の切り捨てに有効な方法としてオススメします。

 

設定4との比較

ちなみに、以前検証した際の『3000G回した設定4』のデータと比較すると、REG確率が1/300を満たしたデータは3/10でした。単純に考えて3倍の数値差が生まれています。

もちろん『勝率』も『差枚数』も設定4が上回っているのですが、その辺りに関してはどうしても『結果論』のようなものが付きまとうと思うので、1番の判断材料は『REG確率』がいいのではないかと思いますね。

(今回比較したデータは3000Gのものなので、設定4の5000Gのものを後日、準備する予定です)

 

最後に

おそらくホールのメイン設定は『設定2』なんじゃないかなーと思います。(もちろん設定1の可能性は大いにありますが)設置台数が多ければ多いほど、全部を低設定にしてても「高設定ぽく見える台」というのが出てきますから、いかにそれに騙されずに高設定を掴み続けるかが重要です。

全部が全部、正解の判断をするというのは難しいので、長期的なスパンで考えて、相対的に「低設定での稼働を減らし、高設定での稼働を増やす」ことが重要ではないでしょうか。当ブログでは、このような検証をしたデータを数多く公開しているので、よければ他のデータも見て行っていただけると嬉しいです。