はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【ハッピージャグラーVⅡ】設定5&設定6を1ヶ月放置してみた【実戦検証】

f:id:xx_mar0_xx:20160710051824j:plain

(2016/09/06内容追記しました)

 

スロッターなら誰もが憧れる設定6。たかがジャグラー、されどジャグラー。アイム系の設定6とは違い、ハッピージャグラーVⅡの設定6は極めて安定して勝てると言えるでしょう。

結局はホールによるとは思いますが、アイム系よりも高設定が投入しにくいのではないかと思います。ハッピージャグラーの設定6を1台いれるくらいなら、アイムジャグラーの設定5を2台入れた方がいいような気もしますし。

いずれにしても、ハッピージャグラーの6を掴んだ場合は離さないのが鉄則です。そこで今回はハッピージャグラーVⅡにおける『設定6を5000G×30回した実戦データ』を公開します。

 

(※2016/09/06追記分)

『設定5における5000G×30の実戦データ』を追記しました。

 

 

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
1 1/287.4 1/409.6 1/168.9 96.1%
2 1/282.5 1/364.1 1/159.1 97.9%
3 1/273.1 1/341.3 1/151.7 99.9%
4 1/264.3 1/315.1 1/143.7 102.9%
5 1/252.1 1/287.4 1/134.3 105.8%
6 1/240.9 1/273.1 1/128.0 108.4%

 

実戦(設定6)

実戦データ

おそらく投入頻度としては極めて低いとは思いますが、設定6を毎日5000G、1ヶ月間稼働した際のデータです。

ハッピージャグラーVⅡ、設定6、自宅実機、5000G×30。

番号 BIG REG 差枚数
1 21 22 +1721
2 20 16 +940
3 19 16 +430
4 20 18 +1014
5 18 18 +426
6 17 20 +250
7 20 12 +565
8 28 20 +3813
9 26 19 +2964
10 21 18 +1162
11 18 18 +578
12 19 19 +594
13 12 17 -1689
14 20 22 +1515
15 23 20 +2146
16 19 18 +552
17 18 13 +229
18 19 15 +603
19 18 24 +1224
20 17 14 -300
21 36 10 +5050
22 16 18 -290
23 26 21 +3535
24 18 14 -254
25 22 19 +1791
26 22 17 +1357
27 19 15 +408
28 17 20 +61
29 20 14 +541
30 17 13 -639
  • BIG:606(1/247.5)
  • REG:520(1/288.5)
  • 差枚数:+30297枚(平均:+1010.0枚)
  • 勝率:83%(25/30)
  • REG1/300達成率:63%(19/30)

 

考察

抜群の安定感

やはり設定6は抜群の安定感がありそうです。ほぼプラスになるので、ホール側としては使いにくそうに思えます。ただし6回に1回はマイナスに転じていますし、勝ち額にも幅があり平均で1000枚程度ですから、優良ホールであればそれなりに使っても痛手ではないのかなぁという気もしなくもないです。

 

設定5or6

アイム系は設定5と6の差がブドウ確率のみと言っても過言ではないくらいボーナス確率には差が無かったので、極論を言えば「データから5か6かを見破るのは、ほぼ不可能」というようなカタチでした。

一方でハッピージャグラーは、設定5と6でそれなりにボーナス確率も違ってきます。ハッピージャグラーも設定5であればアイム系の設定6くらいの出玉率なので、設定5であればそれなりに使いやすくなるとは思いますね。

 

REG確率

19/30でREG確率が2/3を切っています。優秀なようで、意外と漏れる確率も高いという印象でしょうか。

設定6を見落とさないことも重要ですが、設定1や2に近付かないことも重要だと思いますので、ここのボーダーは甘くするべきではないと思います。

特に21番のようなデータの台に関しては、設定6でない可能性の方が高いと思うので、注意してください。

 

実戦(設定5)

実戦データ

ハッピージャグラーVⅡ、設定5、自宅実機、5000G×30。

番号 BIG REG 差枚数
1 17 18 -293
2 10 21 -2156
3 25 21 +2602
4 21 17 +916
5 14 17 -1273
6 15 20 -244
7 20 29 +2181
8 13 14 -1517
9 27 27 +3971
10 23 20 +1789
11 14 16 -1195
12 16 19 +193
13 14 21 -521
14 21 15 +991
15 28 27 +4206
16 21 19 +1658
17 23 16 +1508
18 22 20 +1863
19 16 18 -269
20 18 17 +211
21 19 17 +438
22 13 23 -971
23 17 13 -458
24 15 22 -138
25 23 13 +1464
26 17 9 -970
27 24 14 +1536
28 23 17 +1430
29 22 18 +1645
30 11 21 -1705
  • BIG:562(1/266.9)
  • REG:559(1/268.34)
  • 差枚数:+16892枚(平均:+563.07枚)
  • 勝率:57%(17/30)
  • REG1/300達成率:73%(22/30)

 

考察

設定5のREG確率はエグイ

15万Gという少ないサンプルですので、それなりに暴れてしまうのは仕方がないことですが、まさかREG確率において設定5>設定6になってしまうとは・・・。

実際にスペックをよく見ると、設定6は「設定5よりもBIG・REGともに少しずつ引きやすいだけ」なんですよね。つまり『REGだけ見ていても、設定5か設定6なのかを見抜くのは、極めて難しい』ということが言えると思います。

BIGが大きくヒキ負けていますが、危うくBIG:REG比が1:1になるとこだったので、REGが優秀だからといって『設定6』と決め付けるのは良くなさそうですよ。

 

勝率は一気に下がった

設定6では安定して勝てていたものが、一気に勝率が下がって勝率は57%に終わってしまいました。しかし、今回の検証データではBIGが結構ヒキ負けているので、もう少し勝率は上がると思われます。

実際にマイナスに転じているデータについても、1回のBIGでチャラにできるような微小なデータも散見されるので、実際はもう少し高くなるかと。

 

以前に同様の検証をアイムジャグラーの設定5&6で行っているのですが、アイムの設定5の勝率が63%、設定6の勝率が70%です。

出玉率だけでみたらハッピーの設定5は、ちょうどこの2つの間になるので、60%は超えると思います。(とは言っても微々たる差ですけど・・・)

 

ホールデータを取る時は注意

ハッキリ言って、ハッピーの設定6を日常的に使っているホールは、ほとんどないと思います。設定5のデータを見て、これが設定5のものだとわかる人がいるでしょうか。

合算も優秀で、差枚数が1500枚以上超えてたら設定6だと勘違いしても仕方ないと思うんですよね。実際に設定5でも勝てるからいいんですけど、勝率はもちろん平均の勝ち額も大きく下がってしまいます。

ハッピーの設定5を打つよりなら、アイムの設定6の方がいい場合もあるわけで・・・。そこはホール状況を含めて、上手く立ち回ることが必要だと言えるでしょう。

 

最後に

アイム系と違って、ハッピージャグラーの場合はBIG確率にも『完全無視は、できないくらいの設定差』が設けられています。

それでもREG確率が重要であることに変わりはありませんが、併せて合算確率を見ていくなどの工夫が必要でしょう。少なくともREG確率だけ見すぎると痛い目に遭いそうなので、くれぐれもご注意を。