はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

便利なアイテムを紹介!抜け毛予防、防止にはシャンプーブラシが有効

f:id:xx_mar0_xx:20160421161440j:plain

(2016/09/03内容更新しました)

 

20代の半ばまで、髪の毛を洗う時はずっと素手でやっていました。最初は手にとったシャンプーを手で泡立てることすらせず、髪の毛で泡立てたりしていたくらいです。

年を重ねるごとに少しずつ気を遣うようになり、最近までは『爪で頭皮を傷付けないように、指の腹でマッサージする』ことを心がけてやっていたのですが、シャンプーブラシというものを初めて使って、その心地良さに驚きました。

頭は素手で洗うものだと思っていた私にとって、シャンプーブラシを使った時の爽快感は快適そのもので、すごく気持ち良かったんですよね。そして、頭皮の汚れは確実に落ちていると思います。

今回は『シャンプーブラシを使うことのメリット』についての紹介です。

 

 

シャンプーブラシとは?

上記の商品のようなトゲトゲが付いてる外観をした、頭皮の汚れをしっかりとってくれるブラシを『シャンプーブラシ』と言います。シャンプーをするときに、トゲトゲが頭皮をマッサージしてくれたり、毛穴汚れを落としてくれたりするというアイテムです。

指でしっかりと頭皮の汚れが落とせる人には不要ですが、そうでない方にとっては、日々の髪を洗う作業を手助けしてくれるアイテムの1つになります。「爪が長くてシャンプーがしにくい」という女性にもオススメです。

値段はピンからキリまであり、私自身も500円~2000円程度の物をいくつか試しましたが、取手の持ちやすさブラシの肌触りなど、個人の好みによる部分が大きいと思いました。

安い物から試してみて「イイ物だけど、もうちょっと毛先が細い物がいいなぁ」という要望が出てきた場合、希望に沿うものを探せばいいと思います。

 

メリット

マッサージ効果

f:id:xx_mar0_xx:20160903231720p:plain

本来は指でも十分すぎるほどのマッサージ効果が得られるのですが、誰もが美容師さんのようなマッサージ効果のあるシャンプーができるわけではありません。

そこで、シャンプーブラシを使用することで、誰でもマッサージ効果による血行促進効果を得ることができるというわけです。よほど手で上手に洗えている人以外は、明らかな違いにビックリすると思いますよ。

ちょっとした刺激が、非常に心地いいんですよね。血行が良くなってるかどうかの実感はあまりありませんが、気持ちいいのでマッサージ効果は十分に感じられると思います。

後述していますが、あまりに気持ちいいからと言って「力の入れすぎ」にはくれぐれもご注意ください。

 

汚れが落としやすい

頭を洗うのが下手な人だと顕著に違いが現れるのですが、毛穴の皮脂を満遍なく落とすことが可能です。中には「汚れが落ちすぎて必要な皮脂まで落としてしまうからシャンプーブラシは使用しない方がいい」という人もいるくらいです。

私はシャンプーブラシを使用する日と使用しない日に分けたり、湯シャンだけにしてみたり、炭酸水で洗ってみたりと、自分なりに微調整しています。確かに「やりすぎはよくない」です。しかし、それはシャンプーに限らず何でもそうですよね。

個人的な見解としては、シャンプーブラシで効果的なのはマッサージ効果と、髪の毛を洗うことに対する効率性という部分だと思うので「シャンプーブラシが汚れを落とし過ぎてダメ」ということは無いと思っています。

個人的な感想になりますが、皮脂汚れがしっかり落ちているせいか、使用する前と比べると「髪の毛に活力が戻った」ような気がします。

 

デメリット

力の加減が難しい

f:id:xx_mar0_xx:20160903232539p:plain

慣れてしまえば何てことはありませんが、慣れるまでの間は「力を入れすぎて頭皮を傷付けてしまうこと」が1番怖いです。一応、製造メーカーもシリコン製の物にしたり先端に丸みを持たせたりと工夫していますが、力の加減がわからずにやってしまうと結構痛いです。

力任せにガシガシやってしまうと、例え柔らかい素材のブラシだとしても、爪で髪を洗うのと変わらないなんて状況になりかねませんので、そこは注意してください。

 

ブラシの手入れが面倒

どんなブラシでもそうですが、髪の毛が絡んでしまい不衛生になりがちなので、こまめに抜け毛を取り除くなどのお手入れが必要です。

ただでさえ湿気の多いお風呂場に置いておくと、カビが生えることも懸念されるので、しっかりと水気を切ったり、定期的に交換していくことが望ましいと思います。

物によっては水が切りやすいように『ぶら下げることができる穴』が付いてたりしますが、カビが生えなくてもブラシ本体は傷んでいきますので、長期的に使用することはあまりオススメしません。

安価なブラシであれば500~600円程度で購入できますし、物を選ばないのであれば100均にも売っていると思います。消耗品と割り切って「カビが生えてしまう前に捨てる」という選択肢も持つのもいいでしょう。

 

使い方

  1. 髪を軽くブラッシングする。
  2. 髪を指で通しながら地肌までしっかりと濡らす。
  3. シャンプーを手に取り泡立てる。
  4. 泡立てたシャンプーを髪に付け、指の腹を使いながら地肌全体に馴染ませる。
  5. ブラシを小刻みに左右に動かしながら洗う。
  6. 地肌と髪の毛をしっかりすすぐ。

シャンプーブラシは泡立てたシャンプーを頭皮全体に行き渡るように馴染ませてから使います。注意したいのがその使い方です。

シャンプーブラシは小刻みに左右に動かして使いましょう。イメージ的に円を描くようにして使う方がいるようですが、髪の毛が絡まる原因になるので、やめた方が無難です。(いたずらに抜け毛が増えるだけです)

 

オススメのシャンプーブラシ

シリコンシャンプーブラシ

安価で非常に使いやすいです。カビが生えてした際に躊躇なく交換できます。

意外と小さいので、私は2個買って両手に持って使用していました。

 

PRO TEC

シリコン製の物よりも毛先が細くて洗ってる感を感じることができます。

それほど高価なものでもないので、短髪の人にはこちらの方がいいかもしれないです。髪の毛の量が多かったり、長髪の人にはオススメできません。

 

音波頭皮ブラシ

こちらの商品は電動の物で値段も丸1つ違いますが、実家で父親が購入したというので、借りて使ってみたところ快適でした。

手入れもしやすいですし、日々のシャンプー時間も短縮されることを考えたら、決して高い買い物ではないかもしれません。

 

最後に

シャンプーブラシというワードで検索すると賛否両論出てきます。中には「逆効果だから使わない方がいい」という意見も多々あるようです。もしシャンプーブラシを1度も使ったことがない人がいたら、実際に使ってみて判断してほしい思います。

私には、あの爽快感が頭皮に悪いとは思えません。手でしっかり洗えてる人には不要な物ですが、しっかり洗えている人なんてごくわずかでしょうから。そうでない方には、是非とも試してほしいと思います。