はてなの果てに。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

エアコン無しで夏の暑さを乗り切る方法

f:id:xx_mar0_xx:20160805131424j:plain

(2016/08/10内容追記しました)

 

寝苦しい夜が続いていますが、今のところは快適に過ごせています。今年もまだエアコンは使用していません。

というのも、実家にはリビングにしかエアコンが付いていませんし、これまでずっとエアコン無しで生活してきたので「今さら使わなくても平気」という部分が大きいというのも事実です。

かといって「何も暑さ対策のようなものをしていない」というわけではなく、エアコンとはまた別の方向から対策はしています。それでもエアコンに頼るよりは遥かにエコですし、健康的だと言えるでしょう。

今回は『エアコン無しで夏の暑さを乗り切る方法』について、ご紹介したいと思います。

 

 

エアコンをなるべく使いたくない理由

f:id:xx_mar0_xx:20160805132146p:plain

電気代が気になる

「最近のエアコンは電気代安い」と聞きますが、最近っていつからですか?うちのアパートに付いてるエアコンが最近のものなのかどうなのかがわからず、未だに使用していません。

いくら安くなったとは言え、天下のエアコンですから「月末に莫大な電気代を請求されるんじゃないか?」という怖さがあります。

 

付けっぱなしで寝てしまいそう

寝落ちしそうな状況下のときに「消すのを面倒に感じて、そのまま寝た結果、朝になって喉が痛い」とかありそうなんですよね。

ただでさえ「エアコンの風は体に悪い」なんて言われてますから、苦手な人も多いでしょう。

 

歯止めが効かなくなりそう

「外の温度より1~2℃程度しか低くしない方がいい」と聞きますけど、中には「それは昔の基準だから、今はもっと下げてもいい」など、答えがわからないのも困っています。

とにかく1度覚えたら「もっと、もっと」となってしまいそうで、利用していないのも理由の1つです。あまりに頼り過ぎて『夏バテ』になるのも嫌ですもんね。

 

暑さ対策

寝具を変える

1番暑くて難儀なのは『夜』ではないでしょうか。「眠いし疲れているんだけど眠れない」というのも夏は多いんじゃないかと思います。

そんなときは『クール寝具』と呼ばれるアイテムを利用することで、少しでも快適にすることが可能です。

本来であればエアコンと併用することで「エアコンを付けている時間を半減させる」という役割がメインのような気もしますが、急激に身体を冷やさなくても快適感が得られるアイテムが多いので、熱帯夜には大活躍してくれます。


ハッカ油

清涼感が得られる夏大活躍のアイテムと言ったら『ハッカ油』でしょう。涼しい+爽やかな香りもありますし、オマケに虫対策としても優秀です。

もし「扇風機で暑さをしのいでいる」という人は、ハッカ油を薄めたものを体に吹き付けたうえで風を受けると、メチャクチャ涼しく感じられると思います。

「使い過ぎに注意!」と言わざるを得ないくらい、今年の夏も重宝しそうです。

 

リビングで足水

「冬場の足湯」がいいとされてるんですから「夏場の足水」もいいのではないでしょうか。メチャクチャ気持ちいいですよ。

これをすることで、寝るときに「足が火照って眠れない」ということが大幅に減ると思います。私は凍らせた保冷材を水の中に入れていますが、ハッカ油を1~3滴ほど垂らしてみてもいいかもしれませんね。

動きにくくなってしまうというのがデメリットですが、1日の終わりにソファーでテレビを眺める時間や、読書を楽しむ傍らで挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

住んでいる地域にもよるかと思いますが、エアコン無しでも十分生活できます。窓を開けた時に部屋に入ってくる自然の風も気持ち良くていいですよ。

ただ、夜間に部屋の電気を付けた状態で窓を開けていると、虫が入ってきてしまう可能性が出てくるため、網戸の管理には注意しましょう。

もし「電気代の節約を検討している」という方や「エアコンの風が苦手」という方は、ぜひ試してみてください。