はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

アイムジャグラーの設定6もなかなか捨てたもんじゃないって話

f:id:xx_mar0_xx:20160722155750j:plain

(2016/08/25内容追記しました)

スロッターなら誰もが憧れる『設定6』ですが、ことアイムジャグラーにおいては「設定6でもたかが知れてるよなぁ・・・」という人が多いです。ちなみにアイムジャグラーの設定6における出玉率は106.3%とメーカーが発表しています。参考までに他機種は・・・というと、バジリスク絆で119.2%、ミリオンゴッド凱旋が119.5%という出玉率です。アイムジャグラーのそれがいかに低いか、比べるまでもなく明らかですよね。

確かに大勝ちするのには向いていないアイムジャグラーですが、そこには抜群の人気があります。どこのお店にも置いてありますし、大切に使っているホールが多いというのも1つのメリットではないでしょうか。そして「アイムジャグラーの設定6だって、決して捨てたもんじゃない」と思うんです。今日はそれを証明したいと思います。

 

 

アイムジャグラーのスペック

スペック表

設定BIG確率REG確率合算確率出玉率
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 97.0%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 97.8%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 99.9%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 102.0%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 104.0%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3

106.3%

 

狙うのは設定5以上

アイムジャグラーで勝っていくには、設定5以上を狙っていくのがいいでしょう。理論的には設定4からプラスになりますが、設定4を狙うと低設定を掴んでしまうリスクが増えますし、出玉率的にももう少し高い方がいいと思います。

というか、アイムジャグラーで「設定4はありそう」っていう言葉の根拠が怖いですよね。設定4も設定3も大して変わりませんし・・・。ちなみに以前「アイムジャグラーの設定5を夕方、ホールに行ってから毎日2000G勝負するということを150日やったら、勝ち額はどれくらいになるか」というような検証をしたとき、時給2000円くらいになるという結果が得られました。

たかが106%、されど106%

アイムジャグラーでは良くて3000枚、かなり上出来の5000枚が関の山ではないでしょうか。もちろん、それ以上の出玉が出ることもありますが、相当なヒキを必要とすることは間違いありません。普通に考えたらバジリスク絆などのハイスペックの設定6の方が大勝ちできる可能性は遥かに高いですし、ちょっとヒキを見せれば万枚も狙えます。勝率だって相当なものでしょう。

しかし「バジリスク絆で6を多用するホールを知らない」という人の方が圧倒的に多いと思います。実際にバジリスク絆の6があったとして、ライバルが多すぎて稼働にありつけないのでは意味が無いと思うんです。それでもジャグラーは設置台数も多いですし、注意深く観察していればそれらしい台がどこのお店にも少なからずあると思います。そこでコンスタントに勝負できるのであれば、106%でも立派な数字が出せるはずですよ。

 

アプリによる実戦

例の如く実機のサンプル数が少ないので、アプリにてシミュレートした結果を掲載します。アイムジャグラーEX、設定6、10000G×50。

番号BIGREG差枚数
1 43 33 +3860
2 34 38 +923
3 33 40 +654
4 34 46 +1849
5 34 37 +376
6 35 36 +809
7 38 33 +1796
8 41 39 +2553
9 38 35 +1802
10 36 39 +1883
11 53 30 +6292
12 45 38 +4240
13 34 37 +557
14 35 35 +993
15 49 25 +4227
16 53 31 +5871
17 30 41 -418
18 34 39 +648
19 35 44 +1726
20 35 44 +1641
21 31 36 -560
22 32 45 +859
23 38 39 +2200
24 32 32 -600
25 45 32 +4118
26 25 29 -3133
27 33 36 -107
28 39 37 +2364
29 37 40 +2446
30 26 41  -1869
31 37 38  +1551 
32  40  42  +3343 
33 37  38  +1936 
34 43  29  +2873 
35 36  41  +1985 
36 34  39  +1116 
37 40  38  +2938 
38 47  46  +5778 
39 28  31  -2119 
40 34  31  +6 
41 31  42  +239 
42 29  37  -1424 
43 35  45  +1471 
44 37  37  +1997 
45 38  32  +1565 
46 37  32  +629 
47 32  38  +316 
48 38  41  +2428 
49 39  40  +2568 
50 35  41  +1471 
  • BIG:1834回(1/272.63)
  • REG:1865回(1/268.10)
  • 差枚数:+78667枚(1万G当たり+1573.34枚)
  • 勝率:84%(42/50)

 

考察

日給25000円

もし開店から閉店までアイムジャグラーの設定6をブン回したとして、休憩なしで回して9000Gくらいでしょうか。最近そんなにストイックに稼働していないのでハッキリしたことは言えませんが、ここでは8000Gとして計算していきます。ちなみに8000G回すと+1258.67枚になるので、等価で約25000円勝ちですね。

価値観次第なところはありますが、ジャグラーが好きな人であれば、楽しめて1日25000円貰えるなら十分じゃないでしょうか。もちろん「あんなに騒音がひどくてタバコの煙もすごい所に1日中いて25000円は割に合わない」という方もいるでしょうし、なにより設定6を掴んだ前提ですので注意してください。

 

夕方からの勝負で時給2000円

前項は1日当たりの回転数になりますので、夕方からの稼働がメインになるであろうサラリーマンの方の場合について考えてみましょう。仕事が終わってからホールに足を運び、3時間稼働すると仮定します。3時間あれば回せるのは大体2000G前後だと思うのですが、夕方から2000G回したとして+314.67枚ということになります。等価で約6000円なので、時給2000円という計算になりました。

 

+αの価値

稼働でお金を稼ぐのはもちろんですが、同時にリアルタイムで他の台の挙動が見れるというメリットがあります。閉店後のデータだけでは見えない情報を、実際に見れるというのは案外大きいものですよ。例えば、他の爆裂機なんかはスランプグラフで設定がわかるようなものでもありません。ほとんどの機種で『フリーズ』さえ引ければ、かなりの期待値が見込めるからです。

閉店後のデータだけを見ていればわからない情報も、実際に知ることができる機会が多いというのは、これ以上ないメリットです。もし、夕方からのジャグラー専門で立ち回ってるという方であれば、そんなに大きなメリットはないかもしれませんが、朝イチ勝負やゾーン狙い・天井狙いをする人にとっては、ただ待つだけでなく稼ぎながら待てるので大きなメリットだと思いますね。

 

勝率80%オーバー

1番マイナスになったのが26番で、出玉にして3000枚を超えるマイナスを叩き出していますが、あくまで勝率で考えれば42/50と優秀な数値が出ました。回せば回すほどプラスになるので、10000Gの区切りでは非常に高い勝率ですが、実際に稼働するとなると1日に10000Gも稼働するのは難しいですし、まして夕方実戦であればいいところ3000G程度でしょうから、勝率はもっと低くなってしまいます。

それでも、試行数を増やすことで結構なプラスを安定して出せるということがわかったのではないでしょうか。8割勝てる勝負で時給2000円なら全然アリですよね。なによりペカが見れるなら・・・。どうですか?アイムの6も捨てたもんじゃないでしょう。

 

最後に

もし、今回の検証データを見て「こんなに出ているアイムジャグラーなんか見たことがない!」という方がいたとしたら、もしかすると「投入しても設定5」というホールに通っているのかもしれません。正直、私も実機を使って様々なデータを取ってきましたが、もし私が設定をイジれる立場にあるのであれば、アイムジャグラーは設定5でも充分アピールできると思っています。

外観からそれを見抜くのは難しいと思うので、ボーナス確率以外の要素(他の機種やブドウ確率など)の角度を変えた視点から探ってみるのも有効だと思いますよ。