はてなの果てに。

はてなの果てに、調べたことをシェア。

【おすすめ】持っていると役立つアイディア文房具、使いやすい文房具を紹介する【便利】

f:id:xx_mar0_xx:20170710001729j:plain

(2017/07/10内容追記しました)

今や文房具はアイディアと工夫に溢れ、昔と比べると遥かに進化して便利な文房具ばかりです。一見すると普通の文房具に見えるような物が、実はもの凄く画期的な物だったりということも少なくありません。

「こんな面白い文房具が使えるなら、勉強も楽しくなるに違いない!」とは言いませんが、作業効率が上がるのは間違いないでしょう。ちょっとの出費で色んな面で便利になるのであれば、使わない手はないと思います。

学生の方はもちろん、大人になった今も職種によっては、文房具を毎日使用しているという方も多いハズ。そんな方にも、非常に使いやすくて便利な文房具を選んでみました。

今回は、プレゼントにも最適な『持っていると非常に便利なアイディア文房具、使いやすい文房具』のご紹介です。

 

 

ボールペン

ジェットストリーム

言わずと知れたボールペンの金字塔『ジェットストリーム』は、徹底的に書きやすさが追求されており、その使いやすさからリピーターも非常に多いようです。ある程度の筆圧を要するはずの油性ボールペンであるにも関わらず、滑らせるだけでしっかりとした文字をかくことができます。

インクの速乾性にも驚きで、滲んだりしにくいのも嬉しいポイントと言えるでしょう。グリップにも気を遣った構造になっているため、筆記疲れしにくいのも大きな特徴です。

 

フリクションボール

書いた文字が熱で消える『消しカスの出ないボールペン』です。スケジュール帳などに記入する際、間違って修正テープなどを使用する煩わしさが無くなるのは、大きなメリットではないでしょうか。

下書きできるような鉛筆&消しゴムを持ち合わせていないときの、間違いが許されない書類に記入する際に使用するボールペンとしてオススメです。鉛筆で下書きしても、消しゴムで下書きを消すとシワになってしまったりもしますからね。それが気になると言う人にもオススメですよ。

ちなみに、熱に反応するインクなので、車のダッシュボードなどに文字を書いた紙を置き忘れてしまってたことにより、熱で字が消えてしまうことがあります。その場合は、冷凍庫で冷やすことで字が復元するので、慌てずに対処しましょう。

 

LAMY 4色ボールペン

多機能ボールペンとしては異例のコンパクトさと洗練されたデザインがウリの高級ボールペンです。価格としては非常に高いのですが、手に馴染むと言っても過言ではないボディの質感は、まさに唯一無二と言ったところです。

「あれこれカラーペンを持ちたくない!」という人にはもちろんオススメですし、「カッコイイボールペンが欲しい」という人にもオススメ。学生さんや社会人の人に贈るプレゼントとしても最適なのではないでしょうか。

残念ながら最初から付いてくるインクはあまり良くないので、ジェットストリームの物と交換すると幸せになれると思いますよ。

 

万年筆

プレジール

リーズナブルな金額とは裏腹に、使い勝手も非常に良い万年筆です。カラーバリエーションも豊富で、見た目的には非常にシックでカッコイイ商品だと思います。個人的にはアイスホワイトとガンメタルが好きですね。

一万年筆の欠点とも言える「インクの渇き」にも対応していて、新構造のキャップは1年以上使用していなくても綺麗に書きだすことができるという優れ物。ただし、キャップ自体の耐久性については微妙なので、あまり頻繁にキャップを取り外すという使用法の場合は注意が必要かもしれません。

普段使いの万年筆としては。非常にコスパが高い万年筆だと思います。「見た目的にカッコ良くて、安くて、それなりの万年筆が欲しい!」という人にはオススメです。

 

蛍光ペン

ビートルティップ

このペン1本で、マーカー2本の使い分けができます。「重要度によってマーカーの色を変えたいけど、いちいちキャップを取ったり閉じたり面倒くさい!」という方にオススメです。

複数本持たなくても良くなった分、ペンケースがスッキリするのも魅力の1つでしょう。教科書やノートにマーカーを引く機会の多い、学生の方にオススメの商品です。重要度で色を変えたいときの手間がグンと減っていいですよ。

 

テキストサーファーゲル

まさしくクレヨンのような蛍光マーカーです。紙がマーカーで濡れて波打ったりしないよう固形のインクが採用されています。このペンで書くと、なんとも言えない「優しいタッチ」の質感が得られるので、カラフルに可愛く仕上げたい場合に使用してみてはいかがでしょうか。

不思議でなめらかな書き心地に加え、インクが乾きにくいため長期保存が有効なのもメリットの1つです。

かなり大きな弱点として、使用している時はキャップを反対側に装着できない作りになっているため、キャップを紛失してしまう可能性があります。使用する場合は注意しましょう。

 

プロパスウィンドウ

『ありそうでなかったマーカー』と言えば、間違いなくこの商品ですね。こちらのマーカーは、ペン先に窓が設けられているため、マーカーを引きながらも文章が見えます。

そのため、マーカーを引きたい部分だけにしっかりと引くことが可能です。過剰にマーカーを引きすぎてしまったり、はみ出してしまったりという心配が全くありません。

用途に応じてペンの太さが選べるのも嬉しいポイントの1つですね。単純に蛍光ペンとしての出来も非常に優秀で、丈夫な作りをしていますし、耐久性も抜群だと思います。

 

修正テープ クルティア

通常の修正テープは基本的に直線を引くようにして字を消していくことになりますが、こちらはヘッド部分が360度回転する作りになっているため、曲線も最短の手順で修正することが可能です。テープ自体の節約にもなりますし、何度も同じ作業を繰り返さなくてはならないイライラからも解放されるでしょう。

特に、曲線に修正テープをかけようと思って繰り返しやってしまうと、2重になる部分が出てきてしまったりして、その後に書く文字にも違和感を覚えてしまうことってありませんか?本製品は1回で事足りるので、大いに活躍してくれると思いますよ。

 

シャーペン

デルガード

「筆圧が強すぎて、シャーペンの芯がすぐ折れてしまう」という方にオススメです。『デルガードシステム』と呼ばれるメーカー独自の工夫が施されているので、芯を折ることなく使うことができます。

あくまで常識の範囲内ですが、速く書こうが強く書こうが芯が折れません。そのため、筆圧が強くて芯が折れるのが悩みになっている方にもオススメです。

また、芯詰まりが起きにくい作りになっているのも嬉しいポイントと言っていいでしょう。従来品では、シャーペンを落としてしまった時に内部で芯が折れ、それが芯詰まりの原因になってしまうことが少なくありません。しかし本製品では、そういった問題にも対策されているので、安心して使用することができると思いますよ。

 

スマッシュ

製図用のシャープペンシルにおける性能の高さを、普段使いでも発揮できるように作られたシャープペンシルです。重心の位置からグリップ部の作り込みなど、細部までこだわり抜かれています。

製図用のシャープペンシルを元に作られているだけあって、繊細なタッチで楽に文字を書くことが可能です。使う人によっては、字も綺麗になるかもしれませんね。

ちなみに2015年の『Amazon筆記用具ランキング第1位』とのことですが、それに恥じない高性能だと思います。見た目はシンプルなのに高性能というのも、受け入れられている要因の1つではないでしょうか。

「人にこのシャーペンを貸すと、その数日後に同じものを買っている」という光景がよく見られるので、無くさないように注意してください。

 

つなぐ鉛筆削り

短くなった鉛筆を繋げることができる鉛筆削りです。あるようでなかった画期的なアイディアは、物を長く大切に使うことを教えてくれるでしょう。

色んなデザインの鉛筆が繋げられるので、外観的にも『世界に1つだけの鉛筆』になりますし、すごくオシャレに仕上がるのも特徴で、シャーペンよりも鉛筆派だという方には、間違いなく使ってもらいたい商品です。

ただ「短すぎると使えない」というポイントは、弱点と言わざるを得ません。短い鉛筆を使用するだけであれば、単純に長さを足すだけの商品が幾らでもあるので、そちらを使用した方が無難かもしれませんね。

 

消しゴム

ホルダー型消しゴム

見た目的にはペンタイプのフォルムをした消しゴムなので、今流行りの大容量ペンケースに収納する際も奥にいってしまう心配がありませんし、最低限の大きさのペンケースにも収納しやすいのが嬉しいですね。

使い勝手も悪くなく、通常の消しゴムでいうところの「カド」を使っているような感覚で文字が消せるので、細かい部分に使用する消しゴムとして最適です。

パステル画などの絵画用や、製図用なんかで使用するといいかもしれません。

 

電動消しゴム

いまや「電池式で動くコードレスタイプの消しゴム」という物が存在します。スイッチを押すだけで、先端のゴム部分が回転し、全く力を加えなくとも字が消せるという優れ物です。

案外、消しゴムで文字を消すという作業は指先に負担が掛かったりするので、消しゴムを使用する頻度が高いという方には、是非ともオススメしたいと思います。

ゴムには『白ゴム』と『砂ゴム』の2種類が用意されているので、用途に応じて使い分けることができるのも嬉しいですね。私はクロスワードやナンプレをよくやるのですが、それに使用するのにピッタリです。

 

リサーレ

とにかく「1度使ったら良さが分かる消しゴム」と言うべき商品で、価格的にも安いですし、これを差し置いて普通の消しゴムを買う理由がわかりません。とにかく優秀な消しゴムです。

私は前項でご紹介した電動の消しゴムに慣れてしまったので、よほどのことがない限り普通の消しゴムを使用することはありませんが、例えば『製図』などの繊細な作業を求められる場合には、コチラの商品を推したいです。

消しカスもまとまりますし、ボロボロ崩れたりということもありません。なにより見た目が黒いので汚れも目立ちませんし、紙に黒いのが移ってしまうという心配もなく、安心して使用することができるでしょう。

 

まめコロ

消しかすをまとめやすくするのは、消しゴム側が歩み寄るケースが多かったのですが、こちらは消しかすを集めるのに特化したアイテムです。使い方も簡単で、マウスのように持ってコロコロ転がすだけで、消しかすをキャッチしてくれるという単純な作りになっています。

握りやすいだけでなく、持ち運びしやすいフォルムも一見すると可愛らしく、机の上に置いていても不自然じゃないデザインなのも嬉しいポイントですね。あくまで消しかすだけをキャッチするので、ノートなどに干渉しないという部分もオススメできる理由の1つです。

 

大容量ペンケース

リヒトラブ

見開きの形になるブックタイプのペンケースで、どこになんのペンがあるかが一目瞭然です。大容量のペンケースであればあるほど、目当てのペンが見つけにくいという弊害がありますが、本製品であればそのような問題は出ないでしょう。

収納もたっぷりできて、カラーバリエーションも落ち着いた色が多いので、男女問わず、学生~社会人まで幅広い層に渡って使用できるペンケースではないでしょうか。金額的にも類似商品と比較してかなり安く、はさみやのりなどの大型小物の収納も可能です。

 

デルデ

「ペンが30本以上収納できる」という大容量を謳い文句に、様々な番組で取り上げられたりなど、一時期話題になりました。収納たっぷりなのにも関わらず、サイドをつまんで引き下ろすだけで目当てのアイテムを取り出すのが簡単になる、非常に画期的なペンケースです。定規やハサミなんかも楽々、収納することができます。

某番組で「消しゴムの取り出しにくさ」が弱点として指摘されていましたが、それを補うだけの便利さがありますよ。「あれもこれも」と、ペンケースに色々詰め込んでおきたい人には、間違いなくオススメです。

 

ネオクリッツ

こちらもペンスタンド代わりになるペンケースです。収納量はデルデほど多くもありませんが、こちらも十分な収納スペースがあります。なによりしっかりした作りなのにも関わらず、1000円以内で買える手軽さがメリットですね。

デザインも落ち着いた配色のベーシックなものから、少し目を引く奇抜なデザインのものまで様々です。根底にある「シンプルなデザイン」というのも魅力の1つではないでしょうか。すごくスタイリッシュなペンケースだと思いますよ。

やはり立てられるペンケースと言うのは、スペース的な問題にしても利便性が高いように思われるので、大容量の物が望ましい人は前項のデルデ、そこまで大容量でなくてもいいという人はネオクリッツという選択でもいいと思います。

 

定規

すべらないカッティング定規

定規とカッターを使って紙を切る時に、カッターを当てた際に定規に傷が付いてしまうのは嫌ですが、傷の付かないステン定規だと下が見えずに困ることも少なくありません。

その両方の悩みを解決し、なおかつスベリ止め特殊加工が施されている『万能定規』です。本当にすべりにくい作りになっているため、安全性はもちろん、作業効率も大幅に向上するでしょう。

カッターと定規を併用する人は、間違いなく持っておいて損はないはずです。30cmと50cmの2種類が販売されているので、用途に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

おもしろスケール

定規にローラーが搭載されており、三角定規を2つ使ってカチャカチャやらなくても平行線が引けるようになっている定規です。真ん中にはちょっとした分度器も搭載されていて、角度も測れるようになっているので「やべー、分度器忘れた!」という焦りとお別れできるでしょう。

とは言え使用感に関しては決して快適とは言えず、使いこなすには使用者のスキルと使用してからの経験が求められるツールです。思うように並行方向に定規がすべらなかったりするので、実用性と言う面では疑問が残りますが、アイディアとしては最高のアイテムだと思います。

 

ノビルラ

普段はペンケースに収納することを考えてコンパクトサイズであるにも関わらず、ワンタッチで倍近くのサイズに変身する定規です。「定規の収納だけのために大きいペンケースに変えるのも億劫だけど、今の定規じゃ短くて不便だ!」という人にオススメです。

ただし安価なこともあって、伸ばして使用すると非常に不安定で、直線が引きにくいのが弱点です。長さを測定する用途だけで言えば申し分ないのですが、実際に線を引きたいという人は・・・。アイディアが面白いだけに及第点ですかね。

 

Nu board(ヌーボード)

持ち運びできるホワイトボードです。冊子になっていて、デザインもオシャレですね。大きすぎず小さすぎず、決して持ち運びに便利なサイズではありませんが、1番使い勝手のいいサイズだと思います。

「ちょっとした図を描きながら説明したい」なんて時にも手軽に使えますし、サッと消せるのが魅力ですよ。紙の無駄遣いも確実に減ると思うので、エコな一面も魅力の商品ですね。

学生さんであれば移動教室の場合、社会人の方であれば会議室での会議の時など、少し移動しなければならないという時に重宝するでしょう。

 

かどまる

ラミネートや名刺など、尖っている部分を丸くカットすることができます。安全性はもちろん、名刺やハガキに関してはソフトな印象を与えることができるでしょう。

角のサイズは3way(S、M、L)から選べるため、色んなアレンジをすることが可能になっています。角って意外とつぶれたりして、見栄え的にも悪くなってしまうことがあるので、そういったものの予防になる部分も嬉しいポイントです。

 

ロールテープ

全面粘着剤付きのため、通常の付箋のようにヒラヒラしたりという心配がありません。勝手に剥がれてしまうということが無くなるので、伝言などの用途で付箋を使用すると言う人にもってこいだと思います。

さらに付箋紙と同じく低粘性の糊を使用しており、長時間経っていてもサッと剥がすことが可能です。好きな長さで切れるのも、この商品における大きなメリットではないでしょうか。

意外と便利だった使い方が『開封済みの食品の賞味期限を貼っておく』という使い方です。外側のビニールに印字されてる場合だと、開封したらわかりにくくなってしまったりするので、学校や職場だけでなく、家庭でも存分に使い道があると思いますよ。

 

両面テープ ラクハリ

従来の両面テープと言えば、切る→貼る→はくり紙を剥がすという行動が必要でしたが、この商品は「はくり紙を巻き取りながら貼り付ける」ため、手間が大幅にカットされています。

テープ自体にも切り目が入っているので、簡単にカットすることもできますし、一般的な両面テープよりも簡単に綺麗に剥がせるのもポイントです。

 

ふしぎテープ

これは非常に画期的な商品で、手で簡単に切れるうえにテープ同士はくっつきますが、他のものには付かない不思議なテープです。剥がす際に、くっついているものを傷めてしまう心配もいりません。

テープ自体に筆記することもできますし、結束バンド代わりとして非常に優秀です。手で剥がすのは簡単なのに、勝手に剥がれることはないというのは、非常に画期的ではないでしょうか。

私は、要らない雑誌や広告類をまとめる際は、もっぱら本製品を使っていますが非常に便利です。知名度が伴ってくれば、間違いなく誰もが使い出す商品だと思いますよ。

 

のり

テープのり

ドット形状のテープのりです。大きな利点としては「乾かす必要がないこと」や「紙がシワにならないこと」などが挙げられるでしょう。また、服や手について汚れてしまう心配もありません。

テープですが、ドット形状なので必要分だけでしっかり切れます。曲線に沿って貼ることもしっかり考慮された作りになっているので、通常のスティックのりと同じようにして使えるのも嬉しいポイントです。

作業効率も格段に上がりますし、なにより仕上がりが綺麗ですので、のりをよく使うという方に是非オススメしたい商品ですね。

 

ノリノプロ

最近は「簡単に剝がせる」という付箋タイプののりが流行っている一方で「簡単に剥がれて欲しくない」というユーザーも多いハズ。そういう人にはこちらの『ノリノプロ強力タイプ』をオススメします。

真っ直ぐ最後までのりを塗ることができますし、手を汚さなくてもいいというメリットはそのままに、接着力が通常の2倍という優れ物です。

封書の作成などで使用するのりは剥がしやすい必要がないため、接着力が強力であればあるほど望ましいのではないでしょうか。使い勝手、接着力、どれを取ってもオススメの商品です。

 

接着剤

BONDIC

非常に斬新な接着剤がコチラの『BONDIC』です。接着剤と言うよりは『補修するためのツール』という意味合いが強いと思いますが、間違って手や衣服に付着してしまっても「紫外線を当てないと固着しない」という部分に、非常に大きなメリットがあるような気がします。これなら小学生のお道具袋に入れてもいいのではないでしょうか。

元々、歯医者さんが研究したということもあって「人体に安全」という部分も大きなメリットですね。水にも強いので「お気に入りのコップが欠けてしまった」なんて時の補修にはもってこいだと思います。電源ケーブルの補修なんかもできるようです。

 

はさみ

エアロフィットサクサ

刃を開いた時に物腰の柔らかそうなフォルムをしていますが、切れ味が凄まじい商品です。なんでも従来製品の4倍の鋭さなんだとか。会社で使用していますが耐久性も問題なく、切れ味が鋭いままで使用できています。

力のない女性の方でも結束バンドなどの硬いものを簡単に切れるので、変な力を入れる必要がないため、逆にケガが無くなるんじゃないかと思うほどです。値段もワンコインで買える程度なので、100均などのはさみを買うよりは断然コチラの方がいいと思いますよ。

 

スティッキールはさみ

外見は普通のペンの形をしていますが、キャップを外すだけではさみに早変わりです。ペンケースへの保管はもちろん、カバンに入れておいてもケガをする心配がないため、携行することもできます。

羽がついているので、握るだけで物を切ることができるのも大きな特徴です。商品ダグを切るのを忘れていた場合なんかにも重宝しそうですね。

ただし、あくまで携帯性を追求した商品ですので、多用する場合やそれなりのものを切る場合などは、前項で紹介したような本格的なはさみの使用をオススメします。

 

カッター

プレシジョンカッター

使い勝手をとことん追求したカッターで、そのフォルムは人口科学に基いて設計されているということもあり、めちゃくちゃ使いやすいです。切り絵などの細かい工作作業に採用するのであれば、市販品ではコレ一択だと思います。

不器用な人でも扱いやすいカッターだと思うので「カッターを使って何かを作らなければならない」というシーンにおいて、大活躍してくれると思いますよ。子供にカッターを持たせるという場合にも「使いやすい=怪我がしにくくなる」という意味ではオススメです。

 

オランテ

コンセプトが「刃を折る必要がないカッター」ということで、もしそれが本当ならメチャクチャ画期的なアイテムなのが、コチラの『オランテ』という名前のカッターです。ネーミングとしては少し盛った感こそありますが、確かに切れ味は落ちにくいような気がします。

カッターの刃を折るのって慣れてても結構怖かったりするんですよね。それとオサラバできるなら願ったり叶ったりだったんですけど、使用していればそれなりに切れ味は落ちてしまいます。

それでも格段に切れ味は落ちにくいと実感できるので「刃の交換を頻繁にするほど多用する」という人は試してみてはいかがでしょうか。

 

一枚切りカッターⅡ

重なった紙の1番上だけを切れるカッターです。使いこなすにはそれなりの慣れが必要ですが、刃先が切りたい方向に動くので、曲線も思うがままにきることができます。

不安視される安全性については、しっかりと考えられたうえで設計されていて、刃が手に触れても安全です。これがあれば下敷きが不要なので、新聞や雑誌を切り抜いたりする場合に重宝するでしょう。

野暮ですが、弱点を言うとすれば「多少のコツが必要」なので、人によっては慣れるまでに何回か失敗してしまうと思います。

 

マウス型カッター

カッターやハサミを使用するよりも断然ケガしにくく、安全性は非常に高いです。カッターの場合ですと神経質になるあまり、変な力が入って震えてしまうという方もいると思いますが、マウス型なのでそういう心配が一切ないのも大きなメリットではないでしょうか。

普段からパソコンを触っている人であれば、とても楽に使いこなすことができるでしょう。アイディア自体も面白いですし、使い勝手もいいのでオススメです。

 

シュレッダー

超静音シュレッダー

事務所には立派なシュレッダーがあるかと思いますが、自宅にシュレッダーがないという人には、コチラのシュレッダーをオススメします。とにかく静かで、使い勝手が非常にいい商品です。デザインもシンプルでお部屋の景観を損ねませんし、コンパクトで部屋においても邪魔にならないサイズなのも嬉しいポイントですね。

本当に静かなので、家庭でのちょっとした請求書の裁断などにオススメです。ただし「裁断はそこまで細かくない」という部分が少しネックかもしれません。小さな字で個人情報が書かれているような紙を裁断する場合は、注意が必要です。

 

最後に

本当に画期的なアイテムばかりですね。これらのいいところは「非常に使い勝手がいい」という部分です。文房具は毎日のように使用する物ですから、かゆい所に手が届くような存在であって欲しいと思います。

そこまで高価なものでもありませんし、プレゼントとしても気軽に贈りやすいのもいいですね。実用性があるので喜ばれると思いますよ。興味が出た物があれば、ぜひとも購入を検討してみてはいかがでしょうか。以上『持っていると非常に便利なアイディア文房具まとめ』でした。